2013年02月10日

「ブルース・リー “ドラゴン 和を究める闘い”」

今回は私の大好きなブルース・リーです。黒ハート

buru-su3.png

主演映画は、死後に完成させたものを含めてもわずか5本。
32歳という若さで亡くなったものの、死後40年たっても人々の記憶に強烈に焼き付いています。

1999年のタイム誌が20世紀人々の記憶に残る人物20人に・・・唯一、アジア人が選ばれています。ブルース・リーの肩書は、「ザ・グラディエーター・闘いによって記憶に残った英雄」です。
どうしてこのように記憶に残ったのでしょうか?

buru-su4.png

鮮やかな連続技、鋼の肉体美、怪鳥音・・・
そして・・・武道の世界を革命的に変えた男です。
ジークンドー・・・あくまでも実践を想定し、相手が防御できないスピード・・・全身の力を拳に!!

その奥義は・・・“水になる”

1940年アメリカ・サンフランシスコに生まれます。
中国名は李振藩。母は中国とドイツの血をひき・・・父は中国人俳優でした。
アジアとヨーロッパの血が流れていました。
少年時代を送っていたのは香港。李小龍という名で父と俳優でした。
子供のころから有名人でめっぽう強かったと言います。

しかし、13歳のある日・・・中国拳法の使い手に負かされてしまいました。

「強くなりたい!!」

クンフーの達人葉門(イップマン)に師事します。
それは、詠春拳。
相手の動きに合わせて流れ・・・弱点を見つける!!
流れるような動きで自然に動けるように!!
リラックスし、相手に沿わせて動く!!

強くなっていくブルース・・・
しかし、18歳の時、門派のとの果し合いで、相手にけがを負わせ・・・警察沙汰になってしまいました。
ブルースの将来を心配した両親は・・・アメリカ・シアトルへ。
ウェイター、チラシ配りをしながら語学を学び、大学に通います。
アメリカでクンフーを教える第1人者になる!!
それが夢でしたが・・・当時はクンフーは他の民族には教えてはならない秘伝の技でした。
それが、暗黙のルールでした。

しかし、ブルースはそれを破ります。
1961年振藩國術館開設。
白人・黒人・アジア人・・・分け隔てなくカンフーを教えることは、ブルースにとっては普通のことでした。
その上、ボクシング・レスリング・柔道・テコンドー・キックボクシング・フェンシング・・・様々な格闘技の優れた技術を取り込みます。

「学ぶということは、絶え間のない発見をし続けるということです。
 私たちがいかに古い方法にただ従えば、何百年も前から伝えられたものの単なる繰り返しになってしまいます。」

ブルースはトレーニングにも新しい方法を・・・
近代的なウェイト・トレーニングを導入します。プロテイン・ビタミンなども試します。
実戦で勝つためにはいろんな方法をとりいれました。
これが・・・独自の道、ジークンドーを生み出していくのです。

リサーチする・試す・創る・・・3つの繰り返しによって、自分に合うものを見つけるのです。
「陰と陽・・・自分の中に調和を生み出すこと。学んだことを自ら発展させ進化することが可能になる」

buru-su2.png

それが、ブルースの目指した境地でした。
シアトルには今も遺志を受け継ぐ道場があります。

最初は古典的なクンフーでしたが・・・
水の流れのように・・・自分の体に流れている血のように・・・
あらゆる形を変えながら本質は変わらない・・・それが、ブルースの求めていたものでした。

「心を空にしなさい。形を捨てて 水のように
 水をコップに注げばコップに
 ビンに注げばビンに
 ポットに注げばポットに
 水は流れることも出来るし砕くことも出来る
 水になれ 友よ」

水になれ・・・そこからは様々なものを取り入れて変えていく柔軟さ
自分の目的をまっすぐに貫く強さ・・・

ブルースは読書家でした。
初心者は・・・体の使い方、心の有り様を会得できておらず、全てがバラバラ・・・
そこから原理原則を学び反復練習をし基本が出来上がります。それを水の流れのように自分自身の個性に沿うように変化させていくと、やがて空の境地に・・・。
無意識のうちに体が動き適切な動きが出来る状態に。。。
これが、ブルースの目指したジークンドーなのです。
究極的には自分に勝つ、調和と幸せを思っていました。
水のように生きるのは永遠のテーマ・・・自分に繋がるテーマなのです。

ブルースは、アメリカのテレビドラマで準主役をすることになります。
それは、“日本人・カトー”。
1966年に放送された「グリーン・ホーネット」ここで東洋の武術の達人を演じます。
【予約】 グリーン・ホーネット カトー スタチュー 1/4 ブルース・リー /hollywood-collectiblesハリウッドコレクティブルグループ

【予約】 グリーン・ホーネット カトー スタチュー 1/4 ブルース・リー /hollywoo...
25歳のブルースは、一躍注目を浴びます。
加藤役を得たブルースは、1966年にロサンゼルスに拠点を移し、俳優の道へ。。。
ロスに新しく道場を開くと有名人が入門。スティーブ・マックイーン、ジェームズ・コバーン・・・人脈が増えていきます。

しかし・・・このカトー役に不満を抱いていました。
素顔をほとんど隠した仮面、ほとんど話すことはありません。
当時のハリウッドは、アジア人が主役や監督になるのはありえない時代でした。
アジア人が個性を発揮できる道はありませんでした。

そこで、弟子のジェームズ・コバーンとアクション映画を企画します。
しかし、政策中止・・・
クンフーの達人が主役のテレビシリーズも・・・主役は白人。。。
カトー役以来、4年間で映画1本・テレビドラマ4本。
殆どが端役でした。ブルース、すでに30歳・・・
アジア人ではスターになれない・・・

1971年、拠点を香港に移します。
クンフー映画のおひざ元へ・・・

あのカトーで名をはせた李小龍が帰ってくる!!

盛り上がる香港。
1971年10月公開「ドラゴン危機一髪」
ドラゴン危機一発 エクストリーム・エディション [Blu-ray] / ブルース・リー (出演); ロー・ウェイ (監督)
ドラゴン危機一発 エクストリーム・エディション [Blu-ray] / ブルース・リー (出演...

ブルースの迫力に観客が驚きます。
一撃必殺だったからです。
次々と出るキック!!
この映画は、香港映画史上空前の大ヒットとなります。

1972年3月公開「ドラゴン怒りの鉄拳」
ドラゴン怒りの鉄拳 エクストリーム・エディション [Blu-ray] / ブルース・リー (出演); ロー・ウェイ (監督)
ドラゴン怒りの鉄拳 エクストリーム・エディション [Blu-ray] / ブルース・リー (出...
鍛え抜かれた肉体で、日本人武道家と戦います。
怪鳥音・ヌンチャクもこの映画からです。

1972年12月公開の「ドラゴンへの道」では・・・製作・監督・脚本・主演・武術指導の五役に挑戦します。
ドラゴンへの道 エクストリーム・エディション [Blu-ray] / ブルース・リー (出演); ブルース・リー (監督)
ドラゴンへの道 エクストリーム・エディション [Blu-ray] / ブルース・リー (出演)...

クライマックスは、コロッセオでの7分間の死闘・・・
世界の映画史上最高の格闘シーンと言われる名場面です。

この3作とも、香港だけではなく東南アジアでも大ヒット、わずか1年でトップスターに駆け上がります。

その声は、ハリウッドにも伝わりました。
そして、ハリウッドから映画の共同制作が持ち込まれます。

1973年8月公開「燃えよドラゴン」です。
燃えよドラゴン [Blu-ray] / ブルース・リー, ジョン・サクソン, アーナ・カプリ (出演); ロバート・クローズ (監督)
燃えよドラゴン [Blu-ray] / ブルース・リー, ジョン・サクソン, アーナ・カプリ ...

ハリウッド側にとっては、アジア人の作品がどれだけ通用するのか?な作品でした。
当初の製作費は50万ドルの低予算映画。
ところが・・・全米で公開されるや否や、アメリカ全土でも大興奮。アメリカで4週連続興行収入第1位・2500万ドルの大ヒットとなりました。
ブルースは、アジア人初の大スターとなったのです。


ブルース・リーと妻・リンダが出会ったのは、学生時代。
1964年に結婚します。人種の違いを理由にリンダの家族は猛反対したそうです。
しかし、調和を大切に、努力をしました。
強くて、優しくて、情熱的な父は二人の誇りでした。

家族であれ社会であれ、人は個性の絆で等しく結ばれるべき・・・
1973年最大のチャンスが!!
「燃えよドラゴン」です。
この作品は、アメリカと香港の共同制作。
白人の監督をはじめ・・・いろいろの人種の混成部隊でした。
東西のスタイルの違い、言葉の違い・・・ちょっとしたことでトラブルとなっていました。
しかし、ブルースの存在は圧倒的でした。

現場の調和を求めながら、決して折れることがなかったのが格闘シーン。
闘いの全てを自ら演出。
自分の追い求めた武道を映像に残そうと追求します。

手ごたえを感じた映画会社は予算を追加、大規模な宣伝をします。
1973年7月上旬「燃えよドラゴン」遂に完成!!
しかし・・・1973年7月20日ブルース・リー死去。
32歳の若さでした。脳浮腫でした。
ブルースが「燃えよドラゴン」の大ヒットを知ることはありませんでした。


「自分は人間だ
 偉そうに言うつもりはないが
 天のもと 人類はひとつの家族だ
 ただ 人はそれぞれ違うけどね」

心の調和と幸福・・・和を大切に。。。

シアトルに、ブルースは眠っています。
墓に刻まれているのは・・・
生涯をかけて求めた“ジークンドーの精神”。
ブルースの心を受け継ぐ道場では、今でも若者に受け継がれ、自分自身を見つめ、自分を信じ・・・若者たちに受け継がれていました。


ブルース・リー・・・カッコいいですね。揺れるハート
今回は、映画ブログの方に載せたいぐらいでした。揺れるハート
私はジャッキー・チェンの時代の人間で、もちろんジャッキー作品で育ってきましたが・・・
本当にカッコいい人は、いつの時代もカッコいいですね。
そう、私の中では若くして亡くなったジェームス・ディーン、マリリン・モンロー、ブルース・リーは永遠なのでした。黒ハート

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

芸術・人文 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 12:06| Comment(0) | 追跡者 ザ・プロファイラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

アガサ・クリスティ““実人生はもっとミステリー”

アガサ・クリスティー、ミステリーの女王と言えばこの人です。
60年間に200以上の小説を執筆しました。

agasa.png

そして誰もいなくなった
オリエント急行の殺人・・・

しかし、彼女の人生もミステリーでした。

アガサ・クリスティーの作品では・・・名探偵が鮮やかに問題を解決します。
今から80年も前に、今のミステリーを・・・その王道を作った人です。
欧米では、聖書・シェイクスピアに次いで読まれていて・・・世界での発行部数は10億冊・・・109の言語に翻訳されているのです。


ミステリーの女王の誕生は・・・
マスコミ嫌いのアガサ・・・人に書かれるぐらいなら、と自伝を発表しています。

アガサは、薬剤師助手の資格をもっていました。
1917年4月30日、アガサ26歳の頃でした。
この頃に小説を書き始めます。
デビュー作は・・・「スタイルズ荘の怪事件」(1920年)
薬の調合とミステリー小説がつながった偶然でした。
1890年イギリス南部のトーキーで生まれたアガサ、一人で人形遊びをして空想をするのが好きな子でした。
11歳年上の姉の影響を強く受けます。
ある探偵小説を読んだ二人・・・
「私も探偵小説を書きたい!!」
そう姉に言ったのです。
しかし姉は・・・
「あなたには出来っこない!!」と。

1914年第1次世界大戦勃発。
一つ年上の軍人アーチボルト・クリスティーと結婚します。
アガサ自身も陸軍病院で働きます。
前線から運ばれてくる兵士の手当のボランティアをしました。

そこで薬の・・・薬物のすごさを身に染みて感じます。
薬に強い関心をもったアガサ・・・薬局に配属されます。
そこには毒にもなる薬もありました。
薬をもっと知りたい!!そう思って、2年かけて免許を取ったのです。

そして・・・毒薬のトリックを使ったミステリーを書いたのです。
「スタイルズ荘の怪事件」(1920年)では・・・
心臓が悪かった被害者は、強壮剤を飲んでいました。
強壮剤には、毒性の強いストリキニーネが含まれています。
ここにある薬を混ぜると・・・毒が沈殿していきます。

ちなみに、長編66冊のうち被害者が毒殺されるのは34冊。
毒殺の被害者は62人、禅被害者の39%を占めています。

アガサが嬉しかったのは・・・
1923年の調剤学時報の批評で、「十分知識のあるやり方で毒薬を扱っており、自分の仕事に十分心得のある人だ」と、言ってもらったことだそうです。
現代のミステリーは、殺人方法を詳しく書けないのですが・・・。


1926年12月3日夜・・・
アガサ・クリスティー行方不明。
12月4日(土)朝、自宅から南約20kmのところで・・・車が発見されました。
車はほぼ無傷。

アガサはどこに消えたのでしょう??

この頃は、アガサは夫と娘と豪邸暮らし、全てが順調そうに見えました。
謎に満ちた失踪・・・

12月5日、警察は2000人の捜索を始めます。
そこには一般人も参加します。
有力な手掛かりのないまま・・・自殺も考えて、湖も・・・。
マスコミは興味本位のネタを書きます。
夫が怪しい?作品の為の自作自演???
12月14日、アガサ発見。
失踪から11日目にイギリス北部の高級ホテルで・・・アガサは宿泊客として泊まっていました。
アーチボルトは・・・
「彼女は事故が原因の脳震とうで記憶喪失に陥っています。
 自分が誰かも、何故ここにいるのかもわかっていません。」
と、コメントしています。

医者も記憶喪失と・・・

しかし、このことで、アガサの家庭の秘密も暴露されてしまいます。
夫・アーチボルトは、若い秘書と不倫の関係にあり、アガサに離婚を要求していました。
アガサも、記憶喪失というけれど・・・テレサ・ニールという名で宿泊。夫の愛人の姓を名乗っています。
しかも、車が発見された場所は、愛人と過ごす家と10qも離れていませんでした。
事故なのか?乗り捨てたのか?それとも記憶喪失・・・???
アガサは、一切マスコミに出なくなりました。

しかし、作品は、この事件を機に大ヒット。
1926年「アクロイド殺し」
1927年「ビッグ4」
1928年「青列車の秘密」
ミステリアスな作家として、成功していきます。


アガサ作品の魅力として忘れてはならないのが・・・
旅・グルメ・ロマンスです。

40代に入り、アガサ作品は一気にスケールアップ。
1935年「雲をつかむ死」では、舞台は旅客機。
1934年「オリエント急行の殺人」では、豪華な列車内で。。。動く高級ホテルでの事件にポワロが挑みます。
当時イギリスでは、海外のツアー旅行が大流行、その旅心とマッチしたのです。

agasa1.png

アガサがこのようなお話を書けたのは・・・考古学者・マックス・マローワンとの再婚がきっかけです。
夫の遺跡調査に参加し、そこで執筆しました。

イギリスにある“グリーンウェイ”という白亜の豪邸は、今は文化遺産として公開され、アガサは家族と、古き良き時代を満喫したようです。
そんなイギリスらしい生活を垣間見ることが出来るのは・・・“ミス・マープル”。
田舎に住むおばあちゃん探偵・こちらはグルメ探偵です。

ロマンスは・・・ドロドロの描写を・・・三角関係・・・男女のもつれなどの描写はぴか一でした。
当時の探偵小説には、恋愛の要素は必要ないと思われていました。
そこにいち早く気づき・・・人間の内面までも描き出した作品です。


マスコミ嫌いだったアガサ・・・
60代以降の人生を大きく変えたのは、“ウエストエンド”ここでの演劇です。
アガサの描いた戯曲・ねずみとりは、60年演じ続けられています。
上演回数を2万5000以上を記録する、世界で最も長い上演記録を持っています。

アガサは、小説を次々と戯曲に変えていきます。
それは。。。???

「課税が厳しくなって、1年に2作品書いたとしても、1作書いた場合よりわずかに収入が増えるだけ。もし、本当に私がやりたいと思うようなものなら話は別である。」

やりたいもの・・・そこに導いたのは、ねずみとりのプロデューサー“ピーター・ソーンダース”でした。
戯曲は次々にヒット。かつて経験したことのない大喝采を浴びます。

そしてエリザベス女王からも・・・
1971年DBE(大英帝国勲章第二位)叙勲。
貴族の称号(男性ならばサー)を授与されます。

マダム・タッソー蝋人形館に・・・
王室からハリウッドスターまでいるのですが・・・
アガサが人形として置かれることになりました。
80歳のままの有りのままの姿で。

そして、1976年1月12日85歳の生涯を閉じました。
ミステリー作家らしく、チャーミングな人でした。

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 07:51| Comment(0) | 追跡者 ザ・プロファイラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

ナポレオン“我が輩の辞書は不可能だらけ?”

ナポレオン・ボナパルト・・・一介の軍人から、自由と平等を旗印にヨーロッパと戦い続け、フランスの皇帝・・・ヨーロッパの覇者となりました。

時代を振り回す圧倒的な力を持っていた?
いえいえ、女性に振り回される・・・自分に振り回される一生だったようです。

napo1.png

「サン=ベルナール峠を越えるボナパルト」
1800年にアルプスを越えてイタリアに進軍する姿です。
荒馬を乗りこなす英雄の姿です。

もう一つは・・・
1814年敵の連合軍にパリを占領されてしまい敗北寸前・・・失意のナポレオン
「フォンテーヌブローでのナポレオン」です。

napo1.png

召使いの回想録によると・・・
「閣下には、たとえ前の夜に寝る時間がどんなに遅くても、朝7時から8時の間には起こすよう言われていました。」
召使いコンスタン・・・
1日3時間の睡眠と数々の伝説を残すナポレオンの30歳の頃・・・
9時には仕事を始めます。
当時すでに第1執政という最高権力者。
新しい国造りの為に・・・
法の整備・軍事・外交・道路・学校の建設まで一人で決めていました。
12時・・・お昼ご飯は食べられませんが、いつ食べると言われるかわからないので、料理人は、鶏肉料理を作り続けます。23回も作り直したこともあったとか。

シャンブルタン・・・水で割って一気飲み。
とてつもない早食いで、8分で食事終了。
フランス人なのに・・・グルメ度はゼロ。


絵のモデルは15分で終了。
芸術のフランスなのに・・・

仕事をこなし、軽い夕食の後・・・
ナポレオンが最も大事にしていたのは、お風呂の時間。
フランス人は、一生に3回しかお風呂に入らないと言われていた時代に・・・ナポレオンは、1日に2,3回入ることもありましたが・・・仕事はしながらでした。

22時・・・仕事を終え、妻が本を読んでくれるのを子守唄代わりに寝るのでした。

午前1時・・・側近を呼び出して・・・仕事を始めることもありました。

「閣下は夜中に仕事を始めると、帰宅した者まで呼び出します。
 私たち召し使いは、閣下が執務室から出てくるまで寝ることも出来ません。」

人生を楽しまずに・・・仕事中毒です。

5時・・・再び眠り・・・
7時に起こしに行くと・・・再び寝るのでした。
3時間睡眠は伝説で、2回に分けて6時間眠っていました。
そして・・・仕事に追われる生活をしていたのです。

世界では、近代の創始者と呼ばれているナポレオンは、軍人であり、政治家であり、外交官でした。
ナポレオンがこの世に残した物は・・・
軍服・・・ナポレオンコート・・・
機能性と合理性が備わっていました。
戦場の風向き次第で合わせを左右変えられるようにボタンが2列あり、手袋をしてもボタンがとめられるように、大きなボタンをつけました。

他にも・・・1804年制定のナポレオン法典。
身分・家族制度・財産について、近代社会を表現し・・・結婚や離婚など、女性の地位に関することも書かれています。
これは、日本をはじめ、世界各国の民法に多大な影響を与えました。

そんなナポレオン・・・フランス革命で謳われ自由・平等・友愛を具現化した男です。
未だ封建社会が続くヨーロッパを次々と打ち破り・・・新しい世を作ろうとしました。
天才的軍人は、数々の名言を残しています。

標高2400mのアルプス山脈を越え、オーストリアに奇襲をかけた・・・
1800年マレンゴの会戦では
「我が輩の辞書に不可能という文字はない」
と、豪語したと言われています。

エジプトへの遠征の際には・・・ピラミッドを望みながら
「兵士諸君!あの遺跡の頂から4000年の歴史が諸君を見下ろしている」
と、全軍を鼓舞したとか。

政治の世界でも・・・
クーデターを敢行し、30歳で第一執政に就任します。
たった一人でフランスを・・・ヨーロッパを振り回しながら、近代へと導いたのです。

「ナポレオンの戴冠式」
皇帝として冠をいただく・・・戴冠式の絵には、母と妻が写っています。
フランス皇帝となったナポレオンが、お抱えの絵師が書いたものです。
ここに写っている母と妻がナポレオンの運命を決定づけました。

「母には正しい判断力が備わっている。
 王国ひとつを統治することも出来るだろう。」

ナポレオンが生まれたのはコルシカ島。
この頃、ジェノバ共和国から売り飛ばされフランス領となっていました。
母は、島一番の美人と言われ、名士に嫁ぎ8人の子供を生しました。
次男だったナポレオン。島で有名な腕白小僧でした。

9歳で本土に渡り、ブリエンヌ軍学校に入学します。
しかし・・・厳しい現実が・・・
待ち受けていたのは、裕福な貴族の子供・・・
「コルシカから来た下級貴族!!」
フランス語がろくに話せず、いじめられます。
この経験が、新しい時代を造らせるのです。

海に育ったナポレオンは、海軍を志望します。
しかし母は・・・
「フランスの海軍は弱いし、何かあったら海だと逃げ場がないから陸軍にしなさい!!」
母の言いつけは絶対でした。
14歳でパリの陸軍士官学校に進学。
わずか1年で卒業し、砲兵士官となります。

そして・・・19歳の時にフランス革命が!!
革命派となったナポレオン!!
1795年王党派の反乱を・・・街中で大砲をぶっ放すという大胆な作戦で鎮圧。
天才的軍人ナポリオーネ・ブオナパルテの名前は一躍有名になりました。
陸軍を薦めた母は正しかったのです。

26歳でナポレオン・ボナパルテに改名。
時を同じくして出会ったのが・・・ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ32歳。
6歳年上の2人の子供を持った未亡人でした。

政財界に広い交友関係を持つ優雅な貴婦人。
その立ち居振る舞いにとりことなったナポレオンは・・・
押しの一手で出会って半年後に結婚します。

結婚から2日後・・・司令官としてオーストリア軍との戦いに出陣。
再びパリにもどってくるまでの2年間、日に3度もラブレターを送りました。
その数1000通以上。

しかし・・・ジョゼフィーヌは浮気三昧な生活を送っていました。
この頃、ジョゼフィーヌは。。。
友人への手紙に
「彼を愛しているの?と、あなたはお尋ねになるでしょう
 いいえ、愛してはおりません」

当時の貴族社会では、妻を愛する夫などいませんでした。
ナポレオンの本気の愛は、ジョゼフィーヌにとって全くの予想外だったのです。
夫婦になったのはあくまでも形式・・・なジョゼフィーヌでした。

早くジョゼフィーヌに会いたい!!不利な戦況をいくつも奇跡的に覆すナポレオン!!司令官でありながら、危険を顧みずに先陣に建つ男!!
兵士の支持を得ていきます。

パリに帰ってから・・・
ナポレオンの偉大さに気付き始めたジョゼフィーヌは・・・夫を尊敬し、支える妻となっていきます。
彼女の幅広い人脈が、ナポレオンの政界進出へ・・・つながります。
まさに、勝利の女神だったのです。

1804年皇帝の座に上り詰めます。

napo3.png

それまでの戴冠式は・・・ローマ教皇から国王などが戴冠するものでしたが、この絵は、ナポレオンが妻・ジョゼフィーヌが冠をいただいています。
絶対的存在となったナポレオンがそこにはいました。

しかし母は・・・戴冠式には出ていません。
「あの子が皇帝になど・・・なっていいのだろうか・・・
 分不相応ではなかろうか・・・」

ナポレオンは、兄弟を支配下の国に配置し・・・(長男・ナポリ国王/スペイン国王、長女トスカーナ大公妃、四男・オランダ王、三女・ナポリ王妃、五男・ヴェストファリア国王)母はこれを、明らかにやりすぎだと思っていたのです。だからこそ・・・出席しなかったのでしょう。


母は、字も読めないし教養はなかったのですが、賢く、賤しいことするのを嫌がる潔い人でした。ナポレオンは後に言っています。

「私の偉業は母の教えの賜物だ」と。

1806年エトワール凱旋門は、皇帝ナポレオンの命令にとって造られ始めました。
しかしそれは。。。1836年ナポレオンの死から15年後に完成することとなります。
つまり、ナポレオンが、この門をくぐって凱旋することはなかったのです。

35歳の若さで皇帝となったナポレオン、その後も連戦連勝・・・
しかし、40歳を境に転落の人生が始まりました。
絶対的な権力者として君臨していたナポレオン・・・唯一手に入らないのが・・・子供でした。ジョゼフィーヌとの間には、10年以上たっても子供が出来ませんでした。
原因は、自分?と、悩んでいたナポレオン。。。
愛人・マリア・ヴァレフスカとの間に子供が出来ました。
ナポレオンは決断しました。ジョゼフィーヌとの離婚を!!

しかし、別の女性・・・22歳も年下のマリ・ルイーズ18歳・・・ハプスブルク家の令嬢と結婚したのです。
1810年ルーブル宮殿で結婚式を執り行いました。
これには、ナポレオンの計算がありました。
ハプスブルク家・・・名門王家との世継ぎを得ることで、王侯貴族の周辺国に対抗できる!!と。
しかし、この結婚に反対したのが、今までナポレオンを支えてきた兵士や市民でした。
マリ・ルイーズは、マリ・アントワネットの姪だったのです。
ナポレオンの再婚は、旧体制に屈するかのように映りました。

しかし、その声は、ナポレオンには届かず・・・
戦場のヒーローだったのに・・・マリがお願いすると、戦場にも出なくなってしまいました。
結婚から1年・・・ナポレオン2世が誕生。
息子を溺愛します。
ここから、転落の人生が始まるのです。

1812年ロシア遠征。
60万者大軍を連れて・・・片道2500qという無謀なものでした。
厳しい冬将軍の前に、兵士たちは次々とやぶれ・・・ナポレオンは大敗北を喫するのです。

ナポレオンの勢いに陰りを見ると・・・周辺国が連合軍を結成し、フランスに侵攻を始めました。
そこには、マリ・ルイーズの育った・・・オーストリアも。。。
1813年オーストリアが連合軍に参加、フランスに戦争を仕掛けてきました。
オーストリアとは姻戚関係にあるので、同盟を結び守ってくれると信じていたナポレオン。。。

しかも・・・フランス軍も士気は上がりません。1814年春パリ陥落。
ナポレオンは、国民議会によって連合軍に差し出され・・・エルバ島へと流されます。
翌年・・・島を脱して再起を図るも、ワーテルローの戦いで敗北。
二度と戻れないようにと、アフリカ西海岸のセント・ヘレナ島へと流されるのです。
ナポレオンは・・・

「あの結婚は・・・花に覆い隠された奈落だった・・・」

しかし、その結婚は、ハプスブルク家に罠を仕掛けられていたのかもしれません。

守るべきものが出来たと同時に、王族と対等になったと、勘違いしたことで自分の実力を発揮することを辞めてしまったのでした。

1821年5月5日ナポレオン・ボナパルト51歳で永眠。セント・ヘレナ島で孤独な死を迎えました。
終の棲家には、彼の運命を左右した3人の女性の肖像画が飾られていました。
第1の妻ジョゼフィーヌ・・・離婚してもなお、生涯ナポレオンを愛し続けました。
第2の妻マリ・ルイーズ・・・オーストリアの将軍と再婚しました。
そして、母・レティツィア・・・87歳で大往生します。

ナポレオンはこんな言葉を残しています。

「余は 余がかくも愛したフランス国民に囲まれて
 セーヌ川のほとりに眠ることを願う」

2世ができて人生が変わる。
個人的には、豊臣秀吉に似てるのかなあなんて思いながら。。。
とても人間的なナポレオン・・・だからこそ今もなお魅力的なのでしょう。

ナポレオンの戦役 [単行本] / ローラン ジョフラン (著); Laurent Joffrin (原著); 渡辺 格 (翻訳); 中央公論新社 (刊)
ナポレオンの戦役 [単行本] / ローラン ジョフラン (著); Laurent Joffri...

ナポレオンの生涯 (「知の再発見」双書) [単行本] / ティエリー レンツ (著); 福井 憲彦 (監修); Tierry Lentz (原著); 遠藤 ゆかり (翻訳); 創元社 (刊)
ナポレオンの生涯 (「知の再発見」双書) [単行本] / ティエリー レンツ (著); 福井 ...

↓ランキングに参加しています黒ハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 17:01| Comment(0) | 追跡者 ザ・プロファイラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。