2013年01月27日

第三回「蹴散らして前へ」

新島八重の生涯 歴史物語 幕末のジャンヌ・ダルク
新島八重の生涯 歴史物語 幕末のジャンヌ・ダルク
会津に帰ってきた覚馬・・・
日本の政局を知って・・・会津も負けられないと、砲術学校を開校しようと講義の練習をしております。
でも・・・武士の本分は、刀と槍・・・そんな空気が漂っています。

八重は・・・針のおけいこにも身が入らないようで・・・
桜の木の上で砲術本を無心に読んでいます。

yae5.png

そんな八重は、毛虫に驚いた拍子に本を落としてしまいます。


そこにこへ若き武士が通りがかり、その本を拾い上げ。。。八重と尚之助・・・運命の出会いです黒ハート

yae8.png

それは江戸から覚馬を援助しようとやってきた尚之助なのでした。
よき協力者を得て蘭学所の整備を急ぐ覚馬・・・

運命の人なのに・・・
八重は、兄・覚馬をとられて寂しそう・・・失恋

「何かをはじめようとすれば、何もしないヤツがかならず邪魔をする。
 蹴散らして前へ進め!」

象山先生の言いつけを胸に、邁進する覚馬・・・
遂に蘭学所開設の許可が下りましたが・・・
脱藩してきた尚之助の教授方就任は受け入れられません・・・あせあせ(飛び散る汗)

あ・・・子どもだった山川君。。。後の「知恵の山川」も、大きくなりました黒ハート
八重のことが好きなようですよ黒ハート
八重と話をしている尚之助にちょっと、やきもち焼いているみたい失恋


で・・・覚馬は・・・生徒が集まりません。
やっぱり武士は刀と槍・・・
鉄砲にいちゃもんをつけられて・・・槍で勝負をすることに・・・あせあせ(飛び散る汗)

yae6.png

でも・・・鍛え上げられたその肉体に、敵う者はありません揺れるハート

が・・・頼母は覚馬を叱りつけます。

「遺恨を含んで槍を振るうやつがあっか!このばか者がっ!!」

「あまりに無礼ゆえつい・・・。」

「覚馬!にしもちっとは控えろ。
 わしの耳にも届いでんぞ。
 にしは鉄砲の強さを言い立で過ぎる。
 ご先祖様代々、弓・槍・刀でご奉公してきたんだ。
 それを”鉄砲が強い”って言われれば誰だって腹立てるのは道理だとは思わねえか。」

「ご番頭様もさようにお考えですか?!」

「そだに・・・猪がかみつくような顔すんな!座れ!」

「覚馬…聞ぐ耳を持て。
 声高に”砲は強い、鉄砲は強い”って言ってたんでは、敵が増えるばっかりだぞ。」


切り替わって、容保さま・・・
世界と日本とどうあるべきか・・・
多難を危惧し、一肌脱ぐ???脱ぎそう???

yae7.png

そんな容保は、会津藩第八代藩主・松平容敬の実娘と結婚したようです。
養子に入っているから容保も容敬の息子ですが、今でいうと娘婿という感じになりましたねるんるん


覚馬は、やがて蘭学所のことで藩庁に呼び出されることになります。
品川砲台の管理のために、お金がたくさんいるそうで・・・
そこで鉄砲の入れ替えと洋式調練採用の願いの取り下げを言い渡された覚馬・・・
なんと、おエライ方と口論に・・・!!
薩摩が軍制改革を行っていることを知っている覚馬・・・

怒り心頭!!

「古い。。。
 兵制改革の事、蘭学所の事、いま一度殿のご裁可を仰いで頂きとう存じまする。」

「ただいま申し伝えた事が主命である!」

「そんなはずはねえ!
 殿は黒船をよぐご存じだ。
 弓矢で戦うだの蘭学は要らぬなどおぼし召されるはずがねえ!
 あなた方は世界を知らぬ!
 まるで…まるで”井の中の蛙”だ!!

藩の守旧派の反感を買い禁足を命じられてしまいました。

まあ、薩摩とは違うよね・・・久光は特別るんるん
実際、薩摩は琉球や朝鮮、中国も近くにあって、開かれていた土地・・・
蝦夷まではいかないも、黒船どころか外国人も出会うことのないような、海のない内陸地ではおエライさんのこの判断で当たり前だったのかもしれません。。。
ここで生きてくるんですね。
象山先生の言葉・・・黒ハート

「何かをはじめようとすれば、何もしないヤツがかならず邪魔をする。」

そうなのよね・・・その通り。
そんな時、言ってやればいいのよ。
「これが駄目なら、いい案を出してください。ないならこの案でいきます。」って。


兄を心配した八重は、尚之助に習ってつくった弾丸作ります。

yae9.png

やる気も失せた放心状態の覚馬のもとへ持っていき、砲術の指南をせがみます。
が・・・やる気のない覚馬に・・・
自分で撃つという八重。

そこで覚馬がハッと気づきます。
八重は実弾撃ったことない!!

「八重やめどけ!」

「私は続けやす!
 人に笑われでも構わねえ。
 兄様がもう諦めると言っても私は諦めねえ。
 鉄砲を極めるまで一人でも続けやす!」


「よし!蹴散らして前に進むか!」


そうね・・・今まででもそうだったもんね。
逆境に立ち向かう姿がそこにはありました。

そして・・・幕末の動乱の幕があがろうとしていました。


今回も、なかなか良かったと思います。
キャラもしっかりできているしね。
ま・・・一言いうなら、二枚目が多いってことかしら・・・失恋

少年漫画でもオタクはどのキャラが好きかで盛り上がるんですが、今回は、いつもの大河に増していろんなキャラのいい男が出ております。
しっかり腰を据えて2回は見る私ですが、抑えた演技と高貴なイメージのせいか、慶喜と容保が今一つ見分けがつきにくい?と、思うのは、おばさんだからでしょうか?
覚馬は黒(泥臭いというか・・・熱血)・尚之助は白(スマートで・・・でもやっぱり熱血)と、よく分かるのですが揺れるハート
殿だから仕方がないのかなあ・・・?と思いながら、でも、これから先個性が出て・・・
イメージ的には、容保がサンドバックのように・・・時代に打ちのめされ始めていくので侍大将になったり・・・変化していくのかもしれないですね黒ハート


でも。。。世の中、そんな男前ばかりいないので、いろんなキャラをお願いします。黒ハート


新島八重の維新 [ 安藤優一郎 ]
新島八重の維新 [ 安藤優一郎 ]
↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

幕末・明治(日本史) ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 08:16| Comment(0) | 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

神保修理さんです。

神保修理長輝は・・・

会津藩家老・神保内蔵助の長男・名門のおぼっちゃまです。

幼いころから容姿閑雅、学問に優れ「秀才」とうたわれています。
ちなみに閑雅とは??
しとやかで優雅なことです。
つまり、美男子???
でも、当時の男の人に褒め言葉だったかどうかはわかりませんね。。。たらーっ(汗)


でも、とても賢い人で、京都守護職では公用方(外交官)として活躍します。
つまり、会津メンバーではなく、京都に赴いて・・・幕末の京都で容保を守り戦う・・・国事に奔走するメンバーです。

容保は、修理をかっていて、藩兵組織と教練方法を西洋化に改革を命じ。。。その改革によって教練を受けて生まれたのが、白虎隊なのです。

坂本龍馬や伊藤博文などとも交流が深く、軍事奉行添役に任じられた後も、大政奉還や王政復古など激動する政局に揺るぐことなく、多くの人々が主戦論を掲げる中、不戦恭順論を徳川慶喜に建言、江戸に帰り善後策を練ることを説きます。
が・・・会津藩の主戦派急先鋒だった佐川官兵衛らと激しく対立してしまいます。

で・・・
鳥羽伏見の戦いが勃発・・・
戦況が不利な上に、討幕軍が錦の御旗をたて・・・賢かった修理は朝敵となることを怖れます。
その上・・・戦争の最中、修理に黙って慶喜や容保などが兵を見捨て江戸へ逃走。。。すると、兵士の士気がダダ下がり・・・あせあせ(飛び散る汗)

恭順を進言した修理に批判が集中し、そのことから、敗戦を招いた張本人として、弁明の機会も与えられぬまま切腹を命じられるのです。


本当に、可哀想な・・・賢かったゆえの悲劇です。
知識がない方が助かっていたかもしれませんね・・・あせあせ(飛び散る汗)


ちなみに、八重の桜では斎藤工さんが演じてくれます。
syuri2.png
きりっと聡明そうな、修理になりそうです。

私の好きな白虎隊では・・・

syuri.png

国広富之さんでした。
ちなみに・・・白虎隊のドラマでは、井上家の人々を中心に描いていて・・・
井上丘隅にとっては、かわいい娘・雪子の婿ということになります。
前編・後編に分かれていましたが、この”白虎隊”の前編の主役は、神保修理ではないか?と思えるほど描かれています。

前編の最後に、父である神保内蔵助(丹波哲郎)に・・・「会津のために死んでくれ・・・」と、切腹して終わるのですが・・・雪子も健気で美しく、涙を誘いました。
syuri3.png
ここに、2人とものってますね。黒ハート

って、国広富之さん、横山主税として出てるのね黒ハート
役どころとしては、江戸詰めですが、賢いところは修理とおんなじかも黒ハート


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

幕末・明治(日本史) ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 20:21| Comment(0) | 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

第二回「やむにやまれぬ心」

鉄砲に夢中になる八重・・・おとっつあんからまたもや怒られています。
「ならぬことはならぬ・・・!!」
両親から砲術への思いを断つよう厳しく諭されています。

男の子たちはお勉強、女の子たちはお習字と女性としてのたしなみを勉強していますが・・・
八重はやっぱり砲術のことばかり黒ハート
お師匠さんにも怒られてしまいます。
仮名だけでは、鉄砲の本は読めないのです。失恋
男の子に漢字を聞いていますが・・・少年は、女の子と口をきくと”しっぺ”だそうですよ。


嘉永7年。幕府は日米和親条約を締結。。。下田と函館が開港しました。
ペリーと会う象山・・・どうなるのでしょう?

八重の兄・覚馬は、黒船に憑りつかれたようです。揺れるハート


「何もできねえうちに黒船は伊豆の下田に行っつまった。
 談判が済んでメリケンに帰れば、もう手も足も出ねえ。
 なじょしたもんか…。」

と、考えているところへ、豚が塾に入り込んできました。あせあせ(飛び散る汗)
その豚を追ってきたのが、なんと少年の新島七五三太、そう、新島襄ですね。
新島襄と、覚馬の運命の出会いです。

って・・・この画面に何気に、八重の前の夫・川崎尚之助と、後の夫新島襄が黒ハート入ってるよ。

おまけに、西郷どんも登場。吉川晃司さんです。
なかなか豪華な展開です。
どんな感じになるのでしょうか??楽しみ黒ハート


どうしても黒船に乗ろうとする覚馬を止める尚之助・・・
でも、
「むちゃしねえと何も始まんねえべ。
 断固として事を行う時、人は皆狂気だ。」
と、寅之助の言葉を思い出しています。

「狂気っつうのは、やむにやまれず命懸けるって事だべ。
 それぐらいの熱がねえど、黒船には太刀打ちできねえ。」

「しかし・・・なぜそこまで・・・!!
 会津の為ですか・・・??」と、尚之助。。。

「会津には海がねえ・・・
 そっだのに、蝦夷や上総など海の警護さ任されてきた・・・
 今は、品川砲台だ!!
 いざというときは、先陣切って黒船とも戦わねばなんねえ・・・
 敵の力がなじょなもんか分かんねえままでは戦いようもねえ・・・!!」

佐久間象山の塾で会津に先んじて西洋の技術を貪欲に習得していく他藩の動きを知り、焦っていました。


尚之助「分かりました。では私も参ります。」

覚馬「えっ?」

尚之助「お供します。一緒に黒船に乗りましょう!」

覚馬「簡単に言うな。捕まっと死罪だぞ。」

尚之助「私だって蘭学者の端くれです。
    西洋の技術の固まり、この目で見てみたい。
    それに覚馬さんと一緒ならうまくいくような気が致します。」
    では決まりです!出立はいつに致しましょう?
    もう止めても無駄です。
    ここに火が付きました!!!」

先週からのいいコンビ。これが、幕末まで続くのですね。楽しみです。黒ハート

でも。。。
国禁を犯すんだから、会津にもお家にも迷惑のかからない様に・・・脱藩して、勘当してもらわないといけません。。。と、考えているうちに。。。

yae.png

と、場面は八重。
鉄砲撃ちに連れて行ってもらっていますが・・・

「息の根を止めたのは鉄砲の弾だ。
 弾に急所さ射ぬがれたら必ず死ぬ。
 鳥も獣も、人間もだ。
 鉄砲は武器だ。殺生する道具だ。
 戦になれば、人さ撃ち殺す!!」

と、父に鉄砲の怖さを教わってます。
立派な武士でなければ、鉄砲うちにはなれない・・・
女子では・・・駄目だ・・と、きつく言い渡されてしまいました。

「糸繰りは何のためにやる?
 機を織る為だべ・・・
 一家の着物をそろえるのは、女子の大切な役目だからなし。
 んだば、鉄砲は何のためにやる?
 鉄砲を撃つのは、女子の役目じゃねえ・・・
 そんなんなんねえわけが、八重にはなんし・・・」

男の仕事・・・そして女の仕事・・・その大切さを父と母から教わった八重。
何を想って糸繰りをしているのでしょう???


佐久間象山に奉行所から呼び出しが・・・
吉田寅次郎がアメリカへの密航を企て、

「意見は百聞を超ゆ 
 知者は機に投ずるを貴ぶ・・・」
という手紙を象山が送っていたのです。
象山がそれをそそのかしたとして捕縛される事件が勃発。

「海外渡航を禁ずる法などもはや意味をなさぬ。
 港を開いた今、諸外国の事情を探索する事こそ急務。
 寅次郎は、国を思いやむにやまれぬ心で渡航を企てたのでござる。
 それを捕まえて罰する。。。
 なんたる大ばかか!」

と、言ってしまった象山も、寅次郎も・・・半年後それぞれの国許で蟄居となってしまいます。

先を越されてしまった覚馬と尚之助・・・
象山の塾も、人がいなくなってしまいました。。。
勝海舟の元へ行くことになった二人。


照姫登場です。出戻ってきました。失恋
この照姫と容保・・・血のつながった姉弟ではないので・・・
容保も敏姫(松平容敬の娘)と死別していたので、2人の間に婚儀・・・という話もあったらしいのですが。。。頭もよく、何でもできるたぐいまれな美貌の持ち主だったそうですが、白虎隊〜敗れざる者たち〜では、正室のように振る舞っていて・・・
それってどうよ!と思いましたが・・・
仲は良かったようです。これからどうにかなるのでしょうか???


会津へ戻った覚馬は、大きな米俵を持ち上げて男と競争に興じる八重の姿を見て驚きます。

yae2.png
ああ・・・もう、綾瀬はるかさんになってしまっています。
もうちょっと、子役・八重を見ていたかったのにな・・・失恋

おまけに・・・八重が砲術の知識を深く習得していることを知った覚馬は胸を打たれ、

しかし、父は・・・

「八重は力もある。胆力でも男に負げねえ。仕込んだら物になんべ。
 んだげんじょ、それが何になんだ。
 今でせえ 世間並みがら外れたおなごだ。
 この上、鉄砲なんぞやったら物笑いの種だ。。。
 ヘボならばまだいい。
 いい腕になったら困んだ。。。
 おなごが鉄砲の腕振るう場所はどごにもねえ。。。
 いずれ・・・切ねえ思いする・・・。」

父親としては、当然の・・・娘の幸せを想う気持ちですが・・・
でも、鉄砲やってたから生き残ったんだよね、八重黒ハート


でも・・・どうしても思いを断ち切らなかった八重・・・


そうして覚馬は八重に鉄砲を持たせ。。。

「構えて見ろ!!
 重いか・・・それが鉄砲の重さだ。
 命のやり取りする武器の重さだ!!
 にしは侍の娘だ。
 始めっと決めだら極めるまで引ぐ事は許さねえ。
 弱音吐ぐ事も許さねえ。
 また、極めたところで誰が褒めでぐれるという事もねえ。。。
 嫌なら今すぐ銃を置げ。
 覚悟はいいな!?」

八重に砲術の手ほどきするのでした。

本当に、俳優陣をとっても歴史上の人物にしても豪華な顔ぶれで嬉しいです。黒ハート
この人々も、明治維新を挟んで変わるのでしょうが、勿体ないですね。失恋

解りやすくって、でも、史実も織り交ぜて・・・
ドラマを見たい人も、歴史を見たい人も、良い感じに仕上がってるんじゃないでしょうか?

綾瀬はるかさんが出てきました。
キャピキャピ(って死語???)な大河にならない様に、落ち着いた仕上がりになることを祈ります。黒ハート

幕末銃姫伝―京の風 会津の花 [単行本] / 藤本 ひとみ (著); 中央公論新社 (刊)
幕末銃姫伝―京の風 会津の花 [単行本] / 藤本 ひとみ (著); 中央公論新社 (刊)

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

幕末・明治(日本史) ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 11:16| Comment(0) | 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。