2012年11月13日

猿飛三世 第五回「活の巻」

佐助の大好きな姫・お市に婚儀話が舞い込みました。
相手は将軍家の親戚筋にあたる信州広見藩主の前端玄蕃頭。

一見玉の輿のようでしたが・・・人身御供のようですあせあせ(飛び散る汗)

前端は酷い悪逆無道ぶり。
今まで正室になった4人を・・・側室を・・・村の娘を斬った・・・という傍若無人ぶり。。。
でも、なんで我修院 達也・・・っていうか、若人あきらなの???
おまけに広見藩の財政ひっ迫は有名で、無理難題を押し付けて高波藩の取り潰しを狙う京都所司代の謀略であることは明らかでした。


でも・・・お市はお家の為に嫁に行くことを決心します。
水川あさみさん、お琴を弾く手がとっても綺麗です。黒ハート
ちなみに、私が学生の頃に習っていた師匠は手だけをアップでテレビに何度も出ていたそうですが・・・
これは、自分でやっていますね。
とっても上手です。


なのに・・・
やっぱりバカ殿ですあせあせ(飛び散る汗)

「人は・・・生きていかねばなりません
 でも・・・父を侮辱したあの言葉だけは許せません・・・!!」

と、とっても賢い姫様です。黒ハート


主膳とお市の苦境に冷たい態度をみせる徳三郎に佐助は食ってかかります。

ああ、父子で闘ってるよ!!

TKY201210180422[1].jpg

そこにお辰が現れ・・・

「おやめ!!佐助!!お前は自分の父親を殺す気か!!」

「かあちゃん・・・何言ってんだ・・・。」

ああ、ばれちゃいました・・・。
って、ばれていいの???
とうちゃんの仕事はどうなんのよ!!??

「己を捨てるのが忍びだ・・・。」って言っている父ちゃんですが・・・

「あんなところに嫁に行きたくはない・・・。」

悲壮な覚悟を固めるお市を救おうと、佐助は死中に「活」を求めるべく・・・
姫様を「活かす」ために所司代・北倉の寝所を襲います。

が、すぐに敵に囲まれ、窮地に追い込まれてしまいました。

どうする??佐助??

って・・・逃げ帰ってきてしまいました。あせあせ(飛び散る汗)


一方姫は・・・
「私はただ犠牲になるのではありません・・・
 高波藩の為に、前端玄蕃頭に嫁ぎます。
 佐助・・・私を活かしたいと言ってくれましたね。
 私も同じです。
 この婚儀をお受けして、高波藩を活かしたいと思います。」

ああ、なんてカッコいい姫黒ハート

これから一体どうなるんでしょうか???
ハラハラドキドキです。黒ハート


今後の猿飛三世はこちら


今回は、活人剣の柳生宗矩を思い出しちゃいました。
ほんと、剣や忍びなんかじゃないですよね。
人の道として、人を活かせればいいのだけれど。。。黒ハート

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
新陰流活人剣
新陰流活人剣
よろずや平四郎活人剣(上)新装版 [ 藤沢周平 ]
よろずや平四郎活人剣(上)新装版 [ 藤沢周平 ]
よろずや平四郎活人剣(下)新装版 [ 藤沢周平 ]
よろずや平四郎活人剣(下)新装版 [ 藤沢周平 ]
posted by ちゃーちゃん at 09:42| Comment(0) | 猿飛三世 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

猿飛三世 第四話「人の巻」

佐助のお母さん、お辰がお市様のお屋敷で飯炊きを始めました。
浅野ゆう子さん、いつまでもお綺麗で・・・揺れるハート

着物の着方も髪形も・・・やっぱり忍びのようですが・・・exclamation&question
忍びって、目立っちゃ駄目なんじゃexclamation&question

でも、こんな方が若い人にはとっつきやすいのかもしれませんね黒ハート

今回は、「人の巻」

忍びの里から出てきたみんなも働き出しました。

DSC_3555_convert_20121024112116[1].jpg

京での生活を始めた佐助は・・・怪力なさぼてんと船着き場で荷運びの仕事に就きました。
おかあさんにだけ働かせるわけにはいかないしね・・・あせあせ(飛び散る汗)

でも・・・才蔵は、店賃を溜めた貧しい人を長屋から追い出す非人情なお仕事をしています・・・。あせあせ(飛び散る汗)

それに矛盾を感じる佐助・・・

さぼてんは若い僧に・・・佐助はお市に・・・思いを告げられずにいました。
お市も、本当に優しいですね黒ハート
今までの水川あさみさんの役とはちょっと違って、新鮮です。揺れるハート

つとめの帰り道、佐助はお市に捧げようと、なけなしの賃金で櫛を買いました。。。でも、お市に渡す勇気がありません。

そんなとき、お市が右大臣今出川家に招待されて、琴の腕前を披露することに。。。

徳三郎がそのお祝いに高価な櫛を進呈するのを見て悔しくて。。。
佐助は、今出川家からの招待の裏には何かの陰謀が潜んでいるのでは、とお市のお供を申し出ましたが、佐助とお市とでは家格が違うと断られ、衝撃を受けるのでした。



さぼてんも女人禁制の・・・会うことすら許されない寺の僧に恋をして、大人になったことだしね。

「分をわきまえてこその人」徳三郎の言葉が、厳しいようで日本人にはピッタリの言葉だと思いました。

やっぱり徳三郎、隠していても父の愛ですね黒ハート
みんな、こうやって大人になっていくのですね。

今回は、身分の違いなど解らなかった佐助が、ちょっと大人になった作品でした。

ほんと、こんな時代劇なら、若い人も見てくれるかも黒ハート

猿飛佐助 石ノ森版立川文庫  (1-3巻 全巻)
猿飛佐助 石ノ森版立川文庫  (1-3巻 全巻)

猿飛佐助 (文春文庫―柴錬立川文庫) [文庫] / 柴田 錬三郎 (著); 文藝春秋 (刊)
猿飛佐助 (文春文庫―柴錬立川文庫) [文庫] / 柴田 錬三郎 (著); 文藝春秋 (刊)

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
ラベル:猿飛三世 人の巻
posted by ちゃーちゃん at 05:57| Comment(0) | 猿飛三世 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

猿飛三世・第三話「風の巻」

先週からの流れで始まりました。

aba1dd9afd994bc383f5259806be7bb4-344x516[1].jpg

佐助の大切な姫様・お市の御父上・梅宮主膳が、御用金にてをつけたとの嫌疑がかかります。あせあせ(飛び散る汗)

目の前の敵は、服部半蔵の孫・伴蔵であることも判明、宿命の対決です。黒ハート

そして、黒幕は、いつもの京都所司代・北倉重治です。


痛快娯楽時代劇って感じで、良かったです。

ラフな感じのっていうか、全然修行していないのに、忍びの極意の”風”を会得してしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
まあ、そこは実力があったということで黒ハート

やはり、時代劇は、正義が勝つのです。黒ハート

でも、佐助、忍者だからか、「うっき〜〜〜!!」って、よく言ってますよね。
これを聞くと、やっぱり堺さんの”悟空”を思い出してしまいます。揺れるハート


あなたは、どの”さすけ”が好きですか???
バンダイ フィギュアーツZERO NARUTO-ナルト-疾風伝 うちはサスケ フィギュア(Z6859)

バンダイ フィギュアーツZERO NARUTO-ナルト-疾風伝 うちはサスケ フィギュア(Z6...サスケ Complete BOX 上 (低価格化)
サスケ Complete BOX 上 (低価格化)

やっぱり凄いなあ・・・サスケって忍者ばっかりじゃん黒ハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 07:44| Comment(0) | 猿飛三世 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。