2012年06月27日

日曜日は「六三園」へ

日曜日は、娘のエレクトーンの発表会のようなものがありました。

なので、終わった後は、パパの方のおばあちゃん、私の両親も含めてお食事に行くことになりました。

行ったのは・・・
がんこ「六三園」です。

P6240513.JPG

お料理はこんなかんじ。。。
P6240523.JPG

320x320_rect_11233065[1].jpg

320x320_714166[1].jpg


で、この六三園は・・・

大正時代に大阪・堂島の米穀取引所で活躍した伝説の相場師・和歌山県橋本出身の松井伊助(1865〜1931)の持ち物でした。

和歌山の米相場師だった父に幼いころから鍛えられ、13歳で大阪に奉公に出た後、30歳になるかならないかで相場師として頭角を現しました。

米相場で大もうけして取引所の株を買い占め、北浜に進出、株式取引で巨万の富を築きましたが・・・

米騒動が起きた1918年、米の暴騰に手を焼いた寺内正毅内閣は、「今太閤」と呼ばれるほどになっていた松井に「米価を下げて社会不安をなくすために相場に水をかけてくれ。あんたしかおらん」とフィクサーを通じて頼み込んだので。。。
巨額の損も覚悟で松井は引き受け、米を売って売って売りまくり、「世直し大明神」と庶民から称賛を浴びたといいます。
 その松井伊助が63歳になった1928年に和歌山市に立てた別荘が「六三園」です。
完成当初の敷地面積は6,300坪(約21,000u)と言われ、面積も「六三園」命名の由来だとされています。

屋敷の玄関先には北浜での松井伊助の活躍を記念して、北浜に近い堺筋の難波橋の橋詰4カ所に松井が寄贈した天岡金一作のライオン像と同じものを1頭置きました。


P6240516.JPG

これかしら???


 六三園は戦後、一時米軍に接収されたが、1952年に和歌山銀行(当時は和歌山相銀)のオーナーだった尾藤家が買収して高級日本料理屋を開きました。しかし、和歌山銀行は2006年に紀陽銀行に合併され、六三園も尾藤家の手を離れます。


買収したのは、和歌山県上富田町出身で関西経済同友会の代表幹事も務めた「がんこフードサービス」の創業会長、小嶋淳司氏で、高級料理屋は、大衆路線の「がんこ六三園」に生まれ変わったのです。現在の敷地面積は2,000uですが、大座敷から広縁を通して見る回遊式庭園の見事さは変わりません。


P6240534.JPG


P6240531.JPG

綺麗な自慢の庭を眺めながら、楽しくお食事が出来ました。黒ハート


私の母は、ここら辺の出身なのですが・・・
軍に接収されたときは、入り口にアメリカ兵が立っていたことなんか覚えていまして・・・

そして、自分家も接収され、家を追い出されたことを話していました。

お母さん・・・それって、もう耳タコですよ。。。揺れるハート


本当に、自分の身近にも、こんな歴史が埋もれているなんて・・・
そんなことを感じながらお食事するのも楽しいかもしれませんね。揺れるハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

芸術・人文 ブログランキングへ
ラベル:六三園 がんこ
posted by ちゃーちゃん at 08:05| Comment(0) | 和歌山探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

和歌祭に行ってきました。 〜A〜

このお祭りは、全国に類を見ないお祭りです。

だって、
P5130091.JPG
こんな感じで神輿が下りてきます。


お祭りの構成は当初、紀州徳川家が中心に、行列の書く芸技種目の全ては、株組織で構成されていました。

その「それぞれの株」が、連合して祭り行列となり、そこに無礼講として土地の人々の得意とする芸技集団が続いていました。

各「株」は、家臣団の個々が名誉をかけて、その技術を代々、口伝によって継承されてきました。


行列は、現在では、東照宮を出発して、新和歌浦を通り、片男波、あしべ橋を渡り、玉津島の前を通って東照宮に帰ってきます。

行列の中には・・・

P5130161.JPG

P5130164.JPG

P5130168.JPG


総奉行や腰元、伶人(雅楽を演奏する人)、左右大臣なんかがいます。

P5130144.JPG

P5130149.JPG

P5130145.JPG

神官として、東照宮の宮司さんもいます。

P5130141.JPG

相撲取りも。

P5130181.JPG

こちらは「連尺」と言って、行商の反物売り姿で諸国を回って、祭りの日には必ず帰国し、諸国の情報を伝えていました。

P5130184.JPG

こちらは「団扇太鼓」。
お万の方が日蓮宗を厚く信仰されていました。その冥福を祈る踊りです。


P5130199.JPG

P5130208.JPG

P5130154.JPG

他にも、いろいろな役に扮した人達が練り歩くのです。

その中には、餅搗踊りや雑賀踊り、薙刀や獅子舞、唐船なんかがありました。


こんな恰好をして練り歩くのは体力いるなあ・・・と、思いながら、楽しく見させてもらいました。

私なんか体力不足で、普通の恰好でも結構しんどかったです。

みなさん、失礼しました。黒ハートごめんなさい。るんるん


↓楽しかった人は、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 19:25| Comment(0) | 和歌山探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和歌祭に行ってきました。〜@〜

5月13日、和歌山県和歌山市にある和歌浦で、「和歌祭」がありました。

私にとっては懐かしい、ほとんど地元。。。
おばあちゃんは、和歌浦のことを、「あか」と呼んでいました。そんな地元です。

この和歌祭、毎年5月に行われる紀州東照宮の大祭の渡御の呼称です。
紀州の国祭、天下祭、権現祭とも言われ、親しまれてきたお祭りの行列です。

江戸時代に、東照宮を口にするのは恐れ多いということで、「和歌の御宮」と言い習わされていたところから、和歌祭と言われるようになりました。

和歌祭の始まりは、江戸時代の元和8年からです。

祭りは、いきなりクライマックスから始まります。

この階段を、猛者が?神輿を担いで降りてきますよ!!
この、紀州にある東照宮の階段を下りるところから祭りは始まりました。

まずは、先駆けに・・・
P5130087.JPG

来ましたよ、来ましたよ!!

P5130091.JPG

じゃ〜ん!!


P5130095.JPG

ドキドキします揺れるハート

落ちそうな神輿を担ぎながら下りてきました。
力強いですね!!

P5130098.JPG

一生懸命担いでいます。
神様に奉納するために、頑張っています。るんるん

P5130100.JPG

P5130103.JPG

全国に類を見ないお祭りです。
地元の人が、誇りを持って受け継いできました。黒ハート(ちょっと、途絶えてましたけどね・・・たらーっ(汗)


そして、これから和歌浦、片男波と、万葉の地を練り歩きます。

それはまた後で、アップします。黒ハート


読んで楽しかった方は、ポチッとお願いします。揺れるハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村


歴史 ブログランキングへ

posted by ちゃーちゃん at 08:18| Comment(0) | 和歌山探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。