2012年09月06日

友ヶ島という名のラピュタ〜A〜

休憩した後、第3砲台へ向かいます。
第3砲台は、明治23年に起工。
友ヶ島山頂の最も高いところに配置されていました。
28cm榴弾砲・8門編成で最主力砲台です。

だから、作りも一番大きいです。

P8261666.JPG

第3砲台のこの階段を下りると・・・トンネルがあります。
そのトンネルをくぐって・・・

P8261668.JPG

ここへ・・・。
この水の溜まっているところが大砲を設置する砲床です。
ここにあった28cm榴弾砲は、日露戦争でも旅順攻略戦で大活躍し、またロシア旅順艦隊をほぼ殲滅させたという戦果がありました。

そして、この第3砲台の下には・・・

P8261675.JPG
棲息掩蔽部があります。

P8261678.JPG

レンガの爆薬庫と緑・・・
本当にラピュタのようです。
小鳥を携えた巨神兵が出てきそう黒ハート

P8261684.JPG

悲しい巨神兵のように・・・人間の愚かな負の部分と、青い空・・・
宮崎駿さんの世界のようです。

P8261686.JPG

ひんやりとした空気も、なんだか海軍兵が出てきそうな・・・
不気味・・・もとい、不思議な空間です。

それを和らげてくれるのは、こんな丸い小窓・・・
P8261687.JPG

昔の建物には風情があって、良いですね。黒ハート


第3砲台を堪能した私たち・・・
続いて探照灯跡へ。。。

P8261688.JPG

探照灯・・・またの名をサーチライト。夜間の敵機襲来を監視するための場所です。
よくあるタイプの照明所で、「昇降隠顕式照明所」といいます。


そして・・・島を半分探索して帰ってきました。
もう歩けません。あせあせ(飛び散る汗)

帰ってきて桟橋あたりで帰りの船を待っている時・・・
見つけました。

P8261694.JPG

「陸軍省」・・・

この島が長い間軍事要塞で、第二次世界大戦が終わるその日まで、一般人の立入は禁止され、地形図にも記載されなかったことが伺えます。

しかし、第二次世界大戦では航空戦主体となり、対艦用に造られた砲台は使用されることのないまま終戦を迎えてしまいました。


P8261696.JPG

もう、満足でお腹いっぱいです。黒ハート
さようなら〜揺れるハート
ラピュタるんるん


なのに、加太の港にある淡島神社境内の「満幸商店」で・・・
P8261699.JPG

しらす丼をいただいて帰ってきました。黒ハート
お腹いっぱいだったのになあ・・・黒ハート

心も体もお腹いっぱいです。黒ハート

【釜揚げしらす 1kg】 ふんわり美味しい 釜揚げしらす 紀州湯浅 直送!塩分ひかえめ。 無添加・無着色で安心!! 和歌山県優良県産品認定 / まるとも海産
【釜揚げしらす 1kg】 ふんわり美味しい 釜揚げしらす 紀州湯浅 直送!塩分ひかえめ。 無添...
【送料無料・直送便】「湯浅町」しらす屋前福 釜揚げしらす・「和歌山市」西出水産 灰干乾燥さんま MN-50【お届け約1週間・指定は注文日から9日目以降】【代引決済不可】
【送料無料・直送便】「湯浅町」しらす屋前福 釜揚げしらす・「和歌山市」西出水産 灰干乾燥さんま...

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 11:53| Comment(0) | 和歌山探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

友ヶ島という名のラピュタ〜@〜

夏休み最後の日曜日・・・

和歌山市加太にある友ヶ島に行ってきました。
目的は、子午線を見ること。

でも、私の目的は・・・
旧日本軍の施設でした。黒ハート

友ヶ島は、瀬戸内海国立公園の紀淡海峡に浮かぶ沖ノ島・地ノ島・虎島・神島のことです。

この島には、誰も住んでいません。
だから、様々な植物・磯の生き物が生息し、珍しい岩盤や地層がある自然の宝庫です。
キャンプで泊まることもできるのですが・・・
結構銛(よゐこの浜口がもってるような・・・)を持っている人が多いのにびっくりしました。

古い歴史のあるこの島は、役行者が葛城修験道28宿の第一の宿をこの島に置いたことでも有名で、観念窟・序品窟・閼伽井など、修験道に関する行場があります。

また、明治時代から第二次世界大戦まで軍事要塞として使用されていました。
レトロな要塞の砲台跡や、兵器倉庫跡が、今も残されています。

和歌山市加太から船に乗って20分、友ヶ島へ・・・
P8261641.JPG

この日はお天気も良く、真っ青な海と空・・・緑の木々がとっても映えます。

私たちが上陸したのは、その中の沖ノ島にある野奈浦桟橋です。
私たちは、ハイキングモデルコースを選んで、3.3qの大冒険を始めました。

綺麗な海岸線を観ながら20分ほど歩くと・・・
ここまで歩くのが、運動不足のわたしには一苦労・・・あせあせ(飛び散る汗)

「お・・・ラピュタ???」

第2砲台跡がありました。
島内西側の最も北寄りの海岸近くに配置されえています。
27cmカノン砲・4門編成。
敵艦隊の真横からの攻撃に適していました。

P8261642.JPG

ああ・・・スキット晴れた青い空と砲台とのコントラストになんだか不思議な気持ちになります。

不思議な気持ちのまま・・・
てくてく歩いていると・・・
友ヶ島灯台が見えてきました。

P8261650.JPG

この灯台は・・・日本で8番目に建設されました。
明治初期の大坂条約によって建設された5基の洋式灯台の一つで、歴史的文化財的価値が高いAランクの保存灯台です。
現役の灯台で、光度190万カンデラは全国2位の明るさを誇り、大阪湾に入る船舶から見る友ヶ島灯台は目立ち、独特の存在感があります。
1870年5月に、英国人技師リチャード・ヘンリー・ブラントンにより着工されました。

この近くには・・・
第1砲台跡がありました。

「ここもラピュタ???」

P8261648.JPG

最初の砲台として明治23年11月に完成しました。
紀淡海峡を通る敵艦船を攻撃するのに絶好の位置にあります。
27cmカノン砲・4門編成。
フランス・スナイドル社製の最新砲でした。

その先をてくてく歩いていくと・・・

P8261647.JPG

子午線がありました。
日本標準時子午線(東経135度)の通る日本最南端の地です。

本当にいい天気で、前面に海が広がって・・・とっても開放感があって自然を満喫できました。


そして・・・メインの第三砲台に向けて出発しました。黒ハート

続きはまた後で。。。黒ハート


「和歌山市」田端酒造 羅生門 龍寿 純米大吟醸 720ml RH-S【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】
「和歌山市」田端酒造 羅生門 龍寿 純米大吟醸 720ml RH-S【楽ギフ_包装】【楽ギフ_...
「和歌山市」勝僖梅 勝喜梅 甘仕立て「松」【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】
「和歌山市」勝僖梅 勝喜梅 甘仕立て「松」【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ

posted by ちゃーちゃん at 11:02| Comment(0) | 和歌山探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

華岡青洲の医塾・春林軒と合水堂

先日、娘と一緒に和歌山市立博物館での「地形模型をつくろう」に行ってきました。

難しそうだったら一緒に作らなければならないかも???
と、思っていましたが、研究員の人?が、ついてくれました。
なので3時間半、暇になりました。

和歌山市立博物館、入場料は特別展展示中なので、400円でした。
でも、3時間以上もあったので、2000円分ぐらい観てきました。黒ハート

特別展は、華岡青洲です。
和歌山を代表する偉人です。
華岡青洲は、有吉佐和子さんの”華岡青洲の妻”でも有名ですね。

【DVD】華岡青洲の妻和久井映見 [NSDS-9570]【27Aug12P】
【DVD】華岡青洲の妻和久井映見 [NSDS-9570]【27Aug12P】

一体どんな人なんでしょうか?

華岡青洲・・・名を震、字を随賢(ずいけん)、号は青洲です。
和歌山県紀の川市出身で、1760年10月23日生まれ、1835年10月2日に76歳で亡くなりました。

医者であり、医学校と病院(春林軒と合水堂)の校長先生です。

華岡青洲が活躍した江戸時代中期、日本の医学は実験を中心とした医学へと発展してきていました。
日本人で初めて人体解剖をしたのは山脇東洋、西洋の医学書「ターヘル・アナトミア(解体新書)」を翻訳した前野良沢・杉田玄白でした。

そんな時代の日本の医学は、現在のような手術をする外科の技術はなく、薬草などを使って病気を治す漢方が中心でした。
手術には大変な痛みを伴い、とても手術には耐えられるものではありませんでした。

青洲は、このような痛みを無くして手術をしようと麻酔薬(通仙散)を開発しました。
その麻酔薬を使って、誰もなしえなかった乳がんの手術をしました。
麻薬の開発には、20年かかったと言われています。
その間、母や妻が人体実験となり、協力しました。

鎖国という時代に、ヨーロッパなどにも引けを取らない技術でした。

乳がんだけではなく鉄砲の弾を取り出したし、痔の手術、腐骨の手術・・・数々の手術を行いました。
当時の人々は、華岡の手術は「神業」であると言いました。


しかし、有名になったのはそれだけではなく、全国から青洲の医学を学ぼうと向学心に燃える人々も集まりました。
これらの人々を受け入れるために、春林軒(紀の川市)と合水堂(現在の大阪市中之島)を開設しました。ここではたくさんの人が勉強をして、卒業して、それぞれの故郷で地域の医療に尽くしました。

このようにして、患者の命を救ったことや、後進を育て医療を普及させました。


私が博物館でびっくりしたのは、青洲自身が作った医療道具が今とさほど変わらないということでした。
カテーテルまでありました。
たくさんの弟子に、いろいろな技術が伝わっていました。

こんな世界的にも素晴らしい人が和歌山に居るなんてもっとみんなに知ってほしいなあ・・・って思いました。

華岡青洲の妻 (新潮文庫) (文庫) / 有吉佐和子
華岡青洲の妻 (新潮文庫) (文庫) / 有吉佐和子

そんなこんなで、3時間経つと・・・

娘はこんな模型を造って帰ってきました。


P8231621.JPG


和歌山市加太にある友ヶ島です。
とっても上手に作ってきました。黒ハート

これもひとえに・・・揺れるハート
先生方、どうもありがとうございました。るんるん揺れるハート


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 14:35| Comment(0) | 和歌山探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。