2012年08月28日

第32回 「百日の太政大臣」

1165年、清盛は、娘婿である摂政・藤原基実の後ろ盾によって、武士として初めて大納言にのぼりました。
この前代未聞の出世は公卿たちの反発を買っていました。

そう、そりゃあ反感買うだろう!!といえるぐらいの高官になりましたね。黒ハート
そうなるには、きれいごとでは済まないでしょう、やっぱり揺れるハート


大臣たちが列席する朝議で、清盛は都近くの港・大輪田泊を改修することを提案しますが、藤原摂関家の左大臣・基房は話を聞こうとしません。
だって、清盛が嫌いですからねえ・・・
当時は当たり前のことですが、武士のことは「犬」と思っていたのでしょう。


後白河上皇の側近である藤原成親は、もっと清盛に歩み寄ることを提案しますが、上皇はいずれ清盛が自分にひれ伏するだろうと不敵に笑いました。
またもや何か考えていますよ。
そう、5代の天皇の間ず〜っと、権力の座にいた人ですからねえ・・・
何でもやりますよ、この人黒ハート


そんな折、後白河上皇に貢ぎ物を届けにきた清盛は、御所でかつて信西に仕えていた西光と出会います。
清盛は亡き信西の遺志を継ぎ、中国との交易を実現しようとしていることを告げると、西光は信西を殺した源義朝の子をなぜ死罪にしなかったのかと責めました。
この後、朝子の助言で???西光は後白河上皇の近臣として仕えることになりました。

でも・・・朝子の力って凄いの?
っていうか、そんなこと決めていいの???
って感じでした。必要あったのかなあ・・・この一言。


一方、伊豆の頼朝は、監視役の豪族・伊東祐親の娘、八重姫とラブラブ黒ハートになっていました。
祐親は大番役で京の清盛のもとに仕えており、留守です。
そんなとき、八重姫が頼朝の子を宿していることがわかります。
頼朝は命にかえても八重姫とその子を守り抜くことを誓うのですが。。。

「私の子を産んでくれ」


京では清盛を思わぬ悲劇がおそいました。
清盛の後ろ盾であった藤原基実が突然病で亡くなってしまいました。
藤原摂関家を継いだのは、平家を憎悪する基房。。。

朝廷での発言力を強めたい平家一門は、摂関家との対立を避けようと対策を練りますが、解決策が見いだせません。
そこへ、長年藤原摂関家に仕えた藤原邦綱が訪ねてきました。
いつもは良い人の岡本信人さんですが、やっぱり公家の恰好をすると、ちょっと腹に一物ある人っぽくなっていますね。。。
公家ファッションって凄い??

そう、入れ知恵に来たのです。
亡き基実が持っていた広大な荘園を後家となった盛子のものにし、平家を支える財にするという献策を授けに来たのです。

また、後白河上皇の妃である滋子は、上皇との子・憲仁が東宮になることが決まるので、清盛に東宮大夫として憲仁に仕えてほしいと持ちかけます。
それは後白河上皇を支えよということでした。


そして清盛は内大臣にのぼりました。
清盛は更なる出世の意欲を告げ、藤原摂関家へ対抗するため宮中行事である五節の会にて極上の舞を献上するよう、長男・重盛と三男・宗盛に命じました。
清盛の権勢はとどまることを知りません。
清盛の威厳はそれくらい大きくなっていました。


伊豆では、頼朝が父になろうとしていました。
二度と身内など得られないと考えていた頼朝は、八重姫が連れてきたわが子を抱き、感動で涙を流しました。


「昨日が今日でも、今日が明日でも、まるで変わらない日々が・・・
 その日を境に変わる気がした・・・」

清盛は”面白き世”で、頼朝は”昨日が今日でも、今日が明日でも・・・”この言葉で表現するんですね黒ハート


変わって清盛のシーン、五節の宴の当日、用意周到に準備をすすめてきた重盛と宗盛の前で事件が起こりました。藤原兼実らのいやがらせで舞姫がひそかに追い返されてしまいました。あわてふためく宗盛。。。
と重盛。

ほんと、みんな酷いね・・・
こんな人たちがいるのだからやはり成り上がるってのも、かなり根性がいるのでしょうね。。。
男の嫉妬心って見苦しい・・・失恋

そんなこととは知らない清盛。。。
宴席に来ていた後白河上皇に、背後から話しかけられました。

後白河上皇は、藤原基実の所領を平家が相続できたこと。。。
清盛の出世など。。。すべてが自らの策だったと明かすのでした。

「ここはわしの世じゃ。
朝廷をそなたの勝手にはさせぬ・・・!!」
そして、この次の出世は実権のない名誉職・太政大臣であり、そこで清盛の政治家としての生命は終わりだと。。。。。

すべて上皇の手のひらで踊らされていたということに清盛は衝撃をうけます。

「そななたたち武士はどこまでどこまでのぼろうと、
 番犬のまま死んでゆくのじゃ・・・!!」


酷い言い方のようですが、本当に、こんな感じに武士のことを思っていたようです。
だから、使って当たり前だったのでしょうね。。。


そのとき、舞台にあらわれた舞姫に清盛も上皇も驚き目をみはります。
なんと、その舞姫こそは清盛の母親代わりであった祗園女御であり、後白河上皇にとっては今様の師・乙前ででした。
宴にきていた乙前を見かけた盛国が急きょ、消えた舞姫の代わりを頼んだのです。

いくつなのよ!?
ほんと、”松田聖子”さんにも言いたい一言です。あせあせ(飛び散る汗)
キーポイントなんでしょうね。
清盛の実母って話もあるし・・・。


乙前の歌う今様、「遊びをせんとや生まれけむ―」を聞き、清盛は後白河上皇への怒りが収まり、新たな闘志が浮かんでくるのでした。


翌日、清盛は六波羅の館に乙前を招きます。二人は懐かしき双六遊びをしながら時の流れをかみしめました。

「のぼりつめてみせますぞ。
この世の頂に!!」


1167年、清盛は太政大臣となり、その権限を使い平家一門の地位をあげられるだけあげ、朝廷における平家の地位を盤石にしました。そしてわずか百日で辞職し、政界を後にしたのです。

そう、百日天下ではなかったのですね。黒ハート
この時代っていうか、日本はやはりNo,2が一番権力を持っていますからね・・・。
清盛も、なんの肩書もないNo,2になりたかったのでしょう。
これからは、政治ではなく貿易でガッポガッポです。黒ハート

一方、伊豆では頼朝と八重姫の子の存在を伊東祐親が知り、二人の前に乗り込んできました。
そりゃあもう、京都で清盛の繁栄を見て、ビビりまくっていた祐親・・・
そのビビり具合が、真っ青な顔とともに、ここに持ってこられます。

必死で許しをこう頼朝。。。

八重姫は赤子を祐親に抱かせると、祐親は無言で外に連れ出し赤子の命を絶つのです。
なんだか酷いです・・・。たらーっ(汗)
史実は川に・・・ということですが、ドラマでは斬みたいな音でしたね。
そうか。。。川だと音がでないから駄目なのかしら???
そんなことはどうでもいい!!
本当に、東国武士は、親子兄弟でも血なまぐさく戦う男です・・・。
平気だったのかもしれません・・・たらーっ(汗)

このことが平家に伝われば、伊東一族などひとたまりもない!!



頼朝はただ、自らの無力さを実感するしかありませんでした。

恨むは、京にいる清盛!!

構図もはっきりしてきました。
西と東、権力の座に上り詰めた栄華を誇る男と、流罪にされ落ちぶれた自分の子さえ守れない非力な男・・・

このコントラストが、最終章へと向かっていくのです。


来週も楽しみです。黒ハート


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 10:26| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

第31回 「伊豆の流人」

第31回 「伊豆の流人」

1164年の伊豆・蛭ケ小島。

そこに18歳に成長した源義朝の子・頼朝がいました。
清盛によって流罪となった頼朝はここに流されはや5年、家人の藤九郎とともにひっそり写経をして暮らし、地元の豪族・伊東祐親は頼朝を厳しく監視していました。
やはり、頼朝の待遇はあやふやで、清盛の手前、”監視”意外に仲良くなるという選択もなく、厄介者以外の何物でもなかったでしょう。

でも、東に流したことが、やっぱり清盛最大の過ちだったんじゃないかと思いますね。。。

岡田君にすんなりと変わりました。黒ハート
この変わり方は、とっても自然です。
いつも言いますが、八代将軍吉宗の場合は・・・包帯を取ったらいきなり西田敏行さんに変わっていてビックリでしたが。。。あせあせ(飛び散る汗)
最近のは、もっとリアルを追及なのでしょう。


京の清盛は、日宋貿易実現に向け、朝廷での力をのばして港湾の整備、瀬戸内海の開削などに乗り出そうとしていました。
貨幣経済の始まりですね。。。
最近の兎丸、賢くなってきました。
視聴者の”解説”や”疑問”を解りやすく教えてくれる。。。
盛国が、家貞のポジションに着く以上、今までの盛国の立場を兎丸にしたのですね。
でもって、相変わらず、重盛さんはいいところをついていますね。黒ハート


その年の11月、後白河上皇と対立する二条天皇に子が生まれました。
そのため、滋子との子を世継ぎにすることも難しく、頭を痛めた後白河上皇は、何かにすがるように仏教に深く帰依するようになっていきます。


清盛は後白河上皇に1000体の千手観音像を祀る蓮華王院を献上し、上皇様は、”狂喜乱舞黒ハート
嫡男・重盛を公卿にするよう働きかけ、実現させました。
なんだ・・・仲良くなってるじゃん、この二人。黒ハート

おくれをとった重盛の叔父・頼盛・・・閑職に追いやられています。。。
病にふせる母・池禅尼を見舞います。
相変わらずきれいな池禅尼さんです。
こんなに綺麗なのもおかしいですが・・・。私の嫉妬でしょうか???
池禅尼は頼盛の境遇を憂い、また平家の繁栄とはうらはらにむなしい胸中を語りました。


伊豆の伊東祐親は内裏を警固する大番役として京へ上ることとなりました。
家人たちに頼朝の監視を怠らないよう厳しくいいつけます。これとそれが、伏線となるのですね。。。
娘の八重姫には、勤めを終えた後、美しく成長した姿を見るのが楽しみだと優しく声をかけました。

そして・・・出てきました。。。
そのころ頼朝の館には地元の豪族・北条時政が訪れ、自ら育てた野菜を届けるなど親交を深めていました。
野心、隠していますよ・・・。
これから最強の北条一族も、まだまだ一豪族です。。。

そして・・・頼朝のもとへ祐親の家人・伊三郎が八重姫を連れてきました。
姫に京の作法を身につけさせるため、頼朝の教えを請いにきたのです。

そこで出会った頼朝と八重姫は、お互い意識したかのように見つめあいます。。。
駄目ですよ!!八重姫!!揺れるハート
相手は、おじいさんも、お父さんも、たくさん子のいた人ですよ。。。
近づいては・・・失恋

京では後白河上皇が癇癪を起こしていました。
蓮華王院に二条天皇が訪ねてこないためです。
父である自分をないがしろにする天皇の態度に怒っていのでした。

そのころ清盛は重盛を連れて二条天皇に謁見。。。
そこで突然重盛は二条天皇に、父の気持ちを察して蓮華王院へ行くことを勧めます。
二条天皇は不快感を表し立ち去ると、清盛は激しく重盛をしかりつけました。

「私の計画が台無しじゃ〜!!」と!!

賢くなったな・・・清盛・・・。
策謀巡らせているのでしょうか???
まだまだ分かりません。
平家の良心・重盛は、何も知らない方がBestでしょう。揺れるハート

その夜、重盛は妻・経子に。。。
かつて鳥羽法皇と崇徳上皇の仲をとりもとうと力を尽くした清盛の姿を思い出し、今の父は修羅の道を突き進んでいるとしか思えないと話しました。

立場が違うのですよ!!立場が!!
もう、公卿なんだから・・・腹も黒くなっているのです。るんるん

京へのぼった祐親から頼朝の様子などを聞いていた清盛のもとへ、二条天皇が病になったという知らせが入ります。
祐親さん、ドキドキだったのに、ちょっと残念でしょう???

これも、崇徳の怨霊なのに、一つも触れませんね・・・
まだまだ怨霊ですよ!!

急ぎかけつけた清盛に、二条天皇は直ちに譲位の準備をするよう命じました。
後白河上皇の院政が再開されるのを防ぐため、生後間もない順仁親王を即位させようというのです。
そしてまだ乳飲み子の六条天皇が誕生。。。
その後まもなく二条は若くして崩御しました。
23歳ですよ。。。数えでしょうから、私なんかその倍だ。。。たらーっ(汗)



清盛は重盛をともなって祐親ら大番役が警固する内裏を訪れます。
公卿らも次々に弔問に訪れる中、にわかに比叡山の悪僧たちが鐘や太鼓を打ち鳴らしながら押し寄せてきました。
そう、今でこそ平和の象徴の僧も、当時は武装集団、おまけに呪術なんかも使うから、怪しい怪しい・・・
一つ間違えば、非世間の人のようです。。。たらーっ(汗)

彼らを引き連れてきたのは後白河上皇!!
なんと嫌味な!!
蓮華王院に来なかった二条を弔うため、千人の僧を連れてきたのでした。
そして悪僧たちが騒々しく読経を始めます。
やはり、第三部の狂気はこの人ですね。。。後白河上皇です。黒ハート

清盛は読経をやめさせ、我が子の死に向き合えない後白河上皇を赤子同然だと一喝して引き下がらせました。
凄いですね、清盛!!
どちらが”神”か・・・
遂に2人の戦いが・・・直バトルが始まるのでしょうか???

上皇にもひるまず厳しく接する清盛の様は、重盛や祐親たちに強烈な衝撃を与えます。
しかし、後白河上皇は清盛のこうした態度に、底知れぬ野心を感じ取っていました。
そう、外戚として、権威を振るう清盛が見えてくる???
でも、外戚なら上皇派なんだけどな。。。
天皇も幼い今、この状態なら、どう転んでも清盛の世なのよね・・・あせあせ(飛び散る汗)

一方、重盛は修羅の道を進む父を支えようと決意を固めます。
清盛最大のNo,2の誕生です!!
これから父の最大の理解者となる重盛さんです。黒ハート

清盛は大納言に昇任。。。
その喜びに浸る間もなく、清盛たちに池禅尼危篤の報がもたらされました。
かけつけた清盛に、池禅尼は平家の行く末を託します。
さらに頼盛にのみ、平家を絶やさぬように告げて生涯を終えました。
やはり、池禅尼にとっては、どうしても受け入れられない清盛は悪だったようです。

父の祐親は、大納言にまで上り詰めた清盛の恐ろしさを改めて胸にきざんでいました。

「なにか、粗相などすれば、我伊東一族などひとたまりもないわ・・・」

伏線張ってますよ、ふくせん!!
粗相をするのは、かわいい娘です。早く帰らなければ!!


そのころ伊豆では八重姫が頼朝と深い仲になっていました。黒ハート

経営者・平清盛の失敗 [ 山田真哉 ]
経営者・平清盛の失敗 [ 山田真哉 ]
平清盛と平家の女たち [ 榎本秋 ]
平清盛と平家の女たち [ 榎本秋 ]

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート


にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 04:36| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

第30回 「平家納経」

第30回 「平家納経」

今回は、ロンドンオリンピックがあって、なんだか9時からだったようです。
私はいつも6時からのBSをビデオに撮っておくのですが。。。

本放送はエライことになっていたようですね。
9時開始の時間が延びに延びて10時だったとか。。。あせあせ(飛び散る汗)

これも、崇徳院の祟りでしょうか???

でも、私も柔道見てたので、同じ穴のムジナね。。。たらーっ(汗)


1161年、崇徳上皇は配流先の讃岐で静かに悔恨の日々を暮らしていました。
なんだかとっても幸せそうです。
で、なんで三大怨霊???みたいな感じを醸し出していますが・・・
でも間違いなくこの方が、三大怨霊の一人です。



そして、そんな兄をよそに・・・崇徳の弟・後白河上皇は滋子との間に憲仁親王をもうけていました。
とっても子煩悩ないいパパぶりに見えます。

そんな二人を祝うため、清盛の命により、兎丸たちが博多から宋の高価な品々を持って帰ってきました。
清盛は兎丸を遅いと叱りますが、兎丸は文句があるなら博多を都の隣に持ってこいと言い返しました。
これは、誰もがピンとくる、”大輪田泊”の開始ですね。揺れるハート

盤石に見える清盛陣。。。しかし、相変わらず危なっかしい清盛の義弟・時忠は平家の血をひく憲仁を次の帝にしようと画策し、強引に清盛の次男・基盛と弟・教盛を計画に引き込みます。

しかしそのたくらみはすぐに二条天皇に知れ、清盛は帝から厳しく糾弾!!!
怒り心頭じゃ〜!!の清盛は、六波羅に戻るとすぐに三人の官職の返上を命じました。

崇徳上皇は、保元の乱での自らの所業を省み、写経を弟・後白河上皇にります。

しかし、これを呪詛が込められているのではないか・・・と、気味悪がった後白河上皇から受け取りを拒否されます。
送り返されたお経。それもそのはず、五部大乗経の写経は絶大な功カがあるとされ、本職の僧侶でさえ一部でも読破すればお祝ものという難解長大な経典でした。
五部全て写経すれば願うこと適わざることなきと言われた代物だったのです。


おまけに、折悪く息子・重仁親王死去の知らせも届きました。


二重の衝撃を受けた崇徳上皇は、これまでの不遇な人生を振り返るうち、恨みが頂点に達して。。。
ついには日本国の大魔王となると、呪いの言葉を唱え始めました。

「願わくは、大魔王となりて天下を悩乱せん五部大乗経をもって廻向す。
 皇を取って民となし、民を皇となさん。
 人の福をみては禍とし、世の治まるをみては乱をおこさしむ。」

と。。。
さあ、怨霊化が始まりました。

d0017307_2159028[1].jpg

特に、「皇を取って民となし、民を皇となさん」この部分は、後に、源頼朝が幕府を開く=朝廷から武士の政治に移ったことを意味するようになるので、鎌倉幕府の成立に崇徳上皇は手をかしたことになっていますexclamation&question

ここまでやるかというほどの怨霊と化しています。
崇徳上皇、素晴らしい!!


そのころ、平家では基盛が不慮の事故で落命。。。
「え??」って感じに早かったですが。。。この回は、崇徳に譲ってください・・・。
ていっても、基盛が出てくることもないのか。。。あせあせ(飛び散る汗)

嘆き悲しむ清盛たちに西行は、
「実は…基盛殿が、宇治川を渡っておったであろう刻限、高野山におりました拙僧は、確かに見たのです。
 何かもののけ・・・いや、怨念の塊のごときものが、空をゆくのを。。。
 そして、それは確かに、讃岐の方角より現れました。
 拙僧が見たものは、讃岐の院の怨念だったのではないかと・・・。」

え?見たの??
もしかしてこれ?
sutokukuniyosi_2[1].jpg

怖いですね・・・。
みなさん、やっぱりいじめは駄目ですよ!!
怨霊と化すからには、本当に酷いことをされ、きっとそれは、やった本人が解っているから怨霊なんて言って、神として祀ったりするんだから。。。
解っていたならやめたほうが良いのは当たり前よね。


ある日、藤原摂関家の長・藤原忠通は、息子・基実とともに清盛を訪ね、基実を娘婿にしてほしいと頼みます。
この人は、まだ現役だったのですね。風見鶏だったのでしょうか?
摂関家の存続を願う忠通は、かつての誇りを捨て、見下していた武士に力添えを期待します。
そうね、そうだから今まで残ってこれたのでしょう。

なんだかんだと西行の言うことを信じたのでしょう。
清盛はみんなを集め、 一門で経典を嚴島神社に納めることを命じました。
それは、平家繁栄を祈願するためであり、保元・平治の乱で失われた人たちを弔うためでもあったのです。

清盛はこの国最高の技と材料、莫大な財と労力を注ぎ込み、絢爛豪華な三十三巻の経典を完成させました。
そして、平家一門はそれを嚴島の社に納めることにします。

その最中、時忠は帝を呪詛した疑いをかけられ、出雲に流罪となり、これもまた崇徳のせいではないかと時忠はつぶやきました。
そう、都合の悪いことはすべて怨霊のせい。
日本は古く、大国主命の時代から、怨霊信仰です。
それがあったからこそ、欲望のままに突き進むことなく現代まで来たのですから、現代に怨霊信仰の復活があってもいいかもしれません。

清盛はそんなことはないと言い捨て、時忠を送る途中の福原の海を見つめていました。
平家一門と西行は船で安芸へ向かいます。
なんで西行居んの??って感じですが。

その途中、突然海が嵐にあい動揺する一門は、これも崇徳の呪いかと思い、経典を海に沈めて怨念をしずめようとしましたが、清盛は兎丸らになんとしても嚴島へ向かうよう命じます。

そのころ讃岐では崇徳上皇が呪いつづけていました。


必死に船を航行させる兎丸たち、西行はひたすら経を唱えます。
西行の経は逆効果じゃないの???

そして夜明けをむかえると、嵐がやみ、崇徳上皇は朝日に溶けいるように息をひきとったのです。

そう、崇徳の魂は鎮魂したのでしょうか?
いえ、鎮魂せずに、 鎌倉幕府をうちたてたのでしょうか?

本当の上皇は、讃岐の国で幸せに暮らしたようですが、怨霊としたのは、やはり、やましい心を持った都の人だったのでしょう。

かくして清盛は嚴島の社にたどりつきました。
そして納経の儀式が進む中、清盛の脳裏にはある野望が。。。
兎丸が博多を都の隣に持ってこいと言ったこと、清盛が気をとめた福原の海こと。

そして清盛は興奮を抑えきれず言いました。
「博多を都の隣に持ってくるぞ」と。
大輪田の泊ですね。
清盛の新たなる目標が見つかった瞬間でした。

今回は、崇徳上皇様サマな回でしたね。
鳥羽上皇に・崇徳上皇・・・
私の心を埋めてくれる人は、第三部には登場するのでしょうか?
いよいよ第三部が始まります。
まだ、オリンピックもあります。

どちらも頑張れ!!

国宝 平家納経―全三十三巻の美と謎 [単行本] / 小松 茂美 (著); 戎光祥出版 (刊)
国宝 平家納経―全三十三巻の美と謎 [単行本] / 小松 茂美 (著); 戎光祥出版 (刊)
図説 平清盛がよくわかる! 厳島神社と平家納経 (青春新書インテリジェンス) [新書] / 日下 力 (監修); 青春出版社 (刊)
図説 平清盛がよくわかる! 厳島神社と平家納経 (青春新書インテリジェンス) [新書] / 日...

↓ランキングに参加しています。揺れるハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 16:35| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。