2012年10月30日

第41回 「賽の目の行方」

第41回「賽の目の行方」

1176年、平清盛と後白河法皇との関係をとりもってきた建春門院滋子が急死しました。
最近の清盛さんは、今までと違ってかなり”悪”な部分が出てきております。
後白河法皇との関係も、だんだんと・・・亀裂が大きくなってきたようですが、どうなるのでしょう???

今様を歌う後白河法皇は、滋子のことを思い出しておりますが・・・でた!!乙前。。。
今後の後白河さんの心のよりどころになるかもしれませんね。揺れるハート


徳子「きっと、皇子を産みまする・・・!!」

高倉帝「きっと、授かろう・・・。」

と、滋子の代わりに化け物ふたりの架け橋になろうと・・・健気な二人ですね。揺れるハート

今後も後白河法皇との関係を良好に保つため、高倉天皇の中宮となった清盛の娘・徳子が皇子を産むことを願う清盛だが、徳子に懐妊の兆しはありません。
そこへ、不穏な知らせが。。。

後白河法皇が、仏門に入っていた2人の息子(九の宮・十の宮)を都に呼び戻し、高倉天皇の養子にしたというのです。
それは高倉天皇を政治の場から遠ざけるための布石のように清盛は感じました。
清盛は長男・重盛を後白河法皇のもとへさしむけます。

ああ、ここから重盛の板挟みが始まります。。。あせあせ(飛び散る汗)

法皇への忠誠心を訴えるとともに、四男・知盛を蔵人頭にするよう頼みましたが、後白河法皇は受け入れません。バッド(下向き矢印)なんだか、後白河法皇も清盛の企みを見抜いて。。。
「滋子が生きていればのう・・・」と、平家を後押ししてくれる気が無くなったようです。。。


危機感を募らせた清盛は、比叡山の僧・明雲を呼び出し、表向きは千僧供養など・・・
いざというときには力を貸すよう念を押します。

清盛、真っ黒になってきましたよ黒ハート
「法皇様の力を抑えるために・・・!!」

場所は変わって、伊豆では・・・

おや!!政子が小奇麗になっていますよ。
もしかして、黒ハート黒ハートなのかしら???

奢れる平家によって東国武士は虐げられ。。。
年貢の取り立てで人々は困窮しています。


頼朝のことが気になる政子は、頼朝に源氏重代の太刀を見せてくれと懇願していました。

藤九郎「あれは髭切の太刀にござりまする。
    源氏の御曹司に代々伝わるモノ・・・」
頼朝 「いらぬことを申すでない」
政子 「見せて下さりませ!!
    爪切りにござりまする!!」
頼朝 「髭切じゃ!!」

と、吉本新喜劇お決まりのようなコントも挟んでくれています。黒ハート
杏ちゃん上手いなあるんるん

b12102201[1].jpg

その熱意に押された頼朝は太刀を見せ、強き父・義朝の記憶を話し始めました。
天下無双・・・そんな「武士の世を作りたかった」父も清盛に敗れ、

清盛「遠く伊豆より平氏の繁栄を眺めておれ!!」

伊豆に流された自分にはもはや無念さしか残されていないと語ります。

立ち上がれ、ガンダム!!

lrg_20040257[1].jpg

ではなくって・・・

政子「立ち上がれ!!源氏の御曹司!!
   このまま朽ち果ててはなりませぬ!!
   東国武士の為、立ち上がってくださりませ!!」

頼朝「おなごとは気楽な者じゃな・・・
   昨日が今日でも、今日が明日でも、まるで変わらない日々をこの地で過ごす・・・
   平家の繁栄を指をくわえて眺めている・・・さよう定めを与えられておるのだ・・・」

政子「昨日が今日でも、今日が明日でも・・・?
頼朝「さようじゃ・・・」
政子「明日が昨日でも・・?
   おかしなお方じゃ・・・!!
   明日と昨日とは同じにはならぬ!!
   昨日は変えられぬが、明日は変えられる!!」

と訴えますが、頼朝は清盛という男の恐ろしさを語るのでした。

1177年、後白河法皇は千僧供養のため福原を訪ねました。
子供たちも出世させてもらって。。。清盛とのわだかまりは消えたかに思えましたが。。。


後白河法皇「もうここへは来ない」

と清盛に告げます。

清盛はいざという時がきたことを覚悟します。


明雲の命を受けた山法師による強訴が起きます。
訴えの内容は、法皇の側近・西光の2人の息子を流罪にせよというもの。。。
加賀守目代である息子・師経が加賀にある比叡山の末寺ともめた際、焼き打ちにしたからです。

まあ、焼き打ちは駄目よね・・・。比叡山が立ち上がったのです。


後白河法皇は重盛に強訴鎮圧を命じます。西光なんかは、お願いしています。揺れるハート
重盛は即座に兵を内裏に配置。さすが、聡明でするんるん
清盛と比叡山との良好関係にも配慮し、あくまでおどしをかけるだけにしろと命じます。
「軍勢を見せつけるだけにしろ!!」と、重盛さんカッコよく言いましたが・・・

しかし、兵たちは強訴の集団と衝突する中で、神聖な神輿に矢を射てしまいました。

内裏には矢が刺さった神輿が。。。
作戦失敗です。重盛さん・・・あせあせ(飛び散る汗)

平家の猛々しさに怖れるお公家さんです。
神罰が下ると恐れる公卿たち。。。
この人たち、ほんと、いい味出しています。揺れるハート
毎回、楽しませてくれるんですよね。るんるん


比叡山の要求どおり西光の息子たちを流罪とする決定を下しました。
そして・・・おや・・・成親の元へ、源氏の関係者がやってきましたよ・・・。

重盛は福原の清盛の元へ行き謝罪しましたが、清盛は逆によくやったと重盛をほめます。
そもそも一連の事件は清盛が明雲と仕組んだもの。。。
西光の息子を流罪にして西光の力を削ぎ、西光が仕える後白河法皇の力を削ぐという企てだったのです。
でも、そうさせたのも、後白河法皇も解っていますよ揺れるハート
それでこそ「強敵(とも)揺れるハート

清盛の王家に対する忠誠心を疑問に思う重盛は、清盛に真意を問うと、賽の目は変わるものだとはぐらかすのです。

img_488829_13785028_1[1].jpg


でも、きっと、マジメな重盛にはチンプンカンプンです失恋

そして・・・見抜いている後白河法皇は、側近の西光や成親ともども平家に対する憎悪を深めていました。


この事件はすぐに伊豆にも伝わり、改めて平家の恐ろしさを感じた北条時政。。。
政子を呼び出し、平家にゆかりのある家に嫁ぐことをすすめます。

そして京の鞍馬寺でも・・・。
遮那王は僧になるのをためらっていました。
かつて五条大橋で武蔵坊弁慶と出会った際、自分が源義朝の子であることを知ったからです。

う〜ん・・・遮那王を取り上げたのは弁慶なの???

平家を倒そうという弁慶の誘いをその時は断った遮那王でしたが・・・いつまでも心に引っかかっていました。

笙の笛を吹きながら・・・何を思う???頼朝!!

誰もが清盛の力の前に屈するしかなかった。。。
しかし平家への不満は募る一方。。。!!

そんななか、京の鹿ヶ谷にある山荘には平家を憎悪する人々が集まっていました。
その中には西光や成親、そして後白河法皇の姿もあったのです。

法皇「機は熟した・・・!!
   これより我ら・・・平家を討つ!!」
そう、鹿ケ谷の陰謀ですね黒ハート

なんだか、いきなり鹿ケ谷っぽいですが、やっぱり貨幣経済についていけない、土地に縛られていた武士達。。。平家だけが恩恵を受けている時代に、不満大爆発!!です。黒ハート

最後の山場に・・・佳境に入ってきましたね。黒ハート
私のお気に入り、重盛さんがどんどん壊れていきます・・・あせあせ(飛び散る汗)
頑張って!!!

平重盛〜平家滅亡のキーパーソン〜はこちら

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 12:24| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

第40回 「はかなき歌」

第40回「はかなき歌」

001_20121014032942[1].jpg

滋子・・・後白河法皇が唯一愛した女性???
う〜ん・・・なんだかそこは、怪しいような気もしますが、身分の低さのために女御にはなれませんでしたが、後白河院の寵愛は他の妃とは比較にならなかったのは事実のようです。黒ハート


1174年、大輪田泊はついに完成し、清盛が長年夢みていた宋との貿易が始められました。
貨幣経済を推し進めようと奮闘しています。るんるん
「貨幣が使い勝手が良いと、西光に賄賂渡してますよ。。。あせあせ(飛び散る汗)


一門のさらなる発展をめざす清盛は、後白河法皇と建春門院滋子を嚴島神社に招きます。
厳島明神は観音様で、子宝祈願にも良いそうです。黒ハート

itsukushima[1].jpg

この後白河法皇の参詣で、平家の氏神だけではなく、国の神となった瞬間でした。。。
って、言ってますが、天皇が”現人神”じゃないの???
だから、国の神って天皇なんじゃ・・・?

bigitukushimajinjatop[1].jpg

嚴島神社のように横へ横へと広がること・・・それが清盛の目指す世の姿だそうで。
またもや宋銭をアピールしております。
平家一門は、法皇をお支えすると言ってますが・・・対立しないの???
対立するからこそ、重盛は間にはさまれて”精神崩壊”していくんじゃないの???
なんて思いながら。。。
ほんと、厳島神社綺麗ですね黒ハート
外国みたいなウォーターフロントしなくっても、これが世界遺産なんだから日本で良いのにね。
そう思うと、清盛って凄い!!



伊豆では、かつて源義朝につかえた上総常澄が大番役の務めの疲れか、急死。
京と伊豆の往復は、ほんとに体に堪えるようですたらーっ(汗)

北条時政の館に集まった東国の武士たちは、諸悪の根源は平家にあると不満を募らせています。

「まことこのままでよいのでございますか」

頼朝にぶしつけな政子。

政子は思わず源氏重代の太刀を転がしてしまいましたが・・それを直そうとすると。。。

「太刀にふれるな!!」

頼朝の秘めた武士の魂が目覚め始めていました黒ハート

平家は踊っております。公家化が激しくなってきましたね。。。
おごって、おごって、奢りたかぶっております。。。

弓を引いて、鍛錬を支持する伊藤忠清ですが・・・
みんなは武の鍛錬だけでは駄目なようで・・・
私の好きな忠清さん、悲しそうです。
そりゃあ、ほんとは、武なんてダメな方が良いんですけどね。あせあせ(飛び散る汗)

福原で宋銭を用いた取り引きを目の当たりにして、西光も珍しく協力的黒ハート

ある日、西光は信西がかつて復興させた相撲節会を行うため、清盛に協力を求めます。
が・・・宋との取り引きにまい進する清盛は、

「宮中行事などにうつつを抜かしている場合ではない・・・。」と、一蹴。

今様の歌集「梁塵秘抄」の編さんに取り組んでいた後白河法皇は、世に役立つものではないが心を慰めてくれる、そんな歌を残したいと滋子に漏らします。
法皇様にも不安はあったのですね。

滋子はそれこそが後白河法皇の目指す世であり、その世がつづくことが自分の望みだと勇気づけました。

img_1196848_36506773_1[1].jpg

怒りを募らせた西光は日頃そりが合わない義弟の成親とも、「平家憎し」で結託していきます。

そんな平家の敵対勢力をとりなすのは、清盛の義妹でもある滋子。
大人になったなあ・・・滋子。
やっぱり美力・財力だけでは駄目よね。
実力もともなっていなければこその法皇様の寵愛なのでしょう。黒ハート

1176年春、後白河法皇の五十歳の宴が盛大に催され、平家一門も祝いの楽や舞などを献上しました。
歌や楽、舞が何日も続いたそうで・・・
公卿となった平家が、後白河院を支えている・・・そんな図式がはっきりと表れてきました。

その蜜月関係を支えていたのが滋子だったのです。
「これより先も、共にのぼろうぞ、誰も見たことがない高みへ」

「この上なき誉にて」


だった、法皇と清盛なのに。。。

しかし7月、滋子は病のため35歳の若さで亡くなってしまいました。
ああ、足元から、っていうより、てっぺんから平家が崩れていっています。。。あせあせ(飛び散る汗)

その死を重く受け止める平家一門。

清盛は滋子の死が朝廷のあり方を大きく変えることを予想していますが。。。
それって、平家のあり方でしょう???
でも、自らの道は変えないと決意を盛国に告げ、弔い合戦するそうですよ。黒ハート
誰と?って、朝廷と。黒ハート

建春門院滋子の死という賽の目が、清盛と後白河法皇の双六遊びの行方を大きく変えることになっていきます。


ああ、なんだか小難しいですね。
もっと、源氏との対立も書いて欲しかったのですが。。。
それは、また次の週ということで黒ハート

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 10:17| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

第39回「兎丸無念!!」

1171年12月。遮那王は京・五条大橋の上で、弁慶と鉢合わせしました。

1.京の五条の橋の上 大のおとこの弁慶は 長い薙刀ふりあげて 牛若めがけて切りかかる
2.牛若丸は飛び退いて 持った扇を投げつけて 来い来い来いと欄干の 上へあがって手を叩く
3.前やうしろや左右 ここと思えば またあちら 燕のような早業に 鬼の弁慶あやまった

って、これ尋常小学校の唱歌だったんですね・・・。あせあせ(飛び散る汗)
子供のころ、よく歌っていました。たらーっ(汗)

d0017307_21411333[1].jpg

遮那王を、平家の密偵・禿だと勘違いした弁慶は容赦なく斬りかかっています。失恋
だめよ、だめよ、弁慶!!

って思っていたら、やってきましたよ。
本当の禿・・・本当に不気味な・・・良い感じが出ています。揺れるハート

無言で去って行った禿・・・そして、
たくみにかわす遮那王との攻防の末・・・
弁慶の泣きどころを叩かれてのたうちまわっております。
面白いるんるん

良い感じで漫才をやっているのは、今後の2人の息のピッタリさを表現しているの???
で・・・もしかしてこの弁慶口を滑らすの???
父が誰かを!?

でも、弁慶に関しては、和歌山人の私としては田辺の出身であってほしいので、この京の五条の橋の上が初対面なのが良いな・・・揺れるハート 

福原では万灯会が行われています。
なんと、西行、いきなりの登場です。相変わらず歌なんかを詠んでいます・・・。
この万灯会も、「平家にあらずんば人にあらず」ですね。

大輪田の泊の普請は、着々と進んでいるようです。
万事うまくいっているかのようでした。

が・・・
時忠が、禿を使って、平家に仇なすものを取り締まっております。

「ぎゃ〜!!」の、恐怖政治です。あせあせ(飛び散る汗)

「平家にあらずんば人にあらず」

藤原摂関兄弟も、なすすべなし???
なんだかこの兄弟も愚痴すら言えなくなったようです。だって、縁の下で聞いている禿・・・恐ろしい!!!
って、忍者???


兎丸は、なかなかいい仕事をしているようですが・・・

「お前が悔い改めたちゅうのは、禿のことか。
 あれで、ええとおもってるんか。」と清盛に意見します。

清盛「思うておる。禿を放ってから平家に文句を言う者がおらぬようになった。」

兎丸「あんな小さな子供にそんなことさせて・・・まっとうになると思てるんか!?」
と、言い返しましたが・・・
それを黙認し続ける清盛に不満を募らせ、禿を野放しにすれば、痛い目を見るぞと、清盛に苦言を呈しています。

img_1042864_31106909_2[1].jpg

自分もそうだったと思い返しているのでしょうか???

そう、海賊だった兎丸のほうが当たり前の事言ってますよ。あせあせ(飛び散る汗)

けれど、兎丸の言葉とは裏腹に・・・
平家はますます隆盛を極めていきます・・・。たらーっ(汗)

西行は、その後京の時子を訪ねます。

時子の言葉・・・
「福原の殿に仰せつかっております。歌や舞に親しみ、贅を尽くして宴をたのしむことも、公卿たる我が一門のたしなみと・・・」


公卿化してきている平家の変化に気づきます。
なんだか怪しい・・・

やがて清盛のもとに、宋からの贈り物が・・・
そして、宋の皇帝の名代とも言える宋・明州の長官が、3か月後に福原を訪れるという知らせが舞い込みます。清盛は、それまでに泊の改修を完了せよと兎丸に命じます。
早くても完成に半年はかかると見立てていた兎丸は・・・反発するが清盛の意志は変わりません。

「この国の頂点に立つのは、この清盛であることを!!」

清盛も、ちょっと勘違いしてきたようです・・・。あせあせ(飛び散る汗)


兎丸たちは何とか間に合わせようとしますが・・・けが人が続出してしまいます。それでも現場の声に耳を貸さない清盛に、兎丸はいよいよ爆発exclamation×2

清盛に殴りかかる兎丸です!!

「お前のやってることは悪や!!
 悪と悪がひっくり返ってもまた悪がてっぺんに来るだけや!
 平家の餠なんかついてられるか!!

 お前の国づくりは、盗賊が物を盗むのと同じや!!」

自らの利を追求しているだけだと清盛を責め、仲間とともに京に帰ってしまいました。
出てきたときはなんじゃこりゃと、思っていました・・・がいい味出してる!!兎丸!!

そして、寂しそうにつぶやく清盛・・・
「誰にもわからぬ・・・」と。。。
なんだか、何も相談しないで決行する信長様みたいです。
やはり、同じ帝王???


「けったくそわるい!!」と、今も良く使われる大阪弁で怒っております、兎丸。
五条大橋の下で仲間たちと酒を飲んでいます。
妻の桃李は仕事を続けるように説得しますが・・・

平家をののしりながら酒を飲みつづけ・・・一人になった兎丸の前に禿があらわれました。
そう、お題の通り・・・。
悪事をやめるように説得する兎丸に禿は襲いかかります。

あかい羽で・・・ブスッと
禿たちに囲まれてしまいました兎丸・・・
ついに・・・ああ・・・兎丸無念!!

39_009[1].jpg


行方不明になったという兎丸・・・

探しにきた清盛は、すでに息絶えていた兎丸を発見しました。
が、時すでに遅し。。。

そこには禿の仕業だとわかる赤い羽根が無数に残されていました。

悲しみにくれる平家一門の前で、兎丸の葬儀を盛大におこなうよう命じた清盛の目に禿たちの姿が・・・。

清盛を尊敬のまなざしで見つめる彼らには罪の意識はまったく感じられません。
そう、きっとこれこそが兎丸の言っていた不幸であり悲劇なのかもしれません。

清盛は自らの行いを悔い、時忠に禿を始末するよう命じました。

ほんと、禿もいい迷惑です。。。

権力を思いのままにあやつる非情な清盛が出てきましたね。

盛国「どれだけ欲しても兎丸は戻りませぬ。それでも進みまするか。。。この修羅の道を・・・!
   殿のお心の中にだけある国に向かって進み続ける覚悟がおありになりますか。」

清盛が首肯すると・・・

盛国「ならば盛国も共に命を賭して殿に食らいつき・・・この修羅の道を共に参りまする・・・!!」

そこには涙ぐむ清盛の姿がありました。

流石、忠臣!!
これこそ一蓮托生!!


亡き兎丸への思いや、自らが進む修羅の道を反省していた清盛は、難航する工事への対処として、海に経文を書いた石を沈めることを思いつき・・・経文とともに兎丸の志も海に沈め、新しい泊の礎にしたいと考えたのでした。

本当に、信心深かったようで・・・
一族の為にたくさん信仰していた跡がのこていますよね。

そして・・それは人柱という無慈悲な風習を避けることでもありました。
清盛や兎丸の家族や部下たちの目の前で、経文を書いた大量の石を積んだ船が海に沈んでいきました。

やがて清盛は一年をかけて大輪田の泊を完成させ、宋国の使者を迎えることができたました。
やっぱり3か月ではできなかったのね。。。
それは、兎丸が死んだから遅れたのか、やっぱり1年かかるものだったのか・・・

好きだったんです、兎丸。
私も無念です!!
源氏も活動し始めました。。。終息に向かってきていますね。
今回は出てきませんでしたが、重盛も病んできていますしね・・・どうなるのでしょうか??

え?!
日本国民はみんなしってる?!あせあせ(飛び散る汗)

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 12:48| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。