2012年06月15日

古代ミステリー・邪馬台国の魔力に迫る。A

昨日の続きです。るんるん

研究最前線 邪馬台国 いま、何が、どこまで言えるのか (朝日選書) [単行本] / 石野博信, 高島忠平, 西谷 正, 吉村武彦 (編集); 朝日新聞出版 (刊)
研究最前線 邪馬台国 いま、何が、どこまで言えるのか (朝日選書) [単行本] / 石野博信,...


この邪馬台国、三国志の執筆者陳寿にとっては、重要な意味を持つ国でした。
だから、記録に残ったのです。

「三国志」と「邪馬台国」の関係とは???
「魏志倭人伝」は、魏呉蜀の戦乱を書いた「三国志」の一章です。

魏が、外交関係を持っていた倭国の記録です。
魏の立場に立って考えると・・・

三つの国が、激しい戦いを繰り広げていました。
魏としては、蜀と呉に対して、その背後に味方になる国を探していました。

そんな時に、海を渡り、卑弥呼の使者が魏の都・洛陽へ・・・

これを喜んで、「親魏倭王」として「金印」を授けたのです。

中国の皇帝は、周辺国の支配者を王と認め、金印を授けて味方につけていました。
この「金」印は、破格の扱いで、卑弥呼・・・邪馬台国は、重要視されていました。

同じように金印を受け取った国、「クシャーナ朝」は、蜀のはるか東・・・
ライバル蜀の後ろにあり、蜀の牽制を・・・同じ役割を、邪馬台国に期待したのです。

宿敵・呉を牽制するために・・・
呉を挟み撃ちに出来る場所にあると思い込んでいた可能性があるのです。
”呉の背後に邪馬台国がある!!”という希望が、事実とは異なる記述になった可能性があります。
だから、現実とかけ離れてしまったとか・・・。

三国志は、正史と言いますが、「正統性を示すための歴史書」ということを、考えなくてはなりません。
中国の天子は、天下を支配している。遠くから民族が来るほど徳が高いのです。

背後が重要・・・呉と戦うとき、「赤壁の戦い」で魏は水上戦に敗北、魏は騎兵隊なので、水に弱いのです。
南の水上に、味方の国があってほしい・・・

魏らしい中華思想に基づいて、周辺諸国を支配していたのかもしれません。

おまけに、邪馬台国は、不思議な国だったようです。
中国にいない”女王”・・・

当時の世界観を知ったうえで、「魏志倭人伝」を読むと解るかもしれません。

考古学的には、沈黙している物証をどう語らせるか!!文献を物証でひっくり返せるか???

邪馬台国は近畿?それとも九州?その出土品から見ると。。。
これが発掘されれば卑弥呼がいた場所を確定する”決めて”は・・・

@金印
A装封・・・重要な贈り物が、勝手に開けられないようにした泥の封のこと。

この二つは、まだ発見されていません。

有力な出土品としては・・・

九州では。。。
壱岐島で・・・原の辻遺跡
鉄の延べ棒が、発見されています。
これは、鉄の素材として持ち込まれたもので、それまでは青銅を使っていました。
ここは、大陸と日本を結ぶ、重要な場所だったのです。

鉄から剣・矢じりを作り。。。出土も九州が圧倒的です。
そこからは、九州が先進文化の中心地だったことが解ります。


近畿では。。。
奈良県天理市にある黒塚古墳から・・・1997年に34枚という大量の銅鏡が発見されました。
一か所からの発見では最多。
三角縁神獣鏡です。
鏡を使って宗教的な儀礼が行われていたと思われます。

「魏志倭人伝」には・・・
「景初三年魏は卑弥呼に銅鏡百枚を贈った」とあります。
「卑弥呼に、我々魏と国交を結んだことを国中の人に知らしめるよう申し伝えた」
このことから、卑弥呼は、魏から送られた銅鏡を日本中に配布したと考えられます。
近畿で銅鏡が多いのは、邪馬台国が近畿にあったかあら・・・?


しかし、この三角縁神獣鏡は、中国からは出土していません。
本当に中国せいなのでしょうか???
その鏡を作ったであろう遺跡も、中国・日本ともに発見されていません。


博多遺跡では。。。
朝鮮半島から鉄の陸揚げをし、加工していた場所が発見されました。
近畿の人は、鉄を買いに来ていたようです。
つまり、この当時すでに行き来があったようで、緩やかな連合であったようです。


「金印」については・・・
金印は、普通死後、中国に返却していたようですが・・・模造品は作っておいてあることもあります。
つまり、本物か、レプリカ、どちらかが出てくる可能性があります。


ここで・・・
日本の歴史の始まりを大きく左右する二大遺跡が発見されます。

日本の原点・・・

1989年 吉野ケ里遺跡
この遺跡の姿は、魏志倭人伝の邪馬台国を彷彿させるものでした。
楼観、城柵を厳かに設け、常に兵士が守っている・・・
 
おまけに、集合全体を覆う環濠が、南北1キロにわたり広がっていました。
これは3世紀では、日本最大級です。
堅い防御が必要な場所だったのです。

「倭国大乱」の時代。
この戦いの後、ひとりの女を立てて王とした。
名を卑弥呼という。

吉野ケ里こそ邪馬台国である!!
九州にあった!!
加熱したマスコミ報道がありました。

考古学的には、九州北部で数百年続いた文化圏があったことは確かです。
BC6世紀ごろから古墳時代まで、連綿と続く継続した珍しい集落・・・という貴重な遺跡でした。   

2009年、卑弥呼の宮殿??が、発見されました。
古代都市遺跡・・・奈良県桜井市にある纏向遺跡です。
ここは、ヤマト王権発祥の地です。

南北19.2m、東西12.4m。
当時の日本で最大の面積を誇るものです。
出土したのは、巨大な館の跡でした。

掘り進むにつれて、4つの建物が発見されました。
東西一直線に建てられていました。
日本最古の方位を意識した建物群でした。
”都市整備”という、中国や朝鮮半島から入ってきた思想が導入されています。

出土した土器は様々で、日本各地で焼かれて、持ち込まれたものです。
纏向は、列島各地のリーダーが集い、大陸の影響下で、計画的に築いた都市でした。

この2つの遺跡。。。

その発掘がもたらしたものは・・・
日本の始まりの姿です。

3世紀には、九州にも文化圏があり、近畿でも計画都市が作られ、この近畿がヤマト王権⇒飛鳥⇒奈良・・・と、続いていくのです。

日本の空白部分が埋まってきました。

しかし、邪馬台国はどこにあるのでしょうか???

弥生時代には、九州が大陸の文化を取り入れる玄関口でした。

BC6世紀・・・・・・筑紫時代(九州中心)
3世紀〜19世紀・・・ヤマト時代
現在・・・・・・・・アズマ時代

に分けられます。
が・・・

九州は、経済的な中心。
近畿は、政治的な中心。

と、思われます。

内容性質の異なる中心が並び立っている時代だと思われます。

日本人の”原始的なところ”を掘り当てる、隣国から文化を学んで”クニ”から”国”へ変化していく時代だったことは間違いありません。

金印が見つかっても、その場所が邪馬台国だとは限りません。。。

邪馬台国は・・・99%謎のままなのではないでしょうか???
その方が、魅力的なのかも???

邪馬台国論争と古代天皇の年代
邪馬台国論争と古代天皇の年代
↓ランキングに参加しています。揺れるハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 14:08| Comment(0) | BS歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

古代ミステリー・邪馬台国の魔力に迫る

日本古代史最大のミステリー・・・

3世紀、女王・卑弥呼が君臨した邪馬台国はどこにあったのでしょうか?

謎の始まりは、中国の歴史書「魏志倭人伝」・・・
そこに記された邪馬台国の場所を巡って、論争が続いています。

最も有力なのが、近畿と九州。
この論争は、江戸時代から300年に渡る国民的ミステリーです。
それぞれを裏付ける物証が、いろいろと発見されています。

近年、その論争に拍車をかけたのが、吉野ケ里と纏向遺跡・・・。
そこから明らかになる日本人の原点とは???

邪馬台国はどこにあったのか???
そもそもの発端は、中国の歴史書「魏志倭人伝」
そこに書かれている文字が、論争を引き起こしました。

『郡より倭に至るには、海岸にしたがいて水行し、韓国をへて、乍は南し乍は東し、その北岸狗邪韓国に到る。七千余里。はじめて一海を度る。千余里。対海国に至る。また南一海を渡る。千余里。名を瀚海という。一大国に至る。また一海を渡る千余里、末廬国に至る。東南、陸行五百里にして、伊都国に到る。東南、奴国に至るには百里。東行、不弥国に至るには百里。南、投馬国に至るには水行二十日。南、邪馬壱国に至る、女王の都する所なり。水行十日陸行一月。女王国より以北、その戸数・道里は略載し得べきも、その余の旁国は遠絶にして詳かにするを得ず。...............これ女王の境界の尽くる所なり。その南に狗奴国あり、男子を王となす。女王に属せず。郡より女王国に至るには万二千余里。』

この通りに南に進むと、はるか南の海となります。
これが謎の始まりでした。

江戸時代の半ば、忠臣蔵の頃です。
新井白石が魏志倭人伝を読み解いたのがきっかけです。
白石は、方位と距離を無視し、一支国は壱岐、末廬は松浦半島、伊都国は怡土、奴国は那珂、不与国は宇美・・・と、九州の地名をあてはめます。

この方法でたどり着いた邪馬台国は・・・
「邪馬台国と唱えしは、今の大和の国と言いしなり。」
これが畿内説の始まりでした。

しかし、後年、白石はもう一つ「やまと」という発音を見つけてしまいました。
それは、九州、福岡県の山門です。
そして、九州説も立ち上げました。

2つにスポットを当てて、以後300年間、様々な推理を繰り広げ、論争が始まります。
明治・・・近代化の時代、論争は、学者の間で本格化。

明治43年東大・京大の学者が、真向から対立します。

東大の白鳥庫吉は、
「南に水行十日、陸行一月」
が、書き間違いで、陸行が一日では?と考えました。
そして、邪馬台国は九州にあり!!

反論したのは、ライバルの京都大学の内藤湖南。
南が書き間違いで、東では?
瀬戸内を渡り、近畿にありとしました。

日数か、方位か?
学会を巻き込んだ大論争となりました。

そして戦後は。。。
邪馬台国は、一大国民ミステリーに。。。
そのきっかけは、松本清張。
推理小説の題材となりました。
邪馬台国 清張通史(1) (講談社文庫―清張通史) [文庫] / 松本 清張 (著); 講談社 (刊)
邪馬台国 清張通史(1) (講談社文庫―清張通史) [文庫] / 松本 清張 (著); 講談社...

もう一つは、50万部の大ベストセラー
長崎県の盲目の郷土歴史家・宮崎康平の「まぼろしの邪馬台国」です。
邪馬台国を自らの故郷・島原と推理。
自らの足で歩いて探す・・・これは、現場を歩くことの楽しさを、一般の人に教えました。
まぼろしの邪馬台国 第1部
まぼろしの邪馬台国 第1部

まぼろしの邪馬台国 特別限定版(仮) [DVD] / 吉永小百合, 竹中直人, 窪塚洋介, 風間トオル, 平田満 (出演); 堤幸彦 (監督)
まぼろしの邪馬台国 特別限定版(仮) [DVD] / 吉永小百合, 竹中直人, 窪塚洋介, 風...

全国各地で邪馬台国がブームとなります。

邪馬台国は、300年も人々を楽しませてくれる最大のミステリーです。
どうして人が惹きつけられるのか???

@人間は、もうひと押しで解ける謎に惹きつけられる。
A卑弥呼が女性だった。
B自分の国のルーツだから。
 究極の自分探しなのでは?
C「魏志倭人伝」は、三国志のごく一部しかない・・・。

時代としては、弥生時代と古墳時代の境界です。
弥生時代は地域の割拠状態でしたが、古墳時代は奈良に大きな前方後円墳、地方にも前方後円墳が出来て、政治的な統合が生じました。

小さな村々から大きな国が出来たのです。

そんな空白の3世紀です。

時間が無くなってしまいました。

続きはまたあした。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
ラベル:邪馬台国
posted by ちゃーちゃん at 18:19| Comment(0) | BS歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

夢と野望のクリエーターA 「井原西鶴 好色と笑いのベストセラー作家」

時は元禄、バブル景気が勃興しました。

好色一代男 (中公文庫) [文庫] / 吉行 淳之介 (翻訳); 中央公論新社 (刊)好色一代男 (中公文庫) [文庫] / 吉行 淳之介 (翻訳); 中央公論新社 (刊)
この時、文学史上空前の「好色一代男」が誕生します。
生涯で4000人以上の男を愛した世の介、男たちの夢と野望にみちたそのストーリーは、大名も隠れて読んだとか・・・まさに、日本初のベストセラーでした。

作家は、大坂商人と言われる井原西鶴。
41歳で刊行した「好色一代男」を皮切りに、10年間で30近くの作品を発表します。
これらの作品は、浮世草子と呼ばれ、大人気を博しました。

まだ大衆小説がなかった時代、どのようにしてベストセラー作家となったのか?
謎の男・西鶴・・・その秘密を探ります。


日本初のベストセラー小説、「好色一代男」は1682年に発表されました。
主人公・世之介、この世之介、生涯で、女性3742人、男性725人と戯れた男です。
世之助の7歳から60歳までを54話に編成してあります。
その破天荒な愛の遍歴は3つに分かれます。

第一期は・・・7歳から18歳までの若き日の恋。
多くの人が、ちょっとやってみたいのぞきとか、膝枕。。。
そんなエピソードを、親しみやすい読者と同じ目線で書いてあります。

第二期は・・・19歳から33歳までの諸国漫遊。
19歳の時、あまりの好色ぶりに親に勘当されてしまいます。
そこで・・・自由気ままに日本を放浪。
様々な経験をします。

この諸国漫遊は、農民は田んぼに、商人も武士も縛り付けられて旅の自由がありませんでした。
だから、ガイドブック的に興味を持たれたそうです。

第三期・・・34歳から60歳までの遊女図鑑。
34歳の時、父の遺産、現在にして500億円を相続。
これをすべて色ごとに使い果たそうとします。

そこには実在の遊女、吉野太夫も登場します。
様々な男女とのスキャンダラスな生活を繰り広げられます。
ドキュメンタリータッチに実際にあったこともストーリーに加えました。

この当時、貸本屋も出来ていたので、庶民も読めるようになって・・・
次々と浮世草子を発表していくことになります。


この魅力は・・・
日本は封建制が長く、家を中心に生きてきました。
しかし、この好色一代男の主人公・世之介は、家の義務を果たさない、子孫を残さないという形で書かれています。
反道徳的というか、封建制度に対する反逆でした。

タブーを破ることで、生き方を教えてくれるという書き方を日本で一番最初にやった作品です。
これまでの文学作品との違いは?
まずは・・
読者層が広かったこと。
啓蒙的ではないということが、商品になったということ。

これまでの時代は、徳川家康が作った江戸・基本は無事泰平でした。
つまり、藩ごとに自給自足をして範囲内で片づけられるようにしたものでした。
ということは、食事は食べられればいい。着るものは頑丈だったらいい。という感じだったのです。

ところが・・・
街道が整備され、船も動く。。。
余裕が出てきた時代が元禄時代でした。
おまけに、武士や公家の読む本はありましたが、庶民の読む本はあまりありませんでした。

この好色一代男が大坂で生まれたのでしょうか?

1615年大坂夏の陣で大坂城落城。
豊臣政権が崩壊し、徳川の世となりました。
大坂城は手を入れること10年間。400万石もの経費が掛かり、大国家プロジェクトとなりました。
町には町人や職人が移住、自らの力で国づくりを始めます。
元禄の頃・・・人口およそ40万人のうち町人の割合90%。
各藩こぞって蔵をつくり、天下の台所と呼ばれるようになります。

日本永代蔵 現代語訳付き/井原西鶴/堀切実【RCPsuper1206】
日本永代蔵 現代語訳付き/井原西鶴/堀切実【RCPsuper1206】


西鶴の「日本永代蔵」には、そんな大坂の繁栄が書かれています。

「淀川にかかる難波橋は
 北浜と天満をつなぎ
 橋から西を見渡せば
 数千軒もの問屋が
 屋根の甍を競ってならび、
 土蔵の白壁は夜明けの雪とも
 見まがうほどである

 商家という商家はいずこも
 それぞれに風を起こし
 暖簾をひるがえす
 繁盛ぶりである」

好景気に沸く大坂。
豪商が誕生します。

そんな豪商の贅を尽くした建築や衣装、調度品が、新しい文化を生み出しました。
商人なので、読み書きそろばんは当たり前。
そんな商人たちに新しい文化の関心が高まります。

そんな人たちが、西鶴の読者となったのです。

この好色一代男の「54章」は、源氏物語の「54帖」に習ったものです。
光源氏の読み始めが7歳、世之介が性に目覚めたのも7歳。
「伊勢物語」の”芥川”もパロディっています。

普通に読んでも面白いが、源氏物語や伊勢物語を知っている人も面白い、複合的な構造になっています。
金銭的な豊かさと、高い教養を身に着けていった町人こそが、読者だったのです。

何故こんなに大坂に物が集まるのでしょうか?
当時の航路の表玄関は、日本海側。
北前船の終点が大坂だったのです。

江戸は10人にひとりが武士、大阪では200人にひとりが武士、おまけにこの武士は台所方が多いので、商人の方が力が強いのです。

おまけに江戸語が出来るのは、18世紀半ば。
だから、言葉の通じない江戸で、ドラマは作れないのだそうです。
大坂では17世紀初頭には、普通の人間が深い自分の気持ちを喋れたそうです。

町人の為の新しい何かを求め始めた大阪商人、そこに俳諧や浮世草子が出てくるのです。

井原西鶴、その人生は、多くの謎に包まれています。
生まれは大坂・・・

1642年商人の家に誕生。
15歳で俳諧を始めて教えるようになります。

形式を重んじる京都の・貞門派、西鶴も所属する大阪の談林派は自由な特徴でした。
西鶴は異端児だったので、オランダ西鶴と呼ばれていました。
これは一種の差別用語・・・しかし、西鶴はこれを自負します。

そんな西鶴に人生の転機が・・・
西鶴34歳の時、9歳年下の妻が3人の子供を残して世を去ります。

その直後、俳諧集「独吟一日千句」
亡くなった妻の為に、一日で千句をよむという異例のことをしました。
妻の追善と独吟が、貴重な体験となりました。
その後剃髪し、商売から身を引いたのです。

1682年「好色一代男」を刊行。
井原西鶴は41歳。どうして、こんな破天荒な物を書いたのか?
悪所・・・それは、遊里や芝居町などの歓楽街のこと。
人々が封建的な身分制度のなかでがんじがらめになっていた時代、唯一違う場所が悪所でした。

お金さえ出せば享楽的に遊べる。。。
しかし、そんな遊里の世界にも、身分制度がありました。
そんな世界を打ち破って、色事を追及していく・・・

この和本のデザインは、とてもこった構成です。
だから、有名ではない版元を使っています。

「好色一代男」のテーマとは?

西鶴の作品から読み取れる人間観。
主体性を持って生きる女性像が初めて出てきた作品です。

封建制そのものに対する反逆で、個の出てきた時代。
世間の目を全く無視した作品で、ルネサンス(人間回帰)。。。
どういう生き方が可能なのかを小説の中で検証しているのです。

1690年49歳の時、筆が突然止まります。
2年間ぷっつりと執筆活動がなくなります。
そして出された作品は。。。

世間胸算用/井原西鶴/金井寅之助/松原秀江【RCPsuper1206】
世間胸算用/井原西鶴/金井寅之助/松原秀江【RCPsuper1206】
「世間胸算用」

町人の悲喜こもごもが書かれています。
哀れさも人間の生である。ということ、常に笑いのある・・・
”哀れにも又おかし”の境地です。

1693年、52歳の生涯を閉じます。

「浮き世の月  
   見過ごしにけり  
         末二年」

日本初のベストセラー作家・井原西鶴・・・
人々に、忘れ去られていきます。
再び脚光を浴びるのは。。。
田山花袋、正宗白鳥たちの近代小説家でした。
そこには、西鶴のリアリズム、人間生活眼がありました。

太宰も西鶴に惹かれ、新釈諸国噺を書いています。

「西鶴は世界で一番偉い作家である
 私のこのような仕事に依って、
 西鶴のその偉さが、
 さらに深く皆に
 信用されるようになったら、
 私の貧しい仕事も
 無意義ではないと思われる。」

元禄という華やかな時代、人間の光と闇、笑いを描こうとした西鶴の物語は、今も魅力的です。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 12:50| Comment(0) | BS歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。