2012年10月25日

脱原発ニッポン・太陽光バブルが到来!?

兵庫県丹波市の山の麓の集落・山王地区。12世帯42人です。
その半数は、60歳以上・・・まさに、過疎化と高齢化が進む町です。

そこに、大型バスがやってきました。
和歌山県田辺市から来た人たちです。

わざわざやってきたのは、太陽光発電の為でした。
「山王自治会太陽光発電所」です。
川沿いの空き地に216枚の太陽光パネルを設置し、発電した電気を地元の電力会社に売っています。
その収入は、年間180万円を見込んでいます。

今年7月に、固定価格買取制度が出来ました。
太陽光発電の場合、1キロワット時あたり42円で電力会社が買ってくれるのです。
この制度を利用すれば、儲けるチャンスもあります。
山王地区では、過疎化によって高額になっていた自治会費6万円が無料となりました。


新たな買い取り制度の導入で、企業もメガソーラーに参入しました。
日本各地にパネルが敷き詰められ行きます。
今、太陽光バブルなのです。

太陽光発電の先進国・ドイツではいま、どうなっているのでしょうか???


2010年度は・・・
原子力・・・・・30.8%
天然ガス・・・・27.2%
石炭・・・・・・23.8%
石油・・・・・・8.3%
水力・・・・・・8.7%
再生可能エネルギー・1.2%
でした。


この1.2%の再生可能エネルギーのうち、
風力・・・・・・0.4%
地熱・・・・・・0.3%
バイオマス・・・0.3%
太陽光・・・・・0.2%
となっています。

野田政権は、2030年までに原子力をゼロにしようとしています。
しかし、天然ガス・石炭・石油は、二酸化炭素が出ること、輸入でコストがかさむということ・・・
で、30%ぐらいは、再生可能えエネルギーで賄おうとしています。

太陽光を固定買取する制度が出来ました。
決まった価格で一定の期間電力会社が42円で買ってくれるというものです。

そして、このメガソーラー計画に、官も民も続々と参入してきています。
群馬県太田市では、メガソーラーの利益は年間4000万円を見込んでいます。
栃木県宇都宮市の藤井産業では・・・
太陽光パネルを設置しています。その設置場所は、ホテル・自動車会社・食品会社・・・太陽光ビジネスに新規参入したい会社です。
自社でも太陽光パネルを設置し、発電事業者となっています。

岡山県瀬戸内市、海沿いの空き地・・・
元々日本一の大塩田。しかし、塩田による塩の製造が禁止されてしまいました。
そんな負の遺産が、争奪戦の対象となっています。
その仕掛け人は、瀬戸内市長。
太陽光パネル100万枚を置こうとしています。
土地を借りようと20社が手を挙げて、7社が決まっているとか・・・。

事業用の場合、42円で始めると20年間、全量固定買取してくれます。
しかし、家庭用太陽光発電の場合、買い取り期間は10年です。
さらに、家庭の場合は自宅で使うのが大前提です。
つまり、余剰電力買取制度なのです。

4キロワットを設置するのに、200万円ぐらいします。
補助制度を使うと・・・
杉並区の場合、国・14万円+東京都・40万円+杉並区・12万=補助金合計66万円です。
つまり、134万円なのです。
4キロワットの太陽光発電で、年間4000キロワットが作られるとして・・・
標準家庭で年間2500キロワット。
家庭が電力会社から買っているのは・・・だいたい1キロワット25円ぐらい。
1年間使った分で6万2500円ぐらい支払わなくていいことになります。
売るのは1500キロワット=6万3000円
つまり、1年間で12万5500円お得。10年で125万5000円なので・・・トントンなのです。あせあせ(飛び散る汗)

この42円・・・誰が負担しているのでしょうか・・・

電気料金の明細には・・・「再エネ発電賦課金等」という内訳が出来ています。
8月分からみんな請求されています。
これが、買い取るためのお金なのです。
一般市民が支払わされているのです。

その金額は、太陽光パネルが普及すれば普及するほど家庭の電気代が上がっていくという仕組みです。
しかし、42円の買取価格も、来年以降毎年見直しするというのです。
その金額は、上がることはないと思われます。


この買い取り制度は、ドイツをお手本としています。
今、ドイツではどうなっているのでしょうか?

北西部にあるカルカールでは・・・

世界一不思議な遊園地があります。「ワンダーランド・カルカール」
入場料の2300円を支払うと、アトラクション乗り放題です。
どこにでもある遊園地???
しかし、そのど真ん中には、原子力発電所の冷却塔が・・・

5d9f3d6f[1].jpg

ここは、以前は高速増殖炉型の原発でしたが、翌年チェルノブイリの原発事故があったことをきっかけに、州政府が運転許可を取り消し、一度も稼働しないまま廃炉となったのです。
しかし、建物はそのままに残してあります。
年間60万人がやってくる人気スポットです。

ドイツは、日本に先駆けて2022年までに原発ゼロを宣言しています。
再生可能エネルギーへの転換を国民は・・・支持しています。


ドイツ北西部にあるフライブルクでは・・・
人口およそ21万人のこの都市は、路面電車が市民の足となっています。
25階建ての高層ビルには、太陽光パネルがびっしりと貼り付けられています。
ゴミ処理場、サッカースタジアム・・・この街では、公共施設のほぼ全てに太陽光発電が設置されています。
公共施設だけではなく、民家にももちろん取り付けています。
それを後押ししたのは・・・固定価格買取制度だったのです。

ドイツでは、家庭用業者用ともに、太陽光発電の場合20年間全量買取です。
設置価格は300万でしたが、買取価格は年間34万円。10年間で元が取れます。

しかし・・・ドイツの太陽光発電の買取制度は完全に失敗しているという人も・・・。
経済の専門家はそう言います。
理由は・・・
@産業育成の失敗。
 メーカーが、価格競争で中国に負けて倒産。。。
 国内最大手でさえも倒産してしまったのです。

A電気代の値上がり。
 太陽光発電で作った電気は電力会社が買い取り、一般消費者へというのですが、電気代に上乗せされることになって・・・
 消費者の負担も高くなってしまうのです。
 その額、毎年1億ユーロ。
 そして、この負担額は、買取制度が終わるまで永遠に続くのです。


太陽光発電を使っていない市民たちの電気代は・・・
去年1年間で5万円ほど。。。
10年前は2万8000円でした。
買取制度が始まってから、2万2000円も高くなってしまったのです。


そんなドイツの発電量内訳は・・・
再生可能エネルギー20.2%
原子力・・・・・・17%
水力・・・・・・・3.8%
石炭・天然ガス・・59%

その再生可能エネルギーの内訳は
風力・・・・・・・8.8%
バイオマス・・・・5.4%
太陽光・・・・・・5.1%
生活ゴミ・・・・・0.9%
なのです。

そして、ドイツでは、太陽光発電の固定価格買取を2016年を上限にやめようということが持ち上がってきています。

辛坊さんは、太陽光発電で経済再生!!を、望んでいます。

太陽光発電を設置するのは、町の工務店。
小さな工務店でも仕事が生まれるからです。
国内のパネルが売れると、国内の産業も活気づきます。
日本経済を動かすのに、個人の金融資金をどう回していくか???

経済が活性化するのは間違いないというのですが。どうでしょう??

未来の太陽光エネルギーの超巨大基地がスペインにあります。
SFのセットのようです。
その名は、”太陽熱発電”。
太陽に光を熱に変えるものです。

e_torre11_0527_001_s[1].jpg

この熱でタービンを回して電気を作るのです。
スペインとアブダビの企業が2億ユーロ投資し、去年稼働しました。
この太陽熱発電は、3万世帯分のエネルギーを生み出します。

再生可能エネルギーの主役となる日が来るのでしょうか???

太陽熱エネルギー革命 (日経プレミアシリーズ) [新書] / 菊池 隆, 堀田 善治 (著); 日本経済新聞出版社 (刊)
太陽熱エネルギー革命 (日経プレミアシリーズ) [新書] / 菊池 隆, 堀田 善治 (著);...
自分で作る太陽光発電 (大人の週末工作) [単行本(ソフトカバー)] / 川村康文 (著); 総合科学出版 (刊)
自分で作る太陽光発電 (大人の週末工作) [単行本(ソフトカバー)] / 川村康文 (著); ...

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 12:17| Comment(0) | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

世界の水を救え!!水技術が世界を潤す

富士山の天然水は、体にいいバナジウムを多く含んでいます。
「コウノウォーター」山中湖の近くの会社です。
ここでは、富士山の天然水をくみ上げて加熱殺菌しています。

関東圏でいいお水、それは、富士山の水で・・・
スーパーバナジウム富士は、12リットル1,575円です。

日本では、おいしい水への関心が高まっています。
それは、日本が水が豊富にある国だから。。。

世界中では水に悩まされっています。
そんな中、日本の水に対する技術に注目が集まっています。


日本人が1日生活するのに使う水は・・・一人当たり296ℓです。
内訳は・・・トイレ28%・風呂24%・炊事23%・洗濯17%・その他8%。。。

国連が定めた1日に必要な水の量は・・・
ひとりあたり最低で50ℓ。
1日10ℓ以下の国は、エチオピア・タンザニア・ウガンダ・モザンビーク・ソマリア・マリ・・・たくさんあります。

地球上に私たちが使える水は・・・
97.5%が、海水です。
なので、淡水は2.5%ですが、氷河や地下にあり・・・河川や湖はそのうち0.01%です。


クリクラでは・・・
ボトルウォーターの宅配をしています。
12ℓで1260円です。

宅配水市場は、年間30%の割合で増えてきています。
大震災を機に拡大し・・・現在クリクラでは、50万件の顧客を持っています。

この水源はどこ???
工場は、東京の町田。
一体どこの水なのでしょう???
なんと、水道水・人工的にミネラルウォーターを作ったものでした。

工場にある“逆浸透膜装置”・・・これがカギを握っていました。

逆浸透膜とは???
それを作っているのは、日東電工。
この膜を使うと、コーヒーでも水にすることが出来ます。
髪の毛の10万分の1以下のろ過膜で、水以外は通しません。
この膜を使って、ろ過しているのです。
1位はダウ・ケミカル32.1%ですが、日東電工28.1%・東レ27.5%・東洋紡7.8%と、日本メーカーがそのシェアの6割を占めています。

日本が世界に誇れる技術です。


アラブ首長国連邦のオイルマネーの都市・ドバイでも・・・

世界最高層ビルのブルジュ・ハリファでは・・・
1日に100万ℓの水を使っています。

この街では・・・最高気温50度にもかかわらず、街中に緑があります。
街には水のパイプラインがひかれていました。

ドバイの水は24時間湯水のように、1日一人当たり500ℓも使っています。
しかし、その国土、約8割が乾ききった砂漠です。
でも、砂漠の下にもパイプラインがひかれていました。


今までは、火力発電の熱を利用してペルシャ湾の海水を、淡水にしていました。
それではたくさんの燃料が必要になるので・・・
日本製の逆浸透膜が人気になってきています。
つまり、海水でも水に変えることが出来るので、蒸発方法からこの方法にシフトしてきています。

今や、世界20か国で海水を淡水化しているのです。

ニッポンの水戦略 [単行本(ソフトカバー)] / 山田 正, 吉村 和就, チーム水・日本 (著); 竹村 公太郎 (監修); 水の安全保障戦略機構 (編集); 東洋経済新報社 (刊)
ニッポンの水戦略 [単行本(ソフトカバー)] / 山田 正, 吉村 和就, チーム水・日本 (...



もともと逆浸透膜は、アメリカで開発されたものです。
ジョン・F・ケネディが、国家プロジェクトとして「海水を真水に変えなさい」と、始まったものでした。


他の使い方としては・・・
コカコーラ・・・世界の国々で作られていますが、どこの水でもおいしくできるように逆浸透膜を使っています。
宇宙では・・・持って行ける水が限られているので、昔は逆浸透膜を使って、尿や汗を再利用していました。

放射性物質も取ることが出来ます。
が、そうするとフィルター自身が高い放射能を持ってしまうので問題となってしまうのです。
最終処分地がないという問題が出てきてしまいます。


水の世界市場は・・・
60兆円と言われています。
逆浸透膜が1200億円、大きな分野は水道分野・50兆円にもなります。

「水道事業」・・・川から取水して、その水をきれいにする・・・家庭に配水し、最後は料金をいただく・・・ということです。

この分野に、日本の未来を大きく変える事業がありました。


世界で最も貧しい国のひとつカンボジアでは・・・
メコン川が流れています。源流は中国、東南アジアの5か国を流れています。
その流域では、インフラが整っていません。川の水が命となっています。
しかし、お世辞にもきれいとは言えません。
汚れた水で、幼い命が失われているのも現実です。


そこで奇跡を起こす日本人がいます。
トラックの荷台に積んでいる機械を使って水をろ過しています。
近くの住民たちが、ボトルを持って集まってきました。

川の茶色い水が、機会を通すと透き通った水に変わりました。
この車で、1時間に2500ℓを浄水することが出来ます。
10ℓ・2円で販売しているそうで、他の途上国にも使おうとしています。


プノンペンの水事情は・・・
きれいな水道水がありました。
もちろんそのまま飲むことが出来ます。
24時間給水の普及率90%以上です。
それは、家だけではなく学校でも・・・

どうして水事情が良いのでしょうか?
プノンペンにある水道公社には、日本人がいました。
北九州市の水道局の人です。


日本が1994年に浄水場を作ったものの・・・
管理できる人がいませんでした。
そこで、2000年から派遣されているそうです。


カンボジアは、1970〜91年の内戦の影響で、人々は劣悪な水道事情に耐えていました。
浄水場を作ったものの、水は茶色かったのです。

そこで・・・
@薬品を加え不純物を沈殿
A表面のきれいな水を取り出す
B砂を使ってろ過

日々のチェックが必要でした。
カンボジアの人は苦手なようでしたが、今は任せています。


“漏水率”は東京都は3%と、世界最小です。
いい配管を使って、定期点検をする必要があります。

ちなみに・・・各国の漏水率は・・・

ニューヨーク10%・サンパウロ38%・上海17%・ロンドン28%・ミラノ10%・デリー53%・バンコク34%・ナイロビ34%と、桁違いです。

東南アジアでは、漏水と同時に水が盗まれるということもあります。

現在、国際貢献として日本は行っていますが・・・ビジネスとしては。。。
<水メジャー>
スエズ・ヴぇオリア・テムズウォーターがあります。

そこに入っていけるのでしょうか?

メコン川流域の人々・・・
ミャンマー6242万人、タイ6426万人、カンボジア1443万人、ラオス656万人、ベトナム8932万人・・・
カンボジアやラオスは、水が原因で5歳以下の乳幼児の死亡率が高いという事実・・・

水を改善することによって、乳幼児の死亡率を下げることが出来るので、日本の技術でメコン川をきれいにして、安全な水を作っていく・・・

水マネジメントにおけるソフトパス・アプローチ (GAIA BOOKS) [単行本] / デイビッド・B・ブルックス, オリバー・M・ブランデス, ステファン・グールマン (著); 吉村和就 (監修); 鈴木理恵 (翻訳); 産調出版 (刊)
水マネジメントにおけるソフトパス・アプローチ (GAIA BOOKS) [単行本] / デイビ...


それは、夢ではありません。

しかし、自治体だけではビジネスにはなりません。
民・官の協力「オールジャパン」として海外進出していくことが必要です。
そのモデルとなるのが東京都「東京水道サービス株式会社」かもしれません。

ターゲットは東南アジア。
3%の漏水率を武器に進出します。


日本の水道技術が世界に羽ばたき始めました。

最新水ビジネスの動向とカラクリがよ~くわかる本―業界人、就職、転職に役立つ情報満載 (How-nual図解入門業界研究) [単行本] / 吉村 和就 (著); 秀和システム (刊)
最新水ビジネスの動向とカラクリがよ~くわかる本―業界人、就職、転職に役立つ情報満載 (How-...

↓ランキングに参加しています。黒ハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 08:19| Comment(0) | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

ユーロ危機とスペインのバブル崩壊

未来世紀ジパング・ユーロ動乱の第3弾です。

今回のナビゲーターは、辛坊治郎さんです。
たかじんのそこまで言って委員会みたい黒ハート

たかじんのそこまで言って委員会 超・国防論|やしきたかじん/辛坊治郎|東宝(株)|送料無料
たかじんのそこまで言って委員会 超・国防論|やしきたかじん/辛坊治郎|東宝(株)|送料無料

ユーロは・・・
ギリシャに端を発した経済危機が、スペインにまで及んでしまいました。
ユーロのうち、財政危機と言われているのが・・・ギリシャ・イタリア・スペイン・ポルトガル・アイルランドです。

財政危機と言われる国は、たくさんの国債を発行していますが、その利回が高ければ高いほど危ない・・・ギリシャの金利は26%、ポルトガルは10.7%、スペインで6.9%です。
その危険水準は、7%と言われています。

ギリシャのほうが、かなりひどいように見えますが・・・
根本的に違うのが、スペインの実質GDPは9571億ユーロ。ギリシャよりもはるかに大きいのです。
この経済が悪くなると・・・ヨーロッパ全体の経済がガタガタになる・・・。
そのために、ユーロが暴落に近い形で安くなってきています。


人口325万人を抱える首都・マドリード。
最近人気のスポットは、スペイン第4の銀行バンキア本社ビル・・・
今年5月190億ユーロ(約1兆9000億円)の緊急援助を要請、スペイン経済危機の象徴になってしまいました。

現在この国の失業率は、24.6%、4人に1人は仕事がありません。
この背景にあるのは、バブルの崩壊です。

99年のユーロ導入を機に、空前のバブル景気となりました。
ピオス村・・・ここも今、話題の村となっています。
10年前は700人だったのが、現在の人口は3800人。
5倍以上に増えています。
その理由は・・・
小さな村に不釣り合いなぐらいの新興住宅・・・
およそ7000戸の住宅を建設し、人口を2万5000人に増やす計画でした。
しかし・・・
空き家が至る所にあります。
バブルの超拡大路線のもと、ハコモノもたくさん作られました。
この村の税収は、120万ユーロ。
プールの建設に100万ユーロ・・・。
さらに浄水設備・・・建設費は、1200万ユーロにもなります。
カルチャーセンター、劇場・・・
借金返済に7058年の村。。。スペインで最も財政が厳しい村になってしまいました。



他にも・・・
シウダ・レアル。
そこに作られたのは、セントラル空港。

240px-Airport_Ciudad_Real_LERL_1[1].jpg

総工費11億ユーロ・・・1760億円です。
超巨大滑走路は、4000mでスペインで2番目の長さです。
2008年12月開港しましたが・・・2012年4月に閉鎖してしまいました。
無人の巨大空港となってしまったのです。

利用客は年間250万人の見通しでしたが、実績は3年間で10万人でした。

なぜ地方自治体がバブルに踊ったのでしょう???
スペインでは、ユーロ導入により金利が大幅に引き下げられたので、より多くの融資が可能になりました。
銀行は民間に融資するだけでなく、地方自治体への投資も積極的に行いました。
その結果地方自治体は、住民受けをするインフラ開発を次々と行っていったのです。


さらに、借金を返済するために・・・
細々とオリーブを栽培していたラスケラ村で大麻を栽培???

合法なのでしょうか???
スペインでは個人使用目的に限り大麻の栽培・所持が合法で、葉の販売は禁止されています。
現在村が抱えている財政赤字は160万ユーロ。
その返済のため土地を貸し出そうとしています。
農地が生み出す経済効果は、オリーブの4倍以上と言われています。
わずか2年で借金返済できます。
村で、大麻栽培の是非を問う住民投票が行われ・・・過半数で可決されました。


スペインの地価の変動は・・・まさに日本のバブルと同じような線を描いています。
そして、2006年新規住宅着工は70万戸以上で、これはヨーロッパ全体の30%に当たります。

マドリードから車で40分、セセーニャ市。
荒涼とした大地に、大きな建物・・・マンション群があります。
2004年に始動した都市計画プロジェクトで、1万3500戸の住宅建設を計画しました。
この開発を手掛けたのは・・・不動産王フランシスコ・エルナンド氏。

売れ行きは・・・
当初は、建設予定図を見せるだけで飛ぶように売れました。
1日に90戸売れることもありました。
投資目的にする人も多かったようです。

しかし、リーマンショックで一変。
マンションを手放す人も増えてきました。
住民の数は、2008年には150人に落ち込みました。
“ゴーストタウン”とまで揶揄されました。

エルナンド氏は、8億ユーロの債務を負うことになり・・・消息不明になりました。
銀行が、物件を差し押さえ・・・
2005年当時23万ユーロだった物件は、11万5000ユーロで、投げ売り状態です。


そして、スペインでは、住宅ローンを払えない人が増えてきています。
パルラ市では。。。
不法占拠されたマンションがありました。
家賃を払っていないのです。
マンションの管理・運営を請け負っていた会社の資金繰りが悪化し、管理者不在になったマンションに勝手に住み始めたのです。
普通の家に住んで、普通の人のように働きたい・・・そう思っていました。


今、スペインは三重苦に悩んでいます。
財政危機・金融危機・不景気です。

銀行の不良債権は、1644億ユーロと言われています。
貸し渋りと貸しはがしが横行してきました。
負のスパイラルに入ってきてしまっています。


スパイラルの元凶、銀行を助ければ、スパイラルから抜け出せるの???
だれが銀行にお金を入れるの???
でも、スペインの赤字は914億ユーロもあり、公的資金の導入がないのです。

そして、スペイン政府がお金を集めようと思っても、ものすごく高い金利を払わないと借金が出来ないというのが現状です。
だから、銀行を助けることが出来ないのです・・・。

失業率24.6%。特に若い人の失業率がとても高く、それはギリシャと似ています。
お金は、欧州中央銀行が一括管理しているので、国の一存で発行できません。。。
だから、独自の金融政策が取れないのです。

自力では、復活できないのでしょうか???


その秘策は・・・2020年のオリンピック開催地となること。東京も立候補しています。
マドリードは開催地決定投票でリオデジャネイロに敗北しています。
3度目の正直を目指しています。

オリンピックによって、32万5000にも及ぶ雇用が生まれます。
誘致に成功すれば、国民が一致団結し、最高のプロジェクトになるでしょう。


一発逆転をかけて・・・
“ユーロベガス”カジノの建設構想も出てきました。
その会社は、あのラスベガス・サンズ社。

候補地は、バルセロナかマドリード。
12のホテル、6つのカジノ、9つの映画館、巨大劇場、3つのゴルフコース・・・
巨大カジノリゾート・・・総事業費210億ドルと莫大です。


マドリードには、年間1000万人の観光客が訪れています。
カジノ建設が実現すれば、倍の観光客を期待できます。


どうして日本は失われた20年になったのか・・・
公的資金の導入が遅れたのです。
日本を研究した結果・・・
一気にお金を入れてしまえば、何とか金融機関が立ち直るのではないか???
ということで、ヨーロッパの国が用意品お金は1000億ユーロ。
これがカンフル剤となって、全体がうまく回る可能性が出てきました。


勝負は9月。
欧州委員会・・・ギリシャの支援を継続するか?
ドイツ・・・欧州安定メカニズムの是非を憲法判断。
ユーロ圏とEBC・・・スペイン国債を買い支えるか?

この9月が山場です。

観光産業を軸に、何とか再生を!!!

本当に再生できるのでしょうか???
とにかく、アメリカやヨーロッパがくしゃみをすると日本は風邪をひきます。

帝国主義がなくなり、社会主義がなくなり・・・資本主義経済ももう駄目なのかなあ・・・

でも、頑張れ!!

日本の恐ろしい真実  財政、年金、医療の破綻は防げるか? [単行本] / 辛坊 治郎 (著); 角川SSコミュニケーションズ (刊)
日本の恐ろしい真実 財政、年金、医療の破綻は防げるか? [単行本] / 辛坊 治郎 (著);...

日本経済の不都合な真実―生き残り7つの提言 [単行本] / 辛坊 治郎, 辛坊 正記 (著); 幻冬舎 (刊)
日本経済の不都合な真実―生き残り7つの提言 [単行本] / 辛坊 治郎, 辛坊 正記 (著);...

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート


にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村
社会・経済 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 17:26| Comment(0) | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。