2012年12月05日

文房具大国 ニッポン  ガラパゴスなのに大ヒット、世界が驚くすごい技術

今回は、辛坊治郎さんです。

世界に類を見ない文房具がたくさんあります。

2009年コクヨが“ハリナックス”を発売。
針なしステープラー(ハリナックス)ハンディ8枚タイプ (SLN-MSH108LB)
針なしステープラー(ハリナックス)ハンディ8枚タイプ (SLN-MSH108LB)

ホッチキスの針のないもので、シュレッダーにかけるのが簡単です。
累計325万台も売れています。

“カドケシ”は、たくさん角のある消しゴム。
KOKUYO ケシ-U750-1 消しゴム[カドケシプチ]鉛筆用ブルー・ホワイト2色セット / コクヨ
KOKUYO ケシ-U750-1 消しゴム[カドケシプチ]鉛筆用ブルー・ホワイト2色セット /...

“風呂単メモ”は、水をこぼしても文字がにじみません。
クツワ 風呂単メモ SC221
クツワ 風呂単メモ SC221

そんな日本の文房具に、外国人は驚嘆しています。

日本の製品は、携帯電話に代表され・・・特化したものも多く、世界では通用しない・・・ガラパゴス化していると言われています。

ガラパゴス諸島は、南米エクアドルから900q沖合の島々です。
絶海の孤島軍なので、それぞれの動物が、独自の進化をしてきました。

チャールズ・ダーウィンは、このガラパゴス諸島で生態を観察し、進化論を発表しました。
その場所の環境や状況に合わせて進化したものに“ガラパゴス”という言葉が使われます。

主に日本では、“日本ではすごく普及しているのに、海外ではそれほどではないもの”を意味します。
具体的には、携帯電話・温水洗浄便座・カーナビ・軽自動車・・・

でも、文房具はそんな心配は無用です。

フランスで流行っているのは・・・パイロットの“フリクションボール”。
フリクションボール ノック 0.5mm 10色セット LFBK230EF10C / パイロット
フリクションボール ノック 0.5mm 10色セット LFBK230EF10C / パイロット

「消せるボールペン」です。
子供たちが流行らせいました。
2006年にフランスで発売、累計販売数は6000万本に上ります。
このペンがフランスで受けた理由は・・・
フランスでは、小・中学生でも万年筆が当たり前でした。
鉛筆と消しゴムは使えません。万年筆で間違えたときは、修正ペンで消します。
ところが・・・“フリクションボール”なら、1本でOKです。
今、約100か国で4億6000万本販売しています。
空前の大ヒット商品となりました。

この技術は、ガラパゴスでした。
愛知県名古屋市、消せるインクを開発したのはパイロットインキです。
特殊なインク「メタモカラー」を使用しています。

初めは、温度によって色の変わるインクの研究でした。
筆記用具のインクに使われるものではなく、アイデア商品に使われていました。
そして、60度以上で無色となるインクを開発したのです。
そのインクが、消せるボールペンを生んだのです。

日本より先に売りたいと申し入れたのが、フランスにあるパイロット社でした。
2006年にグローバルな商品が誕生します。


“フィットカットカーブ”今年のヒット商品です。

プラス フィットカットカーブS型 34−510 ブルー / プラスプラス フィットカットカーブS型 34−510 ブルー / プラス
どこまでいっても30度なので、あまり力を入れずに切ることが出来ます。
8カ月で150万本を販売しています。
海外へはこれから進出予定です。
日本では、毎月1000種類の新しい文具が売り出されています。
そして、より優れたものが、生き残っていっているのです。


アメリカでは・・・
主婦が熱狂しているのが“ケシポン”です。
プラス 早撃ちケシポン IS?250CM
プラス 早撃ちケシポン IS?250CM

一日で大量のダイレクトメールの届くアメリカ。。。
シュレッダーよりも楽・・・それがケシポンだったのです。
個人情報を守ってくれる文房具です。
2009年にプラスがアメリカで販売を始めました。
全米で、年間100万個売れています。

今、アメリカでは、個人情報の盗難被害が年間900万件、1日2万4000件と言われています。
さらに、もう一つの理由は・・・
アメリカ人は、気に入ったものはまとめ買いをして、お友達にプレゼントする習慣があるのです。「シェアリング イズ ケアリング」です。
そんな、アメリカの文化が後押ししたのです。

この商品、アメリカで売る予定はありませんでした。
2007年に日本で発売。
きっかけは、2005年の個人情報保護法でした。
当時は、シュレッダーやハサミが主流でした。
が、文房具メーカーが、文字で文字を隠したのです。
100種類以上試作をし、アルファベットを応用した文字列になりました。
日本では、1年で120万個の大ヒットとなり・・・
2008年オバマ大統領が、個人情報保護法を推進したのを機に、アメリカで発売したのです。

しかし、ケシポンには大きな悩みが出来ました。
ノックオフという模倣品です。
ケシポンはおよそ10ドル、模倣品はおよそ7ドルです。
同じような機能であれば、安い方へと流れていく・・・
そこで、決してまねのできない秘策を開発しました。
ローラー式を開発したのです。

PLUS 個人情報保護スタンプ ローラーケシポンワイド ピンク IS-510CM / プラス
PLUS 個人情報保護スタンプ ローラーケシポンワイド ピンク IS-510CM / プラス

薬の容器に書かれたシールには、個人情報がいっぱいあるので、ローラー式なら丸いビンにも押すことが出来ます。

アメリカ最大の通販専門サイトで・・・
紹介されたのは、ケシポンの新商品。
ツルツルの紙でも・・・丸い容器にも対応できていました。
7分間の放送で、2万2000個も売れました。

地道な研究開発と、経営の国際化・・・
ガラパゴス商品に、成功するカギがありました。

経営者も、それぞれの国に合うようにガラパゴス化することで・・・
日本の技術を持って、世界に通用する商品を開発していけばいいのです。


ガラパゴスで世界に打って出る・・・
そんな家電商品は・・・炊飯器。

6万円・・・10万円を超えるものまであります。
そこには“内釜戦争”がありました。
釜だけでなく・・・洗米してくれる機能までついているのもあります。
そこには、日本人の米に対するこだわりがあるのですが・・・

今、5万円を超える高級炊飯器の年間販売台数は、100万台以上。
高級炊飯器はガラパゴス???
しかし、これを武器にしているのが、象印魔法瓶。
一番力を入れているのが“極め炊き”79,800円です。
ZOJIRUSHI 圧力IH炊飯ジャー 【5.5合炊き】 NP-SS10-BP プライムブラック NP-SS10-BP / 象印
ZOJIRUSHI 圧力IH炊飯ジャー 【5.5合炊き】 NP-SS10-BP プライムブラッ...

売りは、7通りに焚き分ける機能です。
この商品をどこに売り込むのでしょう???

それは・・・台湾。
象印は、2002年に台湾に本格進出。
しかし、その頃台湾では一家に一台「大同電鍋」。
そこで・・・進出と同時に、サービスセンターを出しました。
日本の炊飯器はなじみのないものだったので、対面式のアフターサービスを始めたのです。
今や象印は26%を占めるようになりました。

そして、今、高級炊飯器を売ろうとしています。しかも、6万円で・・・。
本当に売れるのでしょうか?

これから挑戦が始まります。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 16:57| Comment(0) | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

“メードインUSA”奇跡の復活か???

今回も、池上彰さんです。

ニューヨーク5番街。高級ブランドが立ち並ぶ中・・・
新名所となっているのがアップル・ストアです。
iPhoneの組み立ては・・・中国で行っています。
アップルの商品は、中国にあるフォックスコンで作られています。
その担い手は、100万人とも言われる中国人たち。

ジョブズ氏はオバマ大統領に言っています。
「工場の国内回帰は不可能」と。

それでも、製造業の国内回帰に執念を燃やしているのがオバマ大統領です。
アメリカの製造業は今どうなっているのでしょうか?


アメリカの大統領選挙は・・・オバマ大統領の勝利となりましたが、その中の重要課題には雇用問題がありました。失業率を下げるために。。。
「2016年までに製造業で100万人の雇用を創出すること」を、公約しています。

そもそもアメリカの製造業って???
かつては「世界一のものづくり大国」だったアメリカ。
メードインUSAの商品は・・・
1953年世界初のカラーテレビを発売(RCA)
1983年世界初の商用携帯電話(モトローラ)
1888年世界初のロールフィルムを発売(コダック)

こんなに製造業が盛んだったのに・・・衰退してしまいました。
そこから今、蘇ろうとしています。

ミシガン州・デトロイトは、アメリカの自動車産業の中心地です。
アメリカの魂・自動車ビッグ3の街は今・・・廃墟と化した工場が立ち並んでいます。
ここにはGM・フォード・クライスラーの三大自動車メーカーの本拠地です。
アメリカの産業の崩壊を象徴しています。

住宅ローンが払えなくなって家を手放す人もたくさんいます。


クライスラーは、1925年創業。
GM、フォードに次ぐアメリカ第三位の自動車メーカーです。
新技術を次々と開発してきていました。
オイルショック後も、再建をし、1987年にはジープを傘下に。
しかし、日本車に押され・・・人件費も経営を圧迫し、リーマンショック後の2009年4月30日連邦破産法の適用を申請しました。そして、GMも・・・
アメリカ産業の危機が訪れました。

オバマ大統領は、税金を投入し、GMとクライスラーを救済。
“メードインアメリカ”を作るために。。。

そして今、再建に向かって動き始めました。
クライスラーの組み立て工場では・・1日約1000台を生産しています。
解雇された従業員が、再建後に再雇用されました。
しかし、従業員は有給休暇・冬のボーナス・奨学金などがカットされました。
それでも、会社再生のために頑張っています。

そこには“KAIZEN”の文字がありました。
日本式の生産工程・・・目安箱ですね。
この改善の積み重ねによって作業ミスが8割減少、その結果、1年間で1千万ドル以上のコスト削減となりました。
クライスラー200(150万円)の売り上げは好調で、新しく1100人も新規採用しました。
無駄を省き、生産性を上げること・・・これが、アメリカの製造業を復活させるヒントになるかもしれません。


また、アメリカから中国に出ていった工場を、アメリカに呼び戻そうという考え方もあります。
イリノイ州オーロラには・・・中国から国内回帰してきている工場がありました。
ピアレス社です。この会社が作っているのは、壁掛けテレビを壁に取り付けているの“マウント”です。全米一位、シェア4割の会社です。

インターネット通販でも買えるのですが・・・
価格競争の結果、2000年から中国で委託生産を開始。
しかし、2年前中国から国内回帰してきました。
その理由は・・・アルミ加工でした。

中国工場ではチェックが思い通りにいかず不良品が10%近くもありました。テレビが落下することは絶対に許されません。
クオリティにこだわっていたのに、中国では手順を踏んだ品質チェックが出来ていなかったのです。

一番不満に思っていたのは、中国企業に委託したら製品の偽物が出回るようになったというのです。
製造方法が漏れていたのです。

おまけに中国の工場労働者の労働賃金も初めに比べると4倍にもなっていました。

いろいろな不安材料への対応をコストと考えると、国内回帰したコストでもやっていけると判断したからでした。

アメリカ企業の国内回帰は・・・
GE(電気)・フォード(自動車)・マスターロック・(錠前)・キャタピラー(建設機械)・エレメント・エレクトロニクス(家電)などで起こってきています。


ペンシルベニア州では・・・“シェール革命”が起きています。
フラッキングという技術によって、シェールガスを取り出せる技術が開発されたからです。
全米各地にシェールガスが埋蔵されています。世界一の天然ガス大国なのです。
その量100年分。これによる雇用を60万人とオバマ大統領は換算しています。

そしてその場所には労働者が集まってきていました。
この地域は、シェールガスの掘削が始まって失業率が8%を切って全国平均以下となりました。
現代版ゴールドラッシュがそこにはありました。強いアメリカへ!!

池上さんの未来予測では・・・
チャイナプラスワン。中国以外に生産拠点を作るということ。
それは、アメリカかもしれません。
アメリカの州の中には、日本に対してもっと工場を進出してくださいという誘致合戦をしているところもあります。

そして・・・日本回帰・・・中国に対するリスクや賃金を考えると、日本回帰も視野に入れてもいいかもしれません。
日本には、メタンハイドレードも見つかっています。
アメリカと同じように、自国の資源を利用して復活できるかも???

そうだったのか! アメリカ (そうだったのか! シリーズ) [単行本] / 池上 彰 (著); ホーム社 (刊)
そうだったのか! アメリカ (そうだったのか! シリーズ) [単行本] / 池上 彰 (著);...
国際関係がよくわかる宗教の本〈2〉アメリカのキリスト教・ユダヤ教 [大型本] / 池上 彰 (著); 岩崎書店 (刊)
国際関係がよくわかる宗教の本〈2〉アメリカのキリスト教・ユダヤ教 [大型本] / 池上 彰 (...

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 13:49| Comment(0) | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

"強いアメリカ、弱いアメリカ"

11月7日、激戦を戦い抜いたオバマ大統領は、シカゴで勝利宣言をしました。
今回の大統領選は・・・まさに、アメリカを二分した戦いでした。

アメリカでおこることは、将来日本に来る。
だったら日本は、何に備えればいいのでしょうか???

今回の対立は・・・雇用問題・増税・宗教・製造業の空洞化・経済政策・移民問題。。。
まさに、アメリカを二分する戦いでした。

特に、不法移民の問題がありますが・・・それが、オバマ大統領の再選の理由にもなりました。

アメリカ合衆国にあるアリゾナ州は、人口の3割が移民です。
そこにある国境の町ノガレスには・・・

不法移民が柵を飛び越えて入ってきます。
どんどんと・・・後を絶ちません。
国境警備隊のいる中、命がけでやってきます。
その数、1日平均1300人。。。

アリゾナ州法1070条
「不法移民と疑われるものに対し、職務質問や令状なしで警察官が拘束できる」という厳しい法律があります。

人種差別捜査だ!!と、批判の声もあります。

スマート・テントと呼ばれる場所には・・・有刺鉄線が張り巡らされています。
ここでは・・・“英語を話せないアメリカ人”がいました。
テントシティとも呼ばれるエストレーラ刑務所には、不法移民が収容されています。

目立つのは、屈強な男たちです。
使われているのは、朝鮮戦争の時に使われていたテント。
気温は35度の中、過酷な生活を強いられています。
ここでは19年間で40万人以上を強制送還しているそうです。

唯一快適に過ごせるのは・・・朝食と夕食をとる休憩所です。
女性も男性と同じ条件です。

全米一過酷な条件なのに、国境を越えてアメリカにやってきます。

アメリカには、不法移民が1200万人いると言われています。
この不法移民を直ちに追い返すべきなのか?アメリカの活力として受け入れるのか???
考え方が対立しています。

オバマ大統領は・・・6月、アメリカの移民政策をより一層公正に、効率的に公平になるよう改正しました。
不法移民緩和政策・・・強制退去を一定期間免除し、30歳以下で5年以上の滞在を条件にしました。
夢を追う不法移民の若者に対しての対策でした。

この政策の狙いは???

不法移民は、ヒスパニックです。
今回の選挙で、中南米系の人々が、同胞に対して優しくしてくれるオバマに対して投票しました。
そして、アメリカでは・・・ヒスパニックが活躍しています。
ジェニファー・ロペス、メジャーリーガーの4割はヒスパニックです。
彼らは、合法で入ってきていますが・・・
人口比は・・・
白人・・・・・72.4%
ヒスパニック・16.3%
黒人・・・・・12.6%
アジア系・・・4.8%
と、黒人を抜いています。
2010年には5000万人でしたが、2030年には7300人に、2050年には1億人になると言われています。
ヒスパニック系の人がどんどん増えている今、オバマ大統領としてはこの人たちの票を獲得するために、不法移民に対して優しい法律にしようとしたのです。

では、合法移との違いは?
合法移民は、なかなか難しく・・・アメリカに入るときに仕事、留学のビザで行き、グリーンカードという永住権を得ることが必要なのです。

密かに暮らしている不法移民たちは・・・
普通に暮していますが、犯罪者のようにこそこそと暮らしています。
実際、この不法移民たちが、アメリカの労働力となり、経済の一翼を担っています。

オバマ大統領に対して記者が・・・
「不幸移民を雇用して、アメリカ人の失業者をどうするつもりですか???」
と、問いかけました。

ここに、移民大国のジレンマがあります。
不法移民のために、失業者が増えると言われていますが、それと同じように800万人の労働力が失われてしまうのです。

不法移民が消えた農場では・・・年4回収穫されていたトマトがそのままになっていました。
今年は失業中のアメリカ人を雇いましたが、携帯ばかりいじっていて仕事をしないのだとか・・・。
結局逃げ出してしまいました。

不法移民の有名人・・・TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたのは、“デュレース・メテュズ”さん。不法移民でありながら、国家資格を取得しました。

アメリカ人がやりたくない仕事をやっているのはヒスパニックの人々です。
アメリカでは、個人の権利が主張できるので、不法移民であっても、その子供であっても、学校に通ったりできるのです。


“人種のるつぼ”のアメリカ。
アメリカは、いろいろな人種や民族が一つに溶け込んだ国という意味で使われていましたが・・・。
最近は“サラダボウル”。自分の姿や味をそのままにそれぞれ主張が出来る国なのです。
つまり、英語を使えなくても生きていけるのです。

日本も、高齢者社会になって労働者の数が減ってきている中、移民問題についてよく考えなくてはなりません。

同性愛者を認めたのも、オバマ大統領が初めてです。
同性愛の賛否については、宗教的立場もあって、反対している人もいるのです。
しかし、ニューヨークでは同性婚を認めています。
現在合法としている州は、ニューハンプシャー・バーモント・マサチューセッツ・コネチカット・アイオワ・ニューヨークと、ワシントンDCです。
ここにいれば、結婚が出来るのです。
このほかにも、メーン州、メリーランド州、ワシントン州が同性婚を認めてもいいと投票で決まりました。
同性婚を認めている州は・・・民主党の支持が高い州です。
ここでもアメリカは二分されています。

同性愛婚は・・・意外なところで経済効果が生まれています。
高級ホテル・・・ニューヨーク州では1年間で8000組以上が式を挙げました。
新婚旅行などを含めると、経済効果は200億円になるとか・・・。

オバマ大統領が、どうして同性婚を認めたのか???
今回は、2回目ということもあり、失望してしまった人も多く、民主党の支持者の中で熱心に応援する人がいなかったのです。
若い人の選挙離れもありました。
しかし、同性婚を認めると言ったとたんに、同性愛者が必死になって選挙運動を始めたのです。


アメリカに起こったことは、やがて日本にも来る・・・
日本も、いろいろな場面で待ったなしの日本。
前に進むために、白黒と選択を迫られることになると言えます。
でないと、日本は前に進めないかもしれません。

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村

政治 ブログランキングへ
そうだったのか!アメリカ [ 池上彰 ]
そうだったのか!アメリカ [ 池上彰 ]
そうだったのか!日本現代史 [ 池上彰 ]
そうだったのか!日本現代史 [ 池上彰 ]

posted by ちゃーちゃん at 17:25| Comment(0) | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。