2013年02月27日

進化するロボット。

ロボット産業の市場予想は・・・
2010年1.2兆円でしたが、2035年には9.7兆円に??
と、見られています。

デンマーク・オーデンセでは・・・
高福祉国家で一番幸せな街ですが、もう一つの顔は・・・?

リハビリセンターでは、高齢者たちが運動をしていますが、インストラクターはロボットです。
医療現場・軍でもロボットが働いてくれています。

ロボット推進の背景には非常に高い人件費があります。
コペンハーゲンの時給は1800円もするそうです。
また、高齢化で労働力も不足しているのです。

日本のロボットも活躍しています。
ロボットでアニマルセラピーをさせているのです。
2007年にデンマークで実証実験が行われ、高い効果が出ています。
デンマークでは70%の地域で導入され、認知症患者を介護するための一般的なツールになりつつあります。

ロボットの3Dとは???
Dangerous・Dirty・Dullです。
危険なところ、汚いところ、単純作業のことです。

日本は、ヒューマノイドに関しては、間違いなく世界一。
日本がヒューマノイド世界一の理由は???
@漫画やアニメ・・・アトムやガンダムなどの影響
A先端技術の固まりということです。

進化するASIMO・・・
2000年に誕生しました。
あれから12年、時速9キロで走り、紙コップに飲み物を注ぎ・・・
聖徳太子のように人の言うことを聞き分けます。

ASIMOから生まれた技術に、次世代電動一輪車“UNI-CAB”があります。


株式会社テムザック。世界中から注目されています。
その最先端ロボットは・・・リアルすぎる世界初の歯科の患者ロボットです。
このリアルなロボットを作った理由は・・・
歯科医は、歯科医師免許を取得するまで人間の歯を削れないからです。
だから、5年目までの医療事故が多いのだそうです。

そのロボットは今、アラブ首長国連邦のドバイへ!!
世界に向けて売り出します。1体数千万円・・・。
中東には歯科医が少なく、これから歯科医を育成するために必要なようですが。。。
ロボットが人間を育てる世の中になってきたようです。
10年後には、全ての家電がロボットになるかもしれません。

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 14:19| Comment(0) | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。