2013年02月12日

第五回「松陰の遺言」

今回の主役はもちろん吉田寅次郎さんです。

小説吉田松陰 [ 童門冬二 ]
小説吉田松陰 [ 童門冬二 ]
捕えらた寅次郎・・・しかし、攘夷の風は、さらにはげしく・・・

なのにただの漁村だった横浜は、異国のように・・・
安政6年。安政の大獄の影で、攘夷派の浪士は異国人を襲撃する事件が相次ぎます。

横浜にいた尚之助は、目の前で斬られる異国人を見て、攘夷熱が異常な方向に向かっている事を実感するのでした。

そして・・・獄中から、寅次郎が同志にラブレターを書いて書いて書きまくっとります揺れるハート


で・・・うらは覚馬の子を身ごもったようです。
赤飯炊いてお祝いの雰囲気です。黒ハート
そこへ、横浜から尚之助がお土産を持って帰ってきます。
いいこと×2です黒ハート

しかし・・・会津にも攘夷の嵐が・・・
蘭学を教えている覚馬に、急襲され・・・
覚馬強い!強い!
八重も強い強い!!

でも、覚馬を助けようとしてうらが!!!あせあせ(飛び散る汗)

「奴らの言う攘夷とは何だ???
 俺を斬って攘夷か?
 異国の水夫を斬って攘夷か?
 決起をあおり、老中を襲い人の命さ奪ってそれが攘夷か!?
 
 うらが不憫だ・・・!!」
 
なんだかドラマなんだけど、こういう演出は個人的に堪えます・・・たらーっ(汗)
本当にうらが不憫です・・・失恋

そして・・・伝馬町の獄に繋がれた寅次郎に裁きが下ります。
”死刑”
「僕は、梅田雲浜の一党に組したのではない!!」 
あ・・・僕って言ってますよ。
日本人で初めて僕て言ったのは、この人吉田松陰さんと言われています。黒ハート

って、それどころじゃなくって!!

刑はその日のうちに執行されました。

yae1.png

「こたびの大事、私一人なりとも死んでみせれば、
 後に残った者たちがきっと奮い立つ!!!
 この国を守るために!
 天朝も幕府も藩も要らん!
 ただ身一つで立ち上がればよい!
 立ち上がれ〜!!!
 至誠にして 動かざるものは未だ これ・・・あらざるなり!!」


寅次郎はそう叫んで・・・逝ったのでした。

誰かがことを起こさねばならないならば・・・それは自分が!!
寅次郎はそんな人でした。

松陰の死は、海舟・象山・会津にも・・・
でも、覚馬ってこんなにみんなとフレンドリーだったのでしょうか?

覚馬が象山塾で学んだのは、7〜8力月だったと思われます。
象山塾は勝海舟をはじめ、吉田松陰、橋本左内、真木和泉、河合継之助、小林虎三郎など、幕末の精鋭を輩出しています。
きっと、熱く世の行く末を語っていたのでしょう。

って、なんて素敵な黒ハート
有名な人がごろごろいるのでとってもにやけてしまいます。
っと、パパが・・・
「それってママがオタクだからじゃないの???」
「・・・???」
そうだったのね・・・あせあせ(飛び散る汗)
みんながみんな知ってるわけじゃないのね・・・バッド(下向き矢印)
でも、歴史上の有名人はやっぱり戦国か幕末しかいないでしょう???


年が明けて・・・獅子の行列がやってきました。


八重たちと与七郎・・・山川大蔵が出会います。
知恵の山川・・・「智将山川」ですが・・・
このエピソードって、山川大蔵・鶴ヶ城入城時の「彼岸獅子入城」の前ふり???

なんだかこの雰囲気、時尾黒ハート⇒大蔵黒ハート⇒八重・・・みたいな感じですが。。。
時尾さん、牙突の斉藤一さんが待ってますよるんるん


yae2.png

そして・・・1860年3月3日攘夷派の怒りを買った井伊直弼が、水戸脱藩浪士らに桜田門外で暗殺されます。
って、直弼を殺ったのは薩摩藩脱藩浪士ですけどね。

これって、直弼は、知ってたんですよね失恋
だって、屋敷に暗殺計画の投げ文がされてたんだから・・・あせあせ(飛び散る汗)


江戸城にて、容保ら有力な親藩、譜代大名による水戸の処分についての話し合いが行われることに。。。
上様は、尾張・紀伊に水戸を討たせよと・・・!!

って、尾張の徳川慶勝は容保と兄弟だから・・・
弟・松平定敬も桑名藩で京都所司代だし・・・
容保は京都守護職だし・・・
なんだか、この兄弟、可哀想になってきました失恋

覚馬は、頼母に評定にあげてもらえるように進言します。
「会津は水戸と幕府をとりなし・・・」・・・と。
ま、頼母も同意見なんだけどね。

そこでの容保の発言が水戸討伐に傾いた評議の流れを変えることになります。

「それがしは、水戸様を討ってはならぬと存じまする。
 大老を害したは脱藩した者ども。
 これをもって水戸藩を罰しては、筋が通りませぬ。
 今、国内にて相争うは慎むべきと存じまする。」

容保の発言は、評議の流れを一変!!

しかし、これは、会津が運命の渦中に放り込まれる一言になるのでした。。。


今回の大河ドラマ、私もよく知ってる内容だからか、伏線もなかなか解りやすいですね。黒ハート
で、大河ドラマのように、何もかもヒロインへのメッセージとなるような、そんな描き方でもなくいいかんじですらっと見ることが出来ました。

ほら・・・たくさんあったでしょう?
ここ数年の大河で・・・
「なんでお前にことづてんねん!!」
と、突っ込みいれたくなりそうな感じ。


そう、BS時代劇の「新選組血風録」の最終話でもありました。
土方さんが言伝たかったのは、あなたじゃない!!って!!
あ・・・なんだかトラウマになっていますか???あせあせ(飛び散る汗)


でも、今回は主役と言ってもまだ脇役のような感じの八重ですが、良い感じに脇役がキャラ立ってて黒ハート面白いです。
いい映画も、ドラマも、漫画も、脇役がしっかりしていないとね黒ハート



「身はたとひ  
 武蔵野野辺に 朽ちぬとも
 留め置かまし 大和魂」  
               By吉田松陰


スーパーティーチャー・吉田松陰〜松下村塾は幕末の白熱教室だった!?はこちら
井伊直弼〜死によって歴史を変えた大老〜はこちら
彦根城散策 〜埋木舎〜はこちら

嘉永五年東北―吉田松陰『東北遊日記』抄
嘉永五年東北―吉田松陰『東北遊日記』抄
魂の変革者吉田松陰の言葉 [ 童門冬二 ]
魂の変革者吉田松陰の言葉 [ 童門冬二 ]

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

幕末・明治(日本史) ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 14:08| Comment(0) | 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。