2013年02月08日

熊本の城下町

名城を歩く(2)新版 熊本城 [ 西ケ谷恭弘 ]
名城を歩く(2)新版 熊本城 [ 西ケ谷恭弘 ]

熊本城・・・加藤清正が築いた天下の名城です。
やりすぎの城とも言われています。

kiyo2.png

熊本県熊本市・・・
人口73万8678人、面積389.54㎢、特産は馬刺し、からし蓮根、茄子
阿蘇山の麓、杜の都と呼ばれる町です。
築城したのは、名将・加藤清正。
少年時代に豊臣秀吉にその才を見出され、数々の戦いで頭角を現し、信長の死後、秀吉が柴田勝家と戦った賤ヶ岳の戦いで大きな武功をあげて、賤ヶ岳七本槍として歴史に名を残しました。

それ以後も、数々の武功をあげて秀吉から与えられたのは、肥後北半分国19万5000国の領主でした。
秀吉からの信頼は厚く、朝鮮出兵でも中心的な役割を担いました。
そして、後世に残されるのは、その卓越した築城技術。
江戸城や名古屋城など、数々の名城を築城しています。
そんな加藤清正が、全ての技術をかけて作ったのが・・・やりすぎの城・熊本城です。

日本3名城にも数えられる堅牢堅固な城は、まさに難攻不落の城でした。
加藤清正生涯一級の作品です。
清正公(せいしょこ)さんと親しまれている名将・加藤清正。
そんな清正が、並々ならぬ情熱を注いだのがやりすぎの城下町でした。

kiyo3.png

幾重にも重なるその石垣と階段・・・お城には、長い直線の道はありません。
侵入者の動きを鈍くするためです。
大天守閣と小天守閣があります。
その石垣は、武者返しとなっています。
場内になかなか進入できないようになっています。
これは、朝鮮出兵の時に学んだもので、以後の築城技術の基本となりました。

そして、石垣の上には巨大な櫓が。
床の隅から下が眺められるようになっています。

狭間は弓や鉄砲で敵を、石落としからは石や煮えたぎった油を・・・
そして、忍び返し・・・様々な防衛技術がなされています。

それが生かされたのは・・・築城から実に270年後の事。
1877年に起こった西南戦争。
谷干城率いる政府軍・3000人が熊本城に籠城、西郷隆盛率いる薩摩軍1万3000人の猛攻をしのぎ耐えたのです。

熊本城を落とせなかった西郷は・・・
「官軍に負けたのではない。
 清正公に負けたのだ。」
と、言ったと言われています。
加藤清正の築城した熊本城は、最初で最後の闘いで難攻不落を証明したのでした。

またここには、実戦をするための秘策もありました。
井戸を120掘りました。
お城も食べられるように工夫してあります。
清正築城当時は・・・壁はかんぴょうで、畳は芋の茎で作り、100日分の食料となっていました。そして、城内には銀杏・栗・梅・桃など食べられる木が植えられていました。
備蓄された食料や水は、家臣はもちろん城下の領民を含めても3カ月以上は生き延びることが出来ると言われています。

でもどうしてこの城を???
武人・加藤清正がどうしても勝つことのできなかった戦い、死の淵まで追い込まれた戦いの苦い経験がそこにはありました。
1597年朝鮮出兵・・・
秀吉が自らの力を海外に示そうとした戦いで、中心人物となったのが加藤清正でした。文禄・慶長二回に及んだ遠征は、苛烈を極めました。
忘れられない苦しい戦い、20万ともいわれる朝鮮軍の包囲する中での籠城戦。
後方からの支援も得られずに飢えと渇きに苦しめられます。
その籠城戦での体験が、食べられる城を造り上げたのです。

敵の侵入を防ぐ難攻不落のシステム、籠城戦を可能にさせる備蓄食料・・・清正が築いたやりすぎの城は、“守る究極の城”でした。
そして、さらなる秘密は???
本丸御殿に・・・清正公自らすら入ることのできなかった部屋があります。
“昭君之間”です。
金箔で飾られた豪華絢爛なその部屋は、漢の官女・王昭君が描かれていることから昭君の間と呼ばれていますが・・・
しかし、質素倹約・質実剛健とも言われていた清正がどうしてこのような部屋を???
それは・・・“将軍の間”だからです。

そこにあったのは、「熊本幕府プロジェクト」です。
昭君=将軍・・・
徳川家康が天下を取った後も、かつての主君・豊臣秀吉の恩を忘れなかった清正は、熊本城に秀頼を迎えるその日の為に・・・作られた部屋だったのです。
結果としては、この部屋は使われることはありませんでした。
いざとなれが、徳川と一戦を交える覚悟だったのです。

城下町は、清正がいたころそのままに、その名前と残っています。
正方形の区画が多く、碁盤の目のようになっています。
そこにも清正公の秘密がありました。
細い路地を抜けると、白梅天満宮があります。
天正年間の疫病を鎮めるために建てられました。
四方を民家に囲まれて・・・表通りからは見逃されそうです。
この町には、碁盤の目一つ一つに寺があり、それは、その碁盤の目の中心にあります。
1町1寺といわれるこのつくりは、敵が攻めて来たら寺を出城にするという清正公の防衛対策の一つでした。
そう、城下町もまたやりすぎの城下町でした。

馬肉を食べる習慣の始まりは、清正公です。
1597年朝鮮出兵の時に苦戦した蔚山城の戦い・・・ここで清正軍の食糧難は深刻にして重大でした。
その時に軍馬を殺して食した・・・。
加藤清正の命の恩人が馬肉なのです。

そして、キムチを赤くしたのも清正公。
もともとキムチは白かったのですが、清正軍が寒さ対策に持ち込んだ唐辛子を食文化に取り入れたのだそうです。

謎多き清正・・・その真相の謎は・・・???
1611年にこの世を去った加藤清正。
清正公は本妙寺に祀られています。
いつまでも人々を守っていてほしい・・・そんな民の願いから、本堂は熊本城の天守閣と同じ高さに建てられています。

清正公は・・・豊臣秀頼の身代わりとなって亡くなったのでしょうか?
その死については、いろいろ伝えられています。

が・・・大坂から帰る船の途中で亡くなったと言われています。
脳溢血だった・・・感染症だった・・・とか言われていますが・・・
徳川の天下となった時代・・・家康と秀頼の二条城会見に立ち会った清正公。
徳川側が出した御菓子・・・食べなければ失礼・・・しかし、毒まんじゅうだったら???

ためらう秀頼の代わりに、このまんじゅうを食べたのが清正でした。
会談後秀頼は、無事大坂へ帰還。
しかし、清正は熊本へ帰る途中に亡くなったのです。
もしかすると・・・あえて・・・秀頼公の身代わりになったのかもしれません。

今となってはすべてが謎のままですが・・・
言えることは、清正は誰よりも主君に忠実で、誰よりも領民に愛情を注いでいたこと・・・そして、領民がその死を惜しんだということ。

加藤清正が築いた天下の名城・・・清正公は、今も人に愛され続けていました。
人は清正のように、雄々しさと優しさを持っている町でした。

【新品】プラモデル 模型 日本の名城デラックスNo.7 熊本城【10P04Feb13】【画】
【新品】プラモデル 模型 日本の名城デラックスNo.7 熊本城【10P04Feb13】【画】

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 13:33| Comment(0) | 城下町へ行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。