2012年12月19日

「米沢の城下町」

戦国最強と詠われた義の戦士、上杉謙信・・・上杉の城下町。
米沢は、上杉家が代々治めてきた土地です。

山形県米沢市・・・人口8万6885人、面積548.74㎢、特産は米沢牛・鯉・米沢織

代々、上杉家によって治められてきた米沢藩・・・
祖は、自らを毘沙門天の化身とし、戦国時代に無敗を誇った上杉謙信です。

kenn.png

その武勇は数知れず・・・しかし、有名なのは、川中島の合戦です。
毘沙門天の軍旗を掲げ、信玄との一騎打ち・・・それは、まさに伝説。
越後の龍と呼ばれ、生涯義を貫いた名将です。

その謙信の跡を継いだのが、米沢藩初代藩主・上杉景勝です。
豊臣政権下で五大老のひとりとなり、越後39万石から会津120万石の大大名となった上杉でしたが、関ヶ原で西軍についたことで米沢30万石に転封・・・わずか1/4となってしまいました。

幕府の脅威に立ち向かいながら、守ってきた米沢の城下町です。

米沢城・・・今は、石垣が少し残っていますが・・・
お城はもともと天守はなく、三階櫓と藩主の館のみの平城だったそうです。
非常に質素な城だったそうです。

これには、やむに已まれぬ事情が・・・
120万石から30万石へ・・・家臣だけでも6000人も入りました。
誰一人切り捨てることなく、米沢へと連れてきました。
だから・・・お金がなかったのです。

そこには、景勝が謙信から受け継いだ義の精神がありました。

そして、米沢城が・・・謙信のお墓になっています。
その謎は???

kenn5.png

お城には、“上杉謙信御堂跡”があります。
そこに、謙信公の遺骸が安置されていました。
謙信の遺骸は、甲冑を着せ、漆で固めて保存したと伝えられています。

家臣たちは、謙信の言いつけを守り、越後⇒会津⇒米沢へ・・・お国替えをする度に、お謙信公を移したのです。

毎日謙信に手を合わせること・・・
戦に負けなかった・・・義によって働く謙信を信仰していたのです。
明治になるまで、謙信は御堂で眠り、家臣たちを、米沢を見守っていました。
米沢城は、謙信そのものになっていました。

上杉謙信―越後の龍、戦国に飛翔する (新・歴史群像シリーズ 16) [ムック] / 学習研究社 (刊)
上杉謙信―越後の龍、戦国に飛翔する (新・歴史群像シリーズ 16) [ムック] / 学習研究社...
上杉家廟所・・・1623年景勝逝去の際・・・初代景勝から11代斉定までこの地に埋葬されています。
今は、謙信公もこちらに移されて、歴代藩主と一緒に眠っています。

上杉謙信公墓所

謙信は、31歳で関東管領職の上杉家の名跡を譲られ、越後・関東の平定に努めました。


「龍」と「毘」

八海山・法音寺は、越後時代から1200年以上の歴史のある真言宗のお寺で、菩提寺です。
お寺に掲げられた毘沙門天の旗・・・
これは、毘沙門天を信仰していた上杉謙信が戦で掲げていた旗印です。

ここには実際に謙信公が拝んでいた毘沙門天の本物の“泥足毘沙門天像”があります。
軍神と呼ばれた謙信公が、深く信仰していた毘沙門天です。

kenn1.png

謙信公は、戦勝祈願をして戦に行ったと言います。
ある時・・・謙信が越後・春山城で祀っていた毘沙門天像が、戦から戻るとその足に、泥がついていたという伝説が残っている毘沙門天です。

上杉家は・・・謙信公から14代は米沢で過ごされました。
現在は東京で暮らしているのが17代・上杉邦憲さんは・・・
“はやぶさ”の開発にも携わっているJAXA宇宙工学博士だそうです。


米沢藩の危機を救った救世主登場・・・上杉鷹山。
鷹山公が藩主の時、日本中が大飢饉(天明の大飢饉)・30万人の餓死者でした。
上杉家も財政破綻寸前・・・

第9代当主・鷹山は、飢饉のときの食べ物として城のお濠で大量の鯉を養殖。
お城には、鯉の供養碑も残っています。

さらに、鷹山が奨励したのが、一汁一菜。
ご飯・おかず・お味噌汁だそうです。

財政再建策に取り掛かった鷹山は・・・
米沢織・・・生糸の生産に力を入れます。
これは、大ヒット商品となり財政を救います。
自分たち、奥女中から始めた倹約でした。

kenn6.png

は、とっても有名です。

自分が率先してする・・・
藩の立て直しに一生をかけた人だったのです。

米沢の公立小中学校では、謙信と鷹山の肖像画が掛けられ、鷹山の功績を今に伝えています。
上杉鷹山は、米沢を救った救世主として今も人々に語り継がれています。

上杉鷹山?二百年前の行政改革?
上杉鷹山?二百年前の行政改革?

米沢は食べられる城下町???
武家屋敷・・・原方衆=下級武士の家は、城下の外にあります。
減封してやってきた際に、入りきらなかったのです。

そんな武士たちの任務は、藩境警備と荒れ地の開墾でした。
藩士半農の生活・・・
石高の少ない米沢藩の武士は、自給自足の生活を送っていました。

その為、下級武士の家のほとんどに畑がありました。
町全体に、柿・栗・胡桃の木を植え、屋敷の生け垣は、食べられる“ウコギ”の木にしました。
このウコギは、トゲがあるので侵入を防ぎ、新芽をてんぷらやお浸しとして食べるそうです。

町の至る所で食べられる食料を作り、飢饉に備えていました。
また、鷹山時代には“糧者”(かてもの・糧になるもの)として、82種類の山菜や果物の食べ方などのサバイバル本を無料で配布していました。
これは、戦争中に復刻版が出たそうで・・・今も、ヘルシーブームとして復刻されているそうです。

郷土料理は、柿の白和え、ウコギ、ひや汁・・・ひや汁は、一汁一菜から生まれた郷土料理だそうです。


義に生きる大切さを説き、武士の生き様を教えた謙信と、民を救い助け合う心を広げた上杉鷹山、米沢の城下町は、二人が残した逞しさと優しさがにじみ出た町でした。



↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 14:10| Comment(0) | 城下町へ行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。