2012年12月03日

第八話「天の巻」

いよいよ最終回になってしまいました。

なんだかんだと思っていましたが、振り返ってみると、結構面白かったので残念です。

先週、手裏剣を三つも食らってしまった佐助。あせあせ(飛び散る汗)
心配していましたが、助かりました。胸に持っていた巻物のおかげで。黒ハート
こんなとこもアニメチックで微笑ましいです。
男としても、成長した佐助がそこにはいますね揺れるハート

無事に帰還した佐助。お市は佐助の無事を喜び涙を流しています。
本当に、佐助のことが心配だったようで・・・。
抱きついておりますが、そこは、姫と猿ですよ失恋

天の時を待つ佐助と鬼丸。

佐助への気持ちに気付いてしまった姫様。。。


その頃、佐助に割符を取られてしまったと焦る北倉と、その手先の伴蔵との間に亀裂が生まれていました。

そして、天の時を待つ間・・・
鬼丸と佐助は”秘伝七術”の特訓をしております。

MK4_3144_convert_20121127141240[1].jpg

長い間の離れ離れの時間をうめるかのように、父と子の修業をしています。揺れるハート
極意は会得できたのでしょうか???

そして・・・巷に溢れる牢人たちのお上に対する不平不満は、頂点に達しようとしていました。

いよいよ、北倉の息の根を止める「天」の時と、鬼丸は感じています。

立派に成長した佐助と、そんな佐助を好いてしまった姫様。

でも、佐助は忍。
鬼丸と主膳とともに北倉のもとに乗り込もうと出発しました。

牢人たちは、訴えを・・・立ち上がった牢人たちは、北倉治重の思う数をはるかに超え・・・
強訴!強訴!強訴!!!

そして、北倉様は牢人や佐助たちを抑えられなかったとして、伴蔵たちを”旗本にする”という約束を反故にします。
伴蔵・・・可哀想失恋
そうなのよ〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)
いつも忍って、忍んでるのよね・・・たらーっ(汗)

主膳と鬼丸は、高波藩に対する企みを暴き・・・
そして、市中では、お役人が浪人を捕えようとしていました。
なので、佐助はそれに加勢します。るんるん

結構アクションいい感じです。揺れるハート


北倉治重の悪巧みは、主膳によって・・・
そして、とっても強い鬼丸がやっつけてくれました。

なんか鬼丸の装束ってキャシャーン
【DVD】キャシャーンSins 特別装丁BOX1巻 [GNBA-7612]
【DVD】キャシャーンSins 特別装丁BOX1巻 [GNBA-7612]
とか、
バンダイ フィギュアーツZERO はたけカカシ/716958★
バンダイ フィギュアーツZERO はたけカカシ/716958★

カカシ先生みたい。揺れるハート
だから最強か・・・!!!


行くところのなくなった牢人たちは、佐助の里へ・・・
新しい出発でするんるん

そして佐助には、宿敵・伴蔵との対決のときが近づいていました。

MK4_2313_convert_20121130150222[1].jpg

なかなかアクション凄いです。黒ハート

MK4_2919_convert_20121130145955[1].jpg

殺そうとする伴蔵、不殺の佐助・・・

「俺は・・・俺は、猿飛佐助だ〜〜〜!!!」

アニメもこっぱずかしくなるような演出ですが、それがまた時代劇っぽくって、良いですね。
ドロドロの・・・まさに死闘の末・・・。

不殺で勝った佐助。
この度の働きで、高波藩へ仕官させてくれると殿が言ったのに・・・

大好きな姫様を残して、旅にでました。
そして、姫は”袖にされた”と、笑って見送るのでした。揺れるハート


良い感じの終わり方で、面白かったです。黒ハート

堅苦しくなくて、さわやかで・・・

ひととの出会いが、その人を成長させてくれる、そんなドラマでした。

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 14:25| Comment(0) | 猿飛三世 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。