2012年11月06日

第64回正倉院展

今年も正倉院展に行ってきました。

正倉院は・・・
奈良時代に、国・郡・大寺院などには正倉という倉庫が建てられ、穀物や種々の財物、道具類が納められていました。この正倉がいくつも集まった場所が正倉院です。

この倉庫は板倉造で、741年から750年に建立されたと推定できます。

宝庫には、約9000件の宝物が伝わっています。宝物のうち、中核と言うべきものは、聖武天皇が亡くなった49日目である天平勝宝8歳(756)年6月21日に、光明皇后が東大寺大仏に献納した聖武天皇のご遺愛品です。

他にも、皇族や貴族たちが大仏に献納したもの、東大寺の法要で使われる仏具類・楽器・楽部の面・装束、宮中の年中行事で用いられた道具類、武器・武具・文房具・遊戯具・飲食器・文書などもあります。

やはり、今回の目玉はこちら。。。

shosoin_top[1].jpg

瑠璃坏(るりのつき)です。こちらは、シルクロードの交流を伝える宝物です。

b0063958_1801275[1].png

こちらは、鏡を入れていた鏡箱です。
とっても綺麗な模様がついています。


treasure_photo02[1].jpg

こちらも展示していました。去年、蘭奢待のあったコーナーに黒ハート
赤いバチも展示されていました。
バチは、とっても練習していたようで、バチの先が丸くなっていました。

私の三味線もそうですが、この頃から象牙だったようです揺れるハート
今では御禁制ですがあせあせ(飛び散る汗)


そして、私が笑ったのがこちら。

IM00403709_MGY00P[1].png

「紫檀金銀絵書几」です。
巻物を読むための物です。
バッと開いて読んでなかったんですね。あせあせ(飛び散る汗)
あ、そうか・・・天皇だからなあ。そんなはしたないことはしないのか・・・黒ハート


他にも、双六がたくさん展示していました。

私 「清盛にあやかっているのかなあ?」
パパ「視聴率悪いからなあ・・・。あやかるの?」
みたいなことも思って観たりして。


とっても混雑していて・・・
PB042259.JPG
1時間ほど並びましたが、とっても楽しく見てきました。

こんなふうに、昔のものが残っているのは世界的にも珍しいそうで・・・本当によく残っていたなあって、”ありがとう”の気持ちでいっぱいです。黒ハート

だって、奈良の都は80年ぐらい・・・その後は京都がずっと都だったわけで・・・。
ちゃんと管理してくれていたんだなあ黒ハートと、思いました。

僧だって、昔は戦うお坊さんだったわけで、石山本願寺や比叡山も戦ってますよね。
よく残っていたんだなあ・・・って、感心します。

東大寺のお坊さんは、穏健派でフレンドリーだったんだろうか・・・exclamation&question

もともと都会のセレブだったから育ちのいいお嬢さんだったのかも黒ハート
って、男ですけどね。るんるん



↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 10:30| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。