2012年10月25日

川崎尚之助さんです

川崎尚之助さんって誰???

いえいえ、八重の最初の夫です。

「八重の桜」では長谷川博己さんです。黒ハート

20120914-327557-1-L[1].jpg


但馬出石藩に仕える医家の家系に生まれ、蘭学と舎密術(今でいう理化学)を身に付けた洋学者でした。
覚馬がその才を見抜き、日新館の教授として取り上げたことから、山本家に居候するようになりました。

慶應元(1865)年頃、覚馬のすすめで八重と結婚。
それは、保守的な会津藩が、尚之助を藩士として認めなかったためとも言われています。

しかし慶應4(1868)年、戊辰戦争が勃発すると同時に離縁。
離縁の理由としては「他藩の人間であった尚之助を巻き込まないためだった」とも言われていますが、尚之助が会津藩士だとしている記録なども出てきているので、理由はいまだ謎のままです。

離縁はしましたが、籠城戦の最中に籠城していた八重と再会。一緒に大砲隊の指揮をとったり、弾丸作りに励むなど、共に苦しい籠城戦を戦い抜きました。

しかし籠城戦の最中に、尚之助は行方不明になってしまいます。
一時期江戸にいたという記録があるようですが、何をやっていたのかはよくわかっていません。
その後、他の会津藩士と共に斗南藩に行き、斗南藩の困窮を何とか救おうと奮闘していたようです。

廃藩置県となり、斗南藩が解体されると東京に移住。しかしそこでの生活は苦しく、明治8(1875)年、わずか39歳という若さで、この世を去ってしまいました。

白虎隊では、田中健さんがやっていました。

default[1].jpg

こちらは夜討ちをかける八重子に対して、「こんなことをしても意味がない・・・」と、反論するシーンですが・・・
八重子に「あなたは会津の人ではないから解らないのよ!!」と、怒っています。

0[1].jpg

とっても、気の強い八重子さんです。


この尚之助、なんだかとっても資料が少なく、未だ詳しいことがわかっていません。
なので、NHKさんでやってくれないかなあ。。。

幕末銃姫伝―京の風 会津の花 [単行本] / 藤本 ひとみ (著); 中央公論新社 (刊)
幕末銃姫伝―京の風 会津の花 [単行本] / 藤本 ひとみ (著); 中央公論新社 (刊)白虎隊 [DVD] / 森繁久彌, 里見浩太朗, 風間杜夫 (出演)
白虎隊 [DVD] / 森繁久彌, 里見浩太朗, 風間杜夫 (出演)

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

幕末・明治(日本史) ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 18:02| Comment(0) | 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。