2012年10月18日

山本覚馬です。

「八重の桜」・・・
山本八重子の尊敬する”兄”、山本覚馬です。

20120913_127440[1].jpg

私の中で、急上昇の西島秀俊さんが、演じてくれます。

20120913_127428[1].jpg

なで肩なので、着物がすっきり、良く似合いますね。

で・・・
私の好きな「白虎隊」では、竜雷太さんです。

imageCA4H8B4I.jpg

いつみても、どんな時も、私の中では「ゴリさん」です。黒ハート

で・・・
白虎隊でも、気の強い八重子を叱り飛ばしていましたが。。。
西島さんはどんなふうに演じてくれるのでしょうか???

では、山本覚馬さんって、どんな人???

会津藩士で砲術指南役の山本権八の長男として鶴ヶ城近くの武家屋敷に生まれました。
山本・・・山本・・・遠祖は甲州武田の軍学者・山本勘助です。
そうなのです黒ハート
やはり、江戸時代は家業を継ぐのが当たり前の世。。。それは、武士でも変わりませんでした。だから、軍学者です。るんるん

洋式砲術の研究のため、22歳で江戸に出て兵学者・佐久間象山の塾に学んだ後、会津で蘭学所を開設します。

1862 年、京都守護職に就任した藩主・松平容保に従い上洛、洋学所を開設し、会津藩士だけでなく諸藩士や新選組にも洋式砲術を教授しました。

長州と戦った「禁門の変」では砲兵隊を率いて勲功を挙げるが、眼病を患い失明同然の状態となります。
この失明は、白内障とも砲弾の破片のせいとも言われています。

鳥羽・伏見の戦で薩摩軍に捕えられてしまいます。

幽閉中に新国家の青写真を描いた「管見」を新政府に建白、岩倉具視、西郷隆盛たちから高く評価されることになります。

軍学者、砲術指南役ということで、体育会系みたいな感じもしますが・・・
なかなか、教育や信仰にも篤い人です。


榎本武揚が、明治維新にとって必要な人物だったように、この山本覚馬も才能に満ち溢れた人のようです。
どんなふうに演じてくれるのか、楽しみにしています。黒ハート

明治の兄妹 新島八重と山本覚馬 [単行本] / 早乙女 貢 (著); 新人物往来社 (刊)
明治の兄妹 新島八重と山本覚馬 [単行本] / 早乙女 貢 (著); 新人物往来社 (刊)

会津武士―山本覚馬 丹羽五郎
会津武士―山本覚馬 丹羽五郎

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

幕末・明治(日本史) ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 10:57| Comment(0) | 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。