2012年10月05日

「ライバルたちの光芒」始まりました。

先日BS-TBSで「THEナンバー2」が終わってしまって残念に思っていました。

が、水曜日の10時から始まりました。
「ライバルたちの光芒」

司会は高橋英樹さんです。

記念すべき第1回目は「川中島の合戦・武田信玄VS上杉謙信」でした。

言わずもがなのお二人です。

で、ゲストは


武田信玄方は海道龍一朗さん、

天佑、我にあり 天海譚戦川中島異聞|海道龍一朗|講談社|送料無料
天佑、我にあり 天海譚戦川中島異聞|海道龍一朗|講談社|送料無料


上杉謙信方は井沢元彦さんでした。

英傑の日本史 上杉越後死闘編
英傑の日本史 上杉越後死闘編

英傑の日本史 風林火山編
英傑の日本史 風林火山編

「◎◎VS△△」となっているので、1時間のうち半分が一人の方(今回なら信玄や謙信)の時間になるので、ちょっと物足りないような気がします。
おまけに、2人の対比ということに重きが置かれるので・・・
そうではない部分が見えないのがちょっと寂しいです。


無かったと言われている一騎打ち・・・
どうしてこの合戦が名勝負として語り継がれるようになったのでしょうか???

それには2人の人間が関わっています・・・

@江戸時代・武田の家臣だった軍学者・小幡景憲。甲州流兵学者です。
甲陽軍鑑を入手し、講義の為に編纂の手を加えました。
歴史的事実ばかりが入っていたかというと疑わしいのです。
江戸時代も60年が過ぎ、武士と言えど、戦場で戦った人間が少なくなってきました。
武士としての美学を学ぶためにこの本を利用したのです。


そして、もう一人が・・・
A宇佐美三木之助。小幡景憲の血筋に当たります。
彼は、甲陽軍鑑をヒントに上杉方の文学を捜索、初代紀州藩主の徳川頼宣のもとに持ち込みます。
頼宣は、次期将軍と思われていましたが、秀忠によって紀州に領地替えとなっていました。
ここ紀州で北越軍記を書いて、対抗し、紀州徳川家の軍師となりました。

遺恨を残した秀忠と頼宣・・・そこにあったのが「甲州流軍学」と「越後流軍学」だったのです。


「岩国本」と「紀州本」では違いがあります。

「岩国本」では見慣れた一騎打ちではなく・・・

f0022982_4182465[1].jpg


「紀州本」では、信玄と謙信が川の中で戦っているものでした。


130666750698516317959_IMG_2930[1].jpg


徳川家と紀州家の戦いでもあったのです。


ただ・・・サラリーマン化してきていた時代に、武士とはこういうべきである!!という見本だったのは間違いないようです。


どちらが好きか・・・高橋英樹さんが決めるのですが・・・
でも・・・軍配は挙げる必要があったのかなあ・・・っては思います。
好きな人物は、どう転んでも好きでしょう。黒ハート


「勝者には悲哀を、敗者には美学を」だそうです。黒ハート


来週は「武蔵VS小次郎」です。


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 14:28| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。