2012年09月28日

「ナンバー1の苦悩〜徳川慶喜〜」

なんと、THEナンバー2最終回になってしまいました。
まあ、思っていました。もうネタ切れになってきたのかなあ・・・って。


今回は、でも、No,1になった男、徳川慶喜さんです。


00019_l[1].jpg


慶喜が第15代将軍となったのは、慶応2年、時代は大きなうねりの中にいました。
日米修好通商条約、開国・・・国論が真っ二つに分かれる中、幕府は弱体化・・・

倒幕・尊皇攘夷が声高に叫ばれ始めました。
その中心には、公家の岩倉具視、薩摩・長州・土佐が出入りをし、天皇を中心とする政治を目論んでいました。

徳川幕府最大の危機・・・
自らの手で未曽有の決断をします。

慶喜には謎が2つあります。
@徳川家康から続いた260年に及ぶ天下を・・・大政奉還しようということ。
どうして自ら大政奉還したのか???
A戊辰戦争を・・・なぜ戦いを放棄したのか???


その時、慶喜は何を考えていたのでしょうか?

揺れ動く幕末の日本にあって、一番悩んだ人かも知れません。
徳川家茂のNo,2からNo,1へとなった男。
その男が描いた国のあるべき姿とは?


「なりたかった」将軍と、
「なりとうはなかった」将軍・・・


13代将軍家定が、頼りにならなくなった混迷の世・・・
@年長 A英明 B人望
を条件に将軍を選ぼうとします。

それは・・・
一橋慶喜(21歳)VS徳川慶福(13歳)でした。

慶喜は、20歳を超えてインテリ、将軍候補に擁立されますが、井伊大老が推薦したのが慶福でした。

慶喜ははNo,2として働き始めます。

慶喜は、天保8年徳川斉昭の7男として江戸・小石川に生まれます。
斉昭は烈公と呼ばれる攘夷派、慶喜が2歳になると水戸学を学ばせました。

11歳となった慶喜のもとに、一橋の養子になる話が持ち上がります。
御三卿は、将軍になれる血筋・・・息子が将軍になれるかもしれない!!

たびたび将軍候補に挙げられましたが、1862年家茂の将軍後見職となります。
この時から、ナンバー2として頭角を現します。

どうして大政奉還をしたのか???

それは、慶喜が水戸学を学んでいたから・・・
戊辰戦争を放棄したのは、江戸の人々を救いたかったから・・・


帝王学に基づいた、水戸学・・・

慶喜が将軍ではなく、天皇のNo,2となった瞬間でした。


今回で終わりになってしまいました。


この最終回に関しては今までTHEナンバー2でやった、岩倉具視・勝海舟・小栗上野介なんかを観るとよく解るのかなあ・・・って思います。

毎週楽しみにしていたので、とっても寂しいですが・・・
徳川慶喜が大政奉還したように、THEナンバー2も、粋な計らいをしてくれました。黒ハート

次回からの番組も、歴史物みたいです。黒ハート


楽しみにして1週間過ごします。るんるん



にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

幕末・明治(日本史) ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 13:38| Comment(0) | THE ナンバー2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。