2012年09月24日

最近の「THEナンバー2」ですが・・・

私の大好きな「THEナンバー2」ですが・・・

ここ何回か、「◎◎のナンバー2△△ VS ☓☓のナンバー2◆◆」みたいなのをやっていました。

ナンバー2も70回を越えると、ナンバー2自体なくなってきているのかしら???

と、心配していました。

次回第77回は徳川慶喜さんです。

で・・・
ふと考えてみました。

日本の歴史のナンバー2がなくなってきているのだったら、
現代史のナンバー2・・・例えば今ドラマでやっている吉田茂なら白州次郎とか・・・

050908shirasu2[1].jpg


世界の歴史のナンバー2・・・
って、劉備のナンバー2、諸葛亮孔明

4eea4b6a96cc4b5489c68027fdab2d84[1].jpg



ヒトラーならゲーリングとか、ルドルフ・ヘスとか???

PhotoChooser-162bd802-8af8-4b1d-b101-57216a0fdfbc[1].jpgslide_34980_313247_large[1].jpg


って・・・???
他にはピンときませんあせあせ(飛び散る汗)

世界的に見るともしかしてNo,2って、あんまり存在しないのかしら???
それとも私が知らないだけなのでしょうか???

そう・・・

よーく考えると、外国は独裁者が多いですよね。
日本は例えば平清盛が政権を握って以来、鎌倉・室町・徳川・明治維新以降・・・
ずーっと”傀儡政権”っていうか、天皇はマッカーサーが言い渡すまでもなく象徴だったような気がします。


だから、ナンバー2が活躍するのは、日本以外にありえないのかもしれない。。。
と、思ってしまいました。

私の勉強不足でしょうか???

暇ができたら世界のNo,2を調べてみよう黒ハート


補佐役の精神構造 リーダーを支えた名参謀の条件
補佐役の精神構造 リーダーを支えた名参謀の条件

補佐役の研究―歴史にみる組織人間学 [単行本] / 加来 耕三 (著); 光人社 (刊)
補佐役の研究―歴史にみる組織人間学 [単行本] / 加来 耕三 (著); 光人社 (刊)


↓ランキングに参加しています。黒ハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 08:11| Comment(0) | THE ナンバー2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。