2012年07月27日

てくてく福井 〜丸岡城〜

丸岡城は1576年(天正4年)、織田信長の命により柴田勝家・甥の勝豊が一向一揆平定の為に築いたお城です。

img56058606[1].jpg

柴田勝家は、その前年に築いた北ノ庄城を居城としていたので、この丸岡城は北ノ庄城の支城にあたります。


築城後は勝家の甥の柴田勝豊が城主となりますが、1582年(天正10年)の本能寺の変の後は・・・
安井家清、青山修理亮、青山忠元、今村盛次と次々に城主が変わり、
1613年(慶長18年)に本多成重が4万3000石の藩主として入城しました。


1624年(寛永元年)福井藩二代目の松平忠直が不行跡を理由に豊後配流となり、福井藩に減封などの処分が下され。。。それと同時に本多成重は福井藩より独立。大名に列し、丸岡藩が成立しました。

1695年(元禄8年)にはお家騒動が起こり、有馬清純が入封し、以降明治まで有馬氏が藩主として続きました。


丸岡城は越前平野のほぼ真ん中に位置しており、小高い丘の上に築かれた平山城です。

一向一揆との戦いの舞台になったお城ですが、戦の度に大蛇が現れ、霞を吹いて城の危機を救ったという言い伝えがあるそうです。




img56058607[1].jpg


この丸岡で有名になっているのは、一筆啓上の手紙です。

江戸時代になって藩主として入封した本多成重公の父、本多作左衛門重次が長篠・設楽が原の戦いに参陣していた折・・・

"一筆啓上、火の用心、
おせん泣かすな、馬肥せ"

と丸岡にいる妻に送った手紙です。


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ
ラベル:丸岡城
posted by ちゃーちゃん at 11:40| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。