2012年07月09日

戦場を駆け抜けるスタミナ源は??

戦国時代は、昼抜きの朝夕二回の食事でした。
一日三食となったのは、江戸時代以降のことです。

将兵は、1日5合の玄米を、朝に夕に2合5勺づつ食べていました。
しかし、戦時になると・・・

出陣に臨んでは、味噌と塩を添えた白米をお腹いっぱい食べました。
食事の回数も、1日3回となり、夜食もとります。

「武教全書詳解」には、
「常は、一人分1日5合を以て食の定めとするが、軍陣はこれを倍して1日1升を分量とし、4度に食する心得たるべし。1升を4つにして2合5勺あて朝昼夕三度なり。残り2合5勺は不時の食として貯え置くべし。不意に出撃する時、または夜討ちに出るときは必ず一飯をしたため、勢力を増して出ることを習いとす」
と、記されています。

味噌は、一人につき1日2勺、塩は1勺となっていました。
戦場には、小荷駄に兵糧と鍋を積んで運びました。


兵糧も、腰兵糧も、諸家、戦の規模によって異なりました。
一般的な腰兵糧の中身は、握り飯。夏には腐りやすいので、味噌や塩をまぶしたり、焼きおにぎりにしたりしました。

他に、干飯。これは、動きながらでもポリポリとそのまま食べられます。これに、梅干しの肉をすったものや砂糖をつけ、打違袋という底のない長い筒状の袋に入れて、腰に巻いていました。


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 18:59| Comment(0) | 戦国の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。