2012年06月27日

田原総一朗の仰天歴史塾〜戦後復興と日米安保・吉田茂と岸信介〜A

田原総一朗の仰天歴史塾〜戦後復興と日米安保・吉田茂と岸信介〜
昨日の続きです。。。

ここから暗躍するのが岸信介。。。
講和条約発行の日・・・
公職追放を解除されて政界に復帰して来ました。

政界再編を狙って、鳩山一郎を主とする新党結成。
吉田の追い落としにかかります。

岸は、経済優先の吉田とは正反対の政治を目指しました。

その為に、保守勢力を結集させます。
「戦前は、いざという場合、陛下のご聖断で決まった。
 戦後は数が重要だ」
と、しました。

昭和の妖怪と呼ばれた男・・・

裏方に徹しながら、55年体制を作ります。


当時は財界から金をもらって政治家がお互いに覇権争いをしている時代でした。
資本主義だと腐敗が起きる・・・
岸信介は、東京帝国大学法学部卒業後、農商務省に入り、北一輝らの影響を受け、革新官僚として国家社会主義に目覚めます。

1936年に満州国事業部次長となり、満州の産業経済を一手に運営、「満州は私の作品です。」
当時、満州で活躍した人を・・・「弐キ参スケ」と呼びました。
東條英機・星野直樹・岸信介・松岡洋右・鮎川義介(日産の創始者)のことです。
これが、岸の人脈と金脈となります。

東條英機内閣の時に大臣となり・・・
しかし、岸が戦争終結に向かったので、東条英機内閣は総辞職に追い込まれてしまいます。

A級戦犯として逮捕され、しかし釈放、公職追放の後に政界復帰します。
裏には、アメリカとの取引も?疑われています。

政界では・・・当然保守派の一人となるかと思われました。

憲法改正・自立独立派で、60年安保改正をはじめ、改憲、再軍備を主張しています。

この岸の作った55年体制・・・。日本の政治体制のの基礎となります。

保守の自由民主党が結成されます。
憲法改正と再軍備を主張します。

革新は、日本社会党。
護憲と非武装中立を主張します。

岸は、幹事長に就任し、党内を掌握、次の総裁を狙います。

鳩山一郎の後を、岸・石井光二郎・石橋湛山が次期総裁を狙いますが・・・

1957年第1次岸内閣発足。
用意周到にステップを上がり、首相の座に上り詰めます。
岸流の日本づくりが始まりました。
憲法改正論者の岸・・・経済優先から憲法改正へ舵を取ろうとします。


首相就任2か月後にマッカーサー大使と会談。
あの、GHQのマッカーサー元帥の甥です。

55年体制を基盤に交渉を重ね・・・
1960年1月19日新安保条約調印。
安保条約の改定にこぎつけます。

しかし、国内は、反安保でもが荒れ狂います。
国民に歓迎されると思っていたのに・・・。

5月20日未明、衆議院で新安保条約強行採決。
これで、さらに抗議行動が膨らみます。

6月15日、国会構内に乱入した全学連と警官隊が激突!!
東大生、樺美智子が死亡。
これが決定的な事件となります。

60年安保内容は・・・
@基地をつくる場合、相談する必要がある。
A日本防衛の義務あり。
B起源は10年間。

改善されたはずなのに・・・
日本中が反対!!でした。

それは・・・
国民は、A級戦犯でありながら、政界に復帰していた・・・アメリカと何か密約をしている・・・。
そんな岸が信用できなかったのです。

しかし、アメリカは岸を大変信用していました。
裏工作をして・・・
将来は対等安保にしたいが、憲法を改正するまでは出来ないので、部分改定にしてほしいと申し入れたのです。

しかし、国民は反発します。明らかに改善しているのに・・・
そこには、岸が出した「警職法改正案」がありました。
これは、警察官の職務・権限の拡大を目的に提出されたものですが、これに反対したことが、60年安保へと繋がっていくのです。

警職法改正案・・・
安保改正を前に、警察力を強化しようとしたものです。
大規模な反対運動で、警職法改正案は、廃案となりました。

戦前の、国権主義に逆行するような岸の政策に国民は反発したのです。
滅私奉公に・・・戦前に戻ってしまう。

おまけに、A級戦犯だったこともイメージダウンです。

憲法改正が遠のき、経済が優先されるようになります。。。
安保は、6月18日・・・自然成立しましたが、岸は辞めざるを得なくなりました。

この後は、

吉田路線の経済優先が良いのか?
岸路線の憲法改正が良いのか?

憲法改正は棚上げされたまま、経済成長の道を邁進します。
池田勇人は、所得倍増計画を打ち出し、ひたすら豊かな社会を作ろうとします。
経済大国の道を、猛スピードで走るのです。

その急成長の歪の中から、大政治家が生まれます。
彼は、日本全土を改造しようとします。

まっしぐらに突き進んだ男。。。田中角栄。
日本は、成長から混迷の時代へ向かおうとしていました。


誰もが書かなかった日本の戦争 [単行本] / 田原総一朗 (著); ポプラ社 (刊)
今だから言える日本政治の「タブー」 [単行本] / 田原 総一朗 (著); 扶桑社 (刊)
今だから言える日本政治の「タブー」 [単行本] / 田原 総一朗 (著); 扶桑社 (刊)
田原総一朗責任編集 2時間でいまがわかる! 絶対こうなる!日本経済 (単行本・ムック) / 榊原 英資 著 竹中 平蔵 著
田原総一朗責任編集 2時間でいまがわかる! 絶対こうなる!日本経済 (単行本・ムック) / 榊...
↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 10:50| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。