2012年06月19日

出陣!! 縁起を担いだ儀式と禁忌。

織田信長は、桶狭間の奇襲攻撃において、熱田神宮の神殿に願文を納め、戦勝祈願したと言われています。

神宮の門を出ようとしたその時、二羽の白鷺が、敵方向へ向かって旗先を飛び去って行きました。
これを見た信長は、熱田神宮の加護を示す吉兆と断じ、家来を奮い立たせました。

これは、信長の作戦にのっとって、熱田神宮の大宮司が一芝居打ったのだとか。

だって、信長は、信じていないでしょう?神を!!

でも、このおかげで、家来たちは怯えを払い、士気を鼓舞して戦うことが出来ました。

このように、戦場は、生と死の極限状態の世界です。
侍たちは、常に、死と背中合わせに生きているのです。
これを払拭するために、理屈を超えた神秘的な、呪術的なものに縋ろうとしました。

そう、勝つことが出来るなら、どんなものにでもすがりつき、縁起を担いだのです。


出陣にあたっては、大将は様々な儀式を執り行いました。
代表的なのが、「三献の儀式」
出陣の門出を祝う酒の肴として、三つ重ねの盃と一緒に、三方に乗った打鮑(打つ)・勝栗(勝つ)・混布(喜ぶ)が大将の前に置かれます。
つまり、「打ち勝って喜ぶ」と縁起を担いだのです。

この祝い酒を飲み終えると、右手に弓をとり、左手に軍配を開きもち、「えいえい」と勇ましく叫び、兵が「おう」と声を和して応じました。


また、出陣の3日前から正室・側室をはじめ、女性を近付けることは禁忌とされていました。
女性に接すれば、未練が残り、精力を消耗し、戦場での働きに差支えがあるからです。

出陣の日取りは、吉日を選び、凶日とされる往亡日は避けられました。
往亡日とは、文字通り、亡びに往く日のことで、陰陽家は、春は7、14、21日、夏は8、16、24日、秋は9、18、27日、冬は10、20、30日がこれに当たりました。

方角は、死者を北枕にするところから、北を避け、出陣の方角を東、または南に当たるようにしました。

大将は、顔が東か南に向くように床几に腰を下ろし、武具も同様に置きました。


なんて忙しいんでしょう。あせあせ(飛び散る汗)
ほんとに戦ってる???

戦国の軍隊: 現代軍事学から見た戦国大名の軍勢 [単行本] / 西股 総生 (著); 学研パブリッシング (刊)
戦国の軍隊: 現代軍事学から見た戦国大名の軍勢 [単行本] / 西股 総生 (著); 学研パブ...
図説・戦国武将118―決定版 [ムック] / 学研 (刊)
図説・戦国武将118―決定版 [ムック] / 学研 (刊)
↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 14:45| Comment(0) | 戦国の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。