2012年06月11日

お金がわかればニュースのナゾが解ける!@

池上彰スペシャルです。

解りやすい池上彰さん、今回は、お金にまつわる大解説をしてくれます。

お金と国際ニュースは、密接に関わり合っています。
そんな秘密を教えてくれるそうです。

世界のお金。
日本の銀行や空港で両替できるのは、37の国と地域のお札、113枚です。
日本人が大勢行くところは、けっこう両替できます。
しかし、アフリカなどは、需要がないので出来ないところが多いのです。

スイスフランや、イスラエルの新シェケルは、横型でなく縦型です。20090826164616b0e[1].jpgdscf8718[1].jpg

そして、世界のお札の約7割に肖像画が描かれています。

こちらはフセイン元大統領。
imageCAP3XMMR.jpg

こちらは北朝鮮の金日成主席の肖像画です。
100o[1].jpg

北朝鮮では金日成が神格化されています。
使うと汚したり・・・お財布に入れても、お尻のポケットに入れてお尻に敷いてしまったり・・・
そんなことは怖くてできないので使わなかったとか。。。

世界で一番多く、お札に描かれている人物は・・・
イギリスのエリザベス女王です。
16の国と地域のお札にエリザベス女王の肖像画が描かれています。

それは、イギリス連邦・・・かつての植民地だった国々も使っています。
カナダ・オーストリア・ニュージーランド・・・これらの国家元首は今でもエリザベス女王です。
だから、イギリス以外でも使われているのです。

南アフリカの紙幣は動物です。
IMG_1795[1].jpg

それは・・・
肖像画にすべき人物は決められない・・・
少し前まで、南アフリカではアパルトヘイトという人種差別政策が行われていました。

なので、白人を出すのか、黒人を出すのか・・・決められなかったのです。

この人なら肖像画に!!
しかし、今年中には、初代黒人大統領となった「ネルソン・マンデラ」が、紙幣になる予定です。


一番価値の高いお札はシンガポールの一万ドル紙幣、日本円にしておよそ70万円です。
35_1[1].jpg

日常生活で使われるわけではなく、銀行間で使われています。

お札でその国が見えてくるのだそうです。

次回は、ユーロ危機です。

↓ランキングに参加しています。揺れるハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん
にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 14:07| Comment(0) | 池上彰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。