2012年06月05日

世界一の出稼ぎ大国。

関西国際空港で・・・

長蛇の列の先には、フィリピン・マニラ。
セブ・パシフィック航空という聞きなれない会社です。
2008年に日本に初就航。
その特徴は・・・

@格安であること。
 関空〜マニラ間、片道1万3000円です。

Aフレンドリーな客室乗務員。
 機内では、ゲームなんかを楽しみます。

B観光客ではない乗客。
出稼ぎ労働者・・・彼らがメイン顧客です。
安い運賃が、人の流れに変革をもたらしていました。

2年に一度しかフィリピンに帰ってこられない人が、1年に1回帰れるようになりました。

そして、ついには1050万人の乗客数となり、
国営のフィリピン航空の822万人を大幅に上回り、No,1となりました。

実は、フィリピンは、世界一の出稼ぎ大国です。
出稼ぎが国家戦略なのです。

次なる市場は、日本!!

日本の外国人労働者比率は、0.9%。
世界と比べると・・・
アメリカ・・・16.2%
ドイツ・・・・9.4%
イギリス・・・7.3%
全然違います。

フィリピンの知られざる人材戦略は???

共働きの救世主として・・・
カリスマ家政婦は、掃除、食事、子供の世話、フィリピンの公用語に英語もあるので、子供は英語も教えてもらっています。

共働きの家庭が増えてくる中で、家政婦は必要となってくるのでは?

駐在外国人の為に、フィリピン人家政婦が必要とされている中で、日本人にも浸透してきた理由の一つは、フィリピンの人は、非常に一生懸命で、掃除が上手だということ。

日本の家政婦だと、年配の人で、最近はなかなか依頼されないのだとか・・・。


しかし、このようにフィリピン人家政婦が日本で働くためには、大きな壁があります。

働いている人は、全員日本人の配偶者だということ。。。
そうでない場合・・・つまり、日本での出稼ぎ家政婦は就労不可・違法なのです。

1980年代、社会現象となったジャパゆきさん・・・。
歌手やダンサーなどの芸能活動をする興行ビザでやってきて、ホステス・・・
日本のあちこちで、フィリピンパブがありました。

しかし、アメリカから人権問題として指摘され、日本は興行ビザの規制を強化、その結果、8万人が、1500人にまで激減。これによるフィリピンの経済損失は、700億円と言われています。

その後・・・。

フィリピン・・・人口9400万人、そのうち10人にひとりが今も海外に出稼ぎに出ています。
その送金額は、214億ドル。実にGDPの10%です。

出稼ぎは、フィリピンの経済を支えています。

そんなフィリピンでは、出稼ぎが国策となっています。
海外雇用庁なるものがあります。
国策として、出稼ぎ労働者を支援してくれるのです。

海外で合法な仕事につくように指導し、労働者が虐げられたり搾取されたりしないように監視しています。

人材育成も国策で行われています。
”アメリカ式のテーブルセット””ロシア式のテーブルセット”、虎の穴では一流のもてなしが教えられています。

洋裁、パティシエ、溶接工など・・・230種類の職業訓練所が全土に4000校もあります。


日本語を教え込まれた家政婦たちがいました。
家政婦専用の訓練所では、猛特訓が続いています。

家族を助けるために、香港へ・・・香港では、14万人の家政婦が働いています。
人口700万人の香港では、家政婦は当たり前。
夫婦が共働きは当たり前なので、その代わりに家政婦を雇うのです。

何故、フィリピン人が人気があるのか???

@英語人口が世界第3位。英語が堪能であるということ。
A国民の83%が敬虔なカトリック信者。とっても真面目。
B友達を作りやすい、世界第2位。フレンドリーであること。
 フィリピーノホスピタリティという言葉があります。フィリピン人のおもてなしの心を表しています。

フィリピンの歴史は・・・
1946年に独立。
1950年、アジアのGDPを比べてみると、
1.日本      1873ドル
2.フィリピン   1255ドル
3.台湾      922ドル
と、経済的に豊かな国でした。

しかし、プランテーション農業が主な産業だったため、大地主支配が続き、農業以外の産業が育ちませんでした。
経済は停滞します。
そこで、マルコス政権時代に打ち出されたのが、出稼ぎ政策でした。


豪華クルーズ船での日本一周ツアー・・・。
裏で支えているのは。。。

客たちをもてなしているのは、フィリピン人人たちでした。
スタッフは、208人中128人がフィリピン人です。
丁寧なサービスと温かいもてなしがありました。

世界中の船の中にも。。。
日本郵船の船員は、
日本人593人に対し、フィリピン人1万5016人にもなります。


マニラでは・・・日本式船長育成基地・日本郵船の商船大学があります。
後悔し60人。機関士60人。倍率は、33倍です。

シュミレーションで、東京湾に入る練習もしています。
東京湾は、混んでいて難しい海域。。。
頑張って、勉強しています。

世界が認めるフィリピン人船員。日本のグローバル化が進んでいます。

フィリピン人の活躍の場は・・・
出稼ぎ家政婦・出稼ぎ看護婦・船の乗務員・コールセンターなどです。

コールセンターはインドのイメージが強かったですが、インドを抜いて、フィリピンとなったのです。
田舎にいても、海外からお金がもらえる・・・新時代の出稼ぎです。


フィリピン人は、日本人との相性がよさそうです。

最も必要とされているのは、老人ホームの介護士さん。
仕事でも、高い評価を得ています。

しかし、最大のハードルは・・・
日本語のむずかしさと、漢字。。。

来日してから4年で、介護福祉士国家試験に、日本人と同じ条件で合格しないと・・・
不合格の場合、帰国しないといけません。

しかも、3年間の実務経験が必要なため、実質的に1回しか受験のチャンスはありません。

本番に向けて、頑張っています。

離職率の高い、日本人の介護士現場・・・。
がんばって、働きたいとのことでした。

日本にいる介護職員は。。。約150万人。
少なく見積もっても、2025年にはあと60万人必要です。

現在日本では、外国人労働者は・・・
「学術研究」「専門技術」「経営管理」を高度人材として受け入れて、単純労働は不可とされています。


今後は・・・
人材開国で、家庭所得倍増。ということです。。。

フィリピン人がメイドでやってくると、お母さんが働くようになる。
お母さんが働くと、家庭所得が倍増します。
子供が増えて・・・少子化が止まる。

といういいサイクルになるという。

日本の女性の社会進出度は・・・中国でも61位なのに、98位です。
135か国中98位なのです。
有能な女性の人材が、社会に出ずに埋もれている。。。
その力を今後の人材不足に使おうということです。

そう、私もその98位を作っている一人ですね・・・。
反省しようかなあと思いながら、年寄り(親)の話を聞くのも自分の仕事と思っているので、反省しません。。。あせあせ(飛び散る汗)

メドウズ ココナツオイル 50ml 【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】 【0603superP2】【RCPsuper1206】【qshu_ss】【スーパーセール】
メドウズ ココナツオイル 50ml 【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】 【0...

PATOUNIS/パトーニス ギリシャの石けん ホワイト 天然オリーブオイル80%、天然ココナツオイル20%
PATOUNIS/パトーニス ギリシャの石けん ホワイト 天然オリーブオイル80%、天然ココナ...

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

posted by ちゃーちゃん at 15:00| Comment(0) | 未来世紀ジパング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。