2012年05月18日

第19回「鳥羽院の遺言」

第19回 「鳥羽院の遺言」

誰も予想していなかった後白河天皇が誕生。

朝廷は大騒ぎになります。
ピーチクパーチク、自分では何もしないのに、本当に公家っていやらしい・・・です。。。
後白河天皇の乳父である信西はにわかに朝廷内で存在感を増していきます。

そんな波乱の始まりに、平清盛は不安を抱きます。
またも期待を裏切られた崇徳上皇は、鳥羽法皇に激しい恨みを募らせました。

その一方、後白河即位を決定した鳥羽法皇自身も自責の念にかられています。

左大臣・藤原頼長は、帝を決める場に立ち会えなかったばかりか、亡くなった近衛帝を呪詛していたという風聞が立ち、朝廷内での立場が危うくなっていきます。

そう、なんだかわかりすぎるほどの罠ですが、誰が仕組んだのでせう?
呪詛なんて、今でも気持ち悪いのに、当時は本当にキツかったでしょうねあせあせ(飛び散る汗)

そのころ源義朝は、息子の義平を差し向けて異母弟・義賢を討ち取り、源氏の棟りょうの証しである「友切」を奪い取るのです。
こんなの好きですよね。日本人。「友切」があったからって、強い証拠でもないだろうに。。。
「三種の神器」とか、「錦の御旗」とか。細胞に刻み込まれてるんでしょうね。きっと。。。

これを聞いた為義は激怒!!

為義・義朝父子の関係は修復不可能となりました。
でも、なりふり構わず突っ走る義朝さん。。。もうそろそろお時間が参るのでしょうか?


代わって・・・清盛の館に時子の妹・滋子がやってきました。
その美しさに平氏一門は見とれます。

時忠は滋子を貴人の妻にしたいと清盛に言いました。
流石は、時忠。彼が言ったのですよ。
「平家にあらずんば人にあらず」って。
いつも、楽をして生きようというところ、解りやすくっていいですよね。
人間、そんなに変われるものではありませんから。

が、滋子は身分に関係なく好きな相手に嫁ぐと言い放ちます。
なんと!!って感じですが、平家はなんでも言える家だったってことかしら?



1155年10月、後白河帝が正式に即位。宴の席に崇徳上皇から祝いの歌が届けられました。


あさぼらけ
なが(長)き夜を越え
にほひたて
くもゐに見ゆる
しきしま(敷島)の君

ああ、なんだか怖い!!縦に詠むと「あ・な・に・く・し」


思い出してしまいました・・・あせあせ(飛び散る汗)

いちばん最後を続けて読んでください。。。

いろはにほへと
ちりぬるをわか
よたれそつねな
らむうゐのおく
やまけふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす

「咎無くて死す」
いろは歌にある柿本人麻呂の暗号です。あせあせ(飛び散る汗)

日本三大怨霊は、菅原道真・平将門・崇徳天皇ですが、この人にも怨霊説が付きまといます。あせあせ(飛び散る汗)

日本人って、言霊の世界に生きていますから、こういうのって怖いですよね。。。
なんだか、背筋が寒くなって、金縛りにあいそうです。。。


そんな、言霊の世界、いくら俺様な後白河帝でも・・・怒って暴れだします。

その姿に亡き白河院を見た鳥羽法皇。。。本当に、刷り込まれたかのように・・・っていうか、「後白河院」っていう名前も、言霊の世界なのに鳥羽上皇にとっては不吉以外の何物ではないよね。。。激しく取り乱し、これまで蓄積した心労もあいまって伏せってしまいました。

これを呪いっていうんじゃないの?

見舞いに訪れた清盛に鳥羽法皇は、もしも何かあったときには御所を守れと命じます。清盛は謝罪の気持ちを崇徳上皇に伝えてはと勧めます。

ちょっと、大人になったのかしら?清盛。。。
サブキャラばっかり目立ってますよ!!
ガンバらないと!!

そして鳥羽法皇の写経(なんか、字ってのがもうすでに祟ってそうで怖いですよね・・・)って、崇徳院の崇と、祟りって、似てる・・・たらーっ(汗)

崇徳上皇を訪ねた清盛は、法皇がみずからの所業を悔いていることを伝えますが。。。しかし写経は、崇徳上皇によってびりびりに!!破かれてしまうのでした。

そんな、こちらの親子も修復不可能よ!!清盛!!

翌年になると、鳥羽法皇の病はさらに悪化。
そんな中、崇徳上皇の挙兵が都でうわさになり、信西は都中の武士に鳥羽法皇に忠誠を誓うための誓紙を出すように命じます。

そんな、勝手なことしていいの?
ずいぶんと位が上がったものです・・・。

清盛はその命令に対し、平氏は鳥羽法皇と崇徳上皇のどちらにもつかず、二人を和解させることを改めて宣言するが、一門は不安にかられていました。

池禅尼は・・・
「忠正殿、いざという時にはそなたが守っておくれ。亡き殿のお志を・・・」
やっぱり、清盛の全ての元凶は、この人なんじゃないかと思えてきました。。。
やっと、おじさんの立場もしっかりとしてきましたね。。。
そうでないと、保元の乱へ進めませんからね。。。

一方、義朝は鳥羽法皇への誓紙を書くが、その直後に為義の家臣・鎌田通清にその行為を責められます。
源氏が仕える左大臣・頼長の立場がわからぬ現状で誓紙を書くことは危険だから。。。

しかし義朝は意に介しません。
爆走しています!!

さらに通清は義朝に為義との和解を勧めましたが、義朝は拒否。。。
その様子を見て義朝と行動をともにしてきた鎌田正清も義朝のもとを去ってしまいました。
どーすんのよ!!一人ぼっちですよ。
棟梁ならみんなのついてくるような男にならないといけないわよ!!

その後、ひとりぼっちの義朝は清盛を訪ねます。義朝が鳥羽法皇への誓紙を書いたことを告げると、清盛は鳥羽法皇と崇徳上皇を和解させるべきだと反論。なんと、ここでは慎重な!!

すると義朝は、この混乱こそが武士が出世する好機だと叫んだのです。
それはその通り!!
ひとの不幸は自分にとってはチャンスかも!!ってことよね。

そのころ、崇徳上皇のもとを美福門院得子が訪れていました。
「どの面下げて会いに来るねん!!」
っては言わないの?

崇徳上皇が院政を行う最初の機会を奪った張本人だった得子は、息子である近衛帝がよう折したのは自分が無理に帝につけたからかもしれないと悔やみ、もう長くない鳥羽法皇との和解を崇徳上皇に訴えます。
そんなこと言っても今更なあ・・・。

今度は清盛を信西が訪ねていました。誓紙を書かない清盛に、世の流れは大乱に向かっていると告げ、自分がもっとも守りたいものはなんなのかを見定めろとさとしました。

そして、その言葉は清盛に重くのしかかったようです。

7月、鳥羽法皇の危篤の報が都を駆け巡ります。

そして鳥羽法皇のもとへ駆けつけた崇徳上皇。。。

崇徳上皇「通せ。われは法皇様の子ぞ。子が親の死に目に会うてなんのさわりがある!」

しかし、時すでに遅し・・・。

自分にも守るべきものがあることを告げ、剣を向けます。

え〜!!仲直りさせたかったんじゃないの!?清盛

清盛は平氏一門を守るため、誓紙を書いていたのだ。そして鳥羽法皇は亡くなってしまいました。
もう、あの狂気を見ることが出来ないと思うと寂しいです。。。失恋

ほんと、素晴らしかったです。黒ハート


そして、雨の中、濡れてさまよう崇徳上皇に近づいたのは頼長でした。
ああ、怖い!!この人も、転んでもただでは起きないのね。。。
でも、崇徳帝が怨霊と化すにはやっぱりもうひと騒動ないとね。黒ハート
そう、鳥羽院が亡くなったからには、この崇徳帝にあとを任せます。

崇徳帝の井浦新さん、「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」という映画で、主役の三島由紀夫を演じます。三島由紀夫を演じるにあたって、エンディングロールに自分の名前ARATAと出るのが自分の美意識に反するということで、アルファベット表記から漢字に変えたとか。。。

なんか、一癖も二癖もありそうで、今後の大河を引っ張ってくれると信じています。

そう、鳥羽法皇の崩御により、くすぶっていた火種それぞれが炎をあげ、都を戦に巻き込んでいくのですから。


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
ラベル:鳥羽院
posted by ちゃーちゃん at 20:00| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。