2012年05月15日

和歌祭に行ってきました。 〜A〜

このお祭りは、全国に類を見ないお祭りです。

だって、
P5130091.JPG
こんな感じで神輿が下りてきます。


お祭りの構成は当初、紀州徳川家が中心に、行列の書く芸技種目の全ては、株組織で構成されていました。

その「それぞれの株」が、連合して祭り行列となり、そこに無礼講として土地の人々の得意とする芸技集団が続いていました。

各「株」は、家臣団の個々が名誉をかけて、その技術を代々、口伝によって継承されてきました。


行列は、現在では、東照宮を出発して、新和歌浦を通り、片男波、あしべ橋を渡り、玉津島の前を通って東照宮に帰ってきます。

行列の中には・・・

P5130161.JPG

P5130164.JPG

P5130168.JPG


総奉行や腰元、伶人(雅楽を演奏する人)、左右大臣なんかがいます。

P5130144.JPG

P5130149.JPG

P5130145.JPG

神官として、東照宮の宮司さんもいます。

P5130141.JPG

相撲取りも。

P5130181.JPG

こちらは「連尺」と言って、行商の反物売り姿で諸国を回って、祭りの日には必ず帰国し、諸国の情報を伝えていました。

P5130184.JPG

こちらは「団扇太鼓」。
お万の方が日蓮宗を厚く信仰されていました。その冥福を祈る踊りです。


P5130199.JPG

P5130208.JPG

P5130154.JPG

他にも、いろいろな役に扮した人達が練り歩くのです。

その中には、餅搗踊りや雑賀踊り、薙刀や獅子舞、唐船なんかがありました。


こんな恰好をして練り歩くのは体力いるなあ・・・と、思いながら、楽しく見させてもらいました。

私なんか体力不足で、普通の恰好でも結構しんどかったです。

みなさん、失礼しました。黒ハートごめんなさい。るんるん


↓楽しかった人は、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 19:25| Comment(0) | 和歌山探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。