2012年05月14日

第18回「誕生、後白河帝」

第18回 「誕生、後白河帝」です。

「誕生、後白河帝」

こんなにしたいぐらいです。

待っていました!!

1154年、近衛天皇の容体がいよいよ深刻になってきました。母・美福門院得子は、一心不乱に祈とうする日々。父・鳥羽院は、崇徳院を遠ざけてきたことの報いではないかと、わが行いを省みます。


そんな反省するなら、最初からしないでね!!と思いながら、でも、当時は何でも怨霊ですからねえ・・・。
病気も祈祷で治すんだから、反省するでしょう。失恋


まあ、いつも言っていますが、日本の三大怨霊になられる方ですから・・・
そして、そうしたのは後鳥羽さんなわけで・・・。悔いて悔いても仕方のないくらいやっちゃっていますし、反省していますが、まだまだやりますよ。この人は!!

そして、その怨霊が移ったのか・・・鳥羽院の側近で、平氏とも親しかった藤原家成が病床に臥します。

見舞いにきた清盛に、家成は息子たちを自分と思い相談するようにと告げ、鳥羽院のことを託しました。
そして、予定通り家成は世を去りました。


ある日、清盛は崇徳院に招かれます。
崇徳院は近衛天皇が死去した後、わが子・重仁が天皇となり、自分が実権を持つ日も近いと考え、清盛に力を貸すよう説きます。

怖い野望が芽吹いてきました。。。失恋


がしかし、清盛、
「身に余るお言葉ながら、その儀ばかりは、お受け致しかねまする」

崇徳院「ガガガビ〜ン!!」

いつの間に、そんなに男前になったのだ、清盛!!

崇徳院は切れまくり。

「朕にこの醜き世をおもしろう生きよと言うたのは、そちではないか」と激高バッド(下向き矢印)

そこで見かけたお気楽にヒマしていた雅仁親王。

雅仁は、一介の武士に頼る崇徳院を落ちぶれたと非難します。
まあ、本当に、天皇になる望みは全くない人なのですから、「面白き世」ではないでしょうね。この時点では。

清盛は崇徳院ではなく武士の立場が変わったのだと言い返します。
そんなに威張れる要素がどこにあるの?
それは、お父さんの残してくれたお金だったりして・・・!?

その夜、平氏一門は集まり、崇徳院につくか、鳥羽院につくかを議論するが、収拾がつきません。
おじさん、なんか企んでそうです。。。あせあせ(飛び散る汗)

すると清盛は、鳥羽院と崇徳院の仲を取り戻させると一同に宣言します。そんなことが出来たら、これからの戦いも、南北朝もないんだよ!!ってことは言えます。黒ハート


そのころ、鎮西にある鳥羽院の所領を、弓矢が達者な巨漢が襲いました。

大鎧をつけて大地に立つ様は・・・

平安時代のモビルスーツ、ガンダム!!

ではなく、源為義の八男・為朝です黒ハート

素行が悪く鎮西に追放されていた為朝でしたが、おまけにこの一件で鳥羽院の怒りを買ったため、為義は右衛門尉の職をとかれてしまいました。

がびーん


為義が頼れるのは藤原摂関家だけとなってしまいました。どうする?摂関家は「悪ですよ、悪」あせあせ(飛び散る汗)

ある日、為義は比叡山の悪僧たちを頼長の前に連行します。
僧の一人、鬼若は以前頼長を助けた自分を見逃せと訴えるが、頼長は一切受けつけません。

綱紀粛正に厳しすぎる左大臣として「悪左府」という異名までついた頼長を忠実は心配しましたが、父といえども口出しすれば容赦しないと頼長は宣言してしまいました。

良いですね・・・。みんな脇をしっかり固めています。揺れるハート
小説でも、漫画でも、サブキャラの目立つのが良い作品だったりします。黒ハート
これで視聴率もUPしてくれないかなあ・・・。揺れるハート


近衛帝の容体が悪い中、関白・忠通は信西と密談中。

子のないまま近衛帝が亡くなったら重仁・崇徳院の親子が権力を持つ可能性が高く、崇徳院と関係が悪い自分は失脚してしまう!!

信西は忠通の不安に答えず屋敷に帰ると、雅仁が訪れていました。

信西は雅仁の乳父です。
そう、雅仁をこんなにしてしまったのは、信西です。たらーっ(汗)

やる気満々になってきて、可哀想にも見える崇徳院の近くにいるのが嫌なのか、信西の妻・朝子をともない美濃の青墓宿へ行くのだとか。

近衛帝の危機に京を離れることを止める信西でしたが、雅仁は関係ないと言い捨て、旅立ってしまいました。


1155年、近衛帝の容体はますます悪化、得子はますます多くの僧を集めて祈とうさせ、義朝は大きな護摩壇を寄進しました。やります、義朝。

清盛は鳥羽院に謁見し崇徳院との和解を勧めます。鳥羽院の心は大きく動いていました。
やったな、清盛!!


芸事の盛んな場所である青墓宿を訪れた雅仁は、そこで出会った妖怪・・・もとい、白拍子・乙前の今様に、強く心を揺さぶられます。

るんるん「遊びをせんとや生まれけむ」るんるん

雅仁
「この歌の如き男が京におる…。重き定めを背負うておりながら、軽やかに、おもしろう世を生きておる男が…」

雅仁は乙前に「遊びをせんとや生まれけむ」という今様の歌のように、生き生きと生きる男を誰もが頼りにするが、自分は誰からも相手にされない、とさびしい真情をさらした。

乙前は雅仁の中にみなぎる力がやがて世を動かすといい、雅仁の心を癒やすのです。


近衛天皇はついに17歳の若さで世を去ってしまいました。

平氏一門が動揺する中、清盛はこのことは鳥羽院と崇徳院の争いのはじまりではなく、和解のきっかけになると告げます。この数日前、妻を亡くし喪に服していた頼長は次の皇位継承者を決定する会議に出席できなかった。
会議には鳥羽院や信西、忠通などが集まり議論を重ねています。弔問に訪れた清盛は内裏の一角で、またもや雅仁に会いました。

これも、きっと運命!!

この人に使い捨てられるのよ!!清盛!!

雅仁は帝の崩御について、生まれることがすでに博打だが、生まれてこなければ勝負にならない、と告げ今様を歌いだしました。

雅仁
「まさか帝が、あんなにも母君に望まれ、慈しまれて生まれてきた我が弟・体仁が、あんなにも早う、はかな くおなりとはのう…。やはり人は、生まれ出ずることが既に博打じゃ。…だが、生まれてこなければ、勝つ も負けるもない…
 それではおもしろうない!」


その今様は清盛がまだ物心つく前に実母が歌っていたものであり、清盛は不思議な懐かしさを感じます。

会議では鳥羽院が崇徳院の子・重仁を推し、崇徳と和解し共に政治を行いたいと述べます。

鳥羽法皇
「朕は…重仁を即位させる!いや、いっそ上皇を再び即位させてもよいと考えておる!」

でも…
信西が猛反対!!
信西
「今さら詫びたところで上皇様はお許しになるはずもなく…
 鳥羽の法皇様につくものと、上皇様につくもの、 国は大きく二つに別れましょう。
 天下の権を握るはあくまで、鳥羽の法皇様。
 法皇様は、自在に操れるお方を、帝の座におつけになるべきです。
 さもなくば、いずれ天下大乱となるは必定にございましょう!」

崇徳上皇が復権すれば鳥羽院を許すはずはなく、大乱になってしまうと!!
あくまで鳥羽院が扱いやすい方を帝にすべきと主張するのです。

そうなんだ・・・この、信西が、崇徳を怨霊化させるんだ・・・
鳥羽上皇じゃないんだ・・・。あせあせ(飛び散る汗)

そして、後継者は・・・もちろん・・・。

つ、ついに、この時が!!

ジャジャ〜ン!!

雅仁が即位し、後白河天皇が誕生したのでした。

これから、即位することがなかった男の大反撃です。黒ハート

政治を引っ掻き回し、院となってからも34年間にわたって権勢を振るう、台風の目が誕生しました。黒ハート

いよいよですよ。黒ハートこれからが、楽しみです。揺れるハート

↓ランキングに参加しています。黒ハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


歴史 ブログランキングへ
ラベル:平清盛 後白河帝
posted by ちゃーちゃん at 19:58| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。