2012年05月07日

彦根城散策 〜埋木舎〜

こちらは、井伊直弼が若いころに過ごした埋木舎。

DSC_0345.JPG

井伊直弼は、11代藩主井伊直中の14男として生まれました。

5歳で母を、17歳で父を失ったので、藩の掟に従って300俵の捨扶持で彦根城佐和口御門前の公館で、32歳までの15年間を暮らすことになりました。

有名なのがこの時に詠んだ歌。

世の中をよそに見つつも埋れ木の
    埋もれておらむ心なき身は

直弼はここで、茶道・和歌・能・国学・書・禅・湖東焼・楽焼・武術・馬術・柔術・弓術など、文武両道の鍛錬をしました。

この時の睡眠時間はわずか4時間だったとか・・・。

DSC_0344.JPG


埋木舎は、船橋聖一氏の小説「花の生涯」で、井伊直弼が青春時代を暮らした館として登場し、それは、NHK大河ドラマ第1号となりました。

NHK想い出倶楽部II〜黎明期の大河ドラマ編〜(1)花の生涯|(株)ポニーキャニオン|送料無料
NHK想い出倶楽部II〜黎明期の大河ドラマ編〜(1)花の生涯|(株)ポニーキャニオン|送料無料

花の生涯〈上〉 (祥伝社文庫) [文庫] / 舟橋 聖一 (著); 祥伝社 (刊)
花の生涯〈上〉 (祥伝社文庫) [文庫] / 舟橋 聖一 (著); 祥伝社 (刊)

明治維新を創った人によって、極悪非道な幕府の親玉のようにされてしまった井伊直弼。
だいたい、日本人は天皇でも将軍でも、トップはあんまり悪くなくってナンバー2が悪役のようなところがありますしね。。。

一番の要因は安政の大獄によって吉田松陰を死罪にしたことでしょうが、もともと井伊直弼も開国論者だったわけで。。。

なんだか、可哀想な気もしますね。。。バッド(下向き矢印)

井伊直弼への暗殺予告も毎度のようにあったそうで、暗殺されるのは解っていたんだろうと思います。
徳川300年の全てを引き受けて、直弼の死によって何もかもを清算させる。。。そんな方法を自らがとったのかもしれません。

譜代の一番にあった井伊家が徳川家の全てを背負って、暗殺される・・・。

それが、幕末・維新という大きな渦に巻き込まれるきっかけとなったのも必然だったのかもしれませんね。

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

幕末・明治(日本史) ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 12:40| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。