2012年04月11日

紙幣を見れば世界がわかる

今日もこちらのブログの方かなあ・・・。と思ったので、こちらに書きました。

地獄の沙汰もこれ次第?
お札のはなし その歴史、肖像と技術/植村峻
お札のはなし その歴史、肖像と技術/植村峻
我々の生活に欠かせない「お金」です。

昔は、貝殻や石を使っていましたが、文明の真価と共に変化して、現在は紙・紙幣が主流です。

紙幣には、人物の肖像が書かれていることが多いのです。
日本でも、2000円札以外は肖像画が、アメリカの紙幣でも有名な政治家などの肖像画が、イギリスに至ってはエリザベス女王が書かれています。

しかし、世界には、肖像画のない紙幣もありました。

ガーナの紙幣には、ぎっしり6人の人が映っています。
image[3].jpg
これは、ガーナ独立の立役者たち。初代大統領を含む6人で、誰ひとり外すことは出来なかったのです。

南太平洋のクック諸島では、サメと少女の神話が書かれています。
imageCA2HBBBR.jpg

海の神様を篤く信仰し、神話を代々伝えていくという意味が含まれています。

インドでは・・・。
表にはガンジーが、裏には15の言語で額面が表示されています。
そこに、英語とヒンドゥー語が追加されています。

その国を知りたければ、まずその国の紙幣を見ろ!!というぐらいに、いろいろなことが解ります。
紙幣を知るということは、その国の歴史・文化・人々の想いなどを知る一番の近道なのです。

世界の紙幣の種類や取引金額をまとめたカタログが、アメリカで発売されていて、切手のようにコレクターなんかもいるとか。

その小さな紙の上には、大きな世界が広がっています。

南アフリカ共和国、大自然の宝庫。そこに描かれているのは、全部動物です。
imageCAXNN0AB.jpg

しかし、どうしてライオンよりバッファローやヒョウの方が額面が高いのでしょうか?
それは、ハンターが仕留めにくい動物の順番なのです。

もう一つの理由は、南アフリカの暗い歴史、「アパルトヘイト」にあります。
白人が黒人を徹底的に差別することを認める非道の世界です。
1994年アパルトヘイト廃止。それを機に白人がデザインされた紙幣を見なおすことになりました。
が、今まで差別社会であったことから特定の人物を選ぶことは不可能だったのです。

だから、人ではなく動物がデザインされました。
それから17年、新しい幕開けが・・・。
12月から流通する紙幣には、ネルソン・マンデラが紙幣の顔になります。
これは、平和と平等への大きな一歩となるでしょう。


世界一おしゃれな紙幣・スイス。
世界的にも珍しい縦型。
imageCAYASHRF.jpg

描かれている人物は、彫刻家・小説家。歴史家・建築家・作曲家・芸術家でいっぱいです。
この紙幣は、世界一偽造しにくい紙幣だそうで、世界最先端の偽造技術が使われています。

予にも切ない紙幣・クウェート。
どこにでもあるようなものが印刷され、肖像画はありません。
それは、イスラム教の国だから。偶像崇拝の禁止された国だからです。

んな中、楽しそうに遊ぶ子供たちが書かれるようになりました。それは、湾岸戦争・・・あんなことが二度と起こらないように未来を託した子供たちが書かれています。

世界の紙幣には日本が描かれていることもあります。

カンボジアの紙幣には、工事中の絵が描かれています。
カンボジアの発展の為にたくさんの援助を行ってきた日本。
1966年に建設された日本橋。プノンペンと東北地方を結ぶ橋です。
この橋のおかげで経済が発展しました。

しかし、1973年激しい内戦・カンボジア紛争がありました。物流の要であるこの橋を破壊しました。橋は放置され、経済も発展しません。
時のフンセン首相が日本に依頼し、1993年橋修復のプロジェクトが開始されました。
カンボジアに乗り込んだのは大林組。
日本から来たスタッフは通訳も含めて数人、その前には様々な困難が立ちはだかりました。

雨季までに完成すること。
でも、土を掘り返すと地雷が・・・。当時、カンボジアには、至る所に地雷が埋まっていました。
その数1000万個。

軍による地雷撤去ののちにしか橋を造ることが出来ない。
おまけにカンボジアの技術者は、殆ど殺されてしまっていました。
そこで、元兵士をスタッフに採用することにしましたが・・・。
日本の規則は通じませんでした。

雨季まであと3か月・・・。
しかし、日本人の厳しい口調や態度は、カンボジア人にとって耐えられないものだったのです。
どうしても、ポル・ポト時代の強制労働を思い出してしまうのです。

言葉ではなく、直接技術を教え、規則も意味から丁寧に教えました。
労働者たちは、自ら働くようになりました。

そんな矢先・・・

「建設中の日本橋を新たな標的とする」

過激派ポル・ポトはの爆破予告が来たのです。
実際に日本人も殺されると、みんな帰国を始めました。

このままカンボジアに残るのか、日本に帰るのか?

「橋ができるまで、俺たちは帰らない!!」

ここで帰ればすべてが水の泡となる。カンボジアに残る決意をしました。

厳重に警備を固めながら、橋の建設が進みます。

そして、1994年2月日本橋完成。
その後も橋を架け続け、その数はカンボジア国内に13も出来ました。
そんな男たちの姿を紙幣に描きました。



日本は、たくさんの国に援助をしているので、このようなことも良くあるということでした。


いろんなことで、世界に参加して、存在感が表せるといいのですが・・・。黒ハート
お金のウソ?ホント? / 植村峻著 【全集・双書】
お金のウソ?ホント? / 植村峻著 【全集・双書】
↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
ラベル:紙幣
posted by ちゃーちゃん at 17:46| Comment(0) | ビーバップ・ハイヒール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。