2012年04月10日

片男波と不老橋と山部赤人

山部赤人が、片男波を詠んだ有名な歌。

「 若の浦に 潮満ち来れば 片男波
         葦辺を指して 鶴鳴き渡る 」


DSC_0859.jpg

こんな海を見ながら読んだのかなあ・・・。と、思える雰囲気のある観海閣のある場所です。

DSC_0860.jpg

こちらは不老橋。

”不老橋”は、紀州藩第10代藩主の徳川治寶の命により、徳川家康を祀る紀州東照宮の和歌祭りの際に片男波の松原にある御旅所に向かうために通行した御成道に架けられたアーチ型の石橋です。

江戸時代のアーチ型石橋は、九州地方以外では大変珍しく、特に勾欄部分の彫刻が優れています。

DSC_0867.jpg


本当に、きれいですね。

その向かい側に塩竈神社があります。

DSC_0861.jpg


古くから安産の神として信仰されてきた塩竈神社は、大正6年に玉津島神社の祓所から神社になりました。

伽羅岩と呼ばれる結晶片岩でできた鏡山の南面に位置し、海風により自然に形成された洞窟の中には小さな拝殿が造られています。このほこらの中に神体の鹽槌翁尊(シオツチノオジノミコト)が祀られています。

神話では、兄海幸彦から借りた釣り針を失くし、兄の怒りにふれて困っている弟山幸彦に鹽槌翁尊が海神の所へ行くよう教えたそうです。

のちに山幸彦は龍宮の豊玉姫を娶られ、姫は懐妊し安産によって御子を授けられました。
このことから尊は、子授け・安産守護の神として古くから厚い信仰を受けています。

また、江戸時代の和歌山では「一に権現(紀州東照宮)、二に玉津島、三に下り松、四に塩竈よ」と歌われ、塩田の塩を焼く釜からこの名が付けられたといわれています。


DSC_0865.jpg

私たちも、あーこの生まれたお礼参りをしてきました。

DSC_0864.jpg


本当に潮の香りたっぷりの、情緒ある若の浦でした。

是非、お越しください。揺れるハート

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 16:17| Comment(0) | 和歌山探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。