2012年03月07日

大奥はこうして誕生した〜お江VS春日局〜

BS歴史館〜大奥はこうして誕生した〜お江VS春日局・女の戦いに秘められた真実〜です。
大奥 <男女逆転> 豪華版 【初回生産限定】大奥 <男女逆転> 豪華版 【初回生産限定】
去年の大河ドラマの主人公の二人と言っても過言ではないと思われます。
が、これくらい内容の濃い大河ドラマにしてほしかったです。失恋
それぐらい、お江とお福の魅力が満載です。

江戸時代、お世継ぎづくりのためだけに・・・最盛期には2000人の女性がいたといわれる大奥。
愛憎劇や、陰謀が渦巻く女の園として面白おかしく語り継がれてきました。
しかしその大奥、どうやって作られて何のために必要だったのでしょうか?

この大奥誕生には、2人の女のバトルがありました。
勿論、三代将軍の生母・お江と、乳母・お福です。
逸話として残っているものには・・・。
@将軍継承問題
Aお世継ぎ問題
などがあります。

しかし本当は、2人は協力をしていたようです。この2人の連携が、江戸幕府初期の男性の活躍を支えていました。

その立派な役割とは?巨大組織大奥の、その知られざる実態とは何なのでしょうか?

華やかで、艶やかで、恐ろしいイメージの大奥。そこは、男子禁制の女の園です。しかし、そのイメージは、テレビドラマや映画の影響が強いようです。

本当は・・・。女性国家公務員組織なのです。これが、幕末に至ると、巨大化してしまうのです。

1605年秀忠が将軍に就任。このころに完成します。
江戸城、表と中奥で4800坪、しかし、大奥は6300坪もありました。
江戸城本丸完成と同時に大奥が生まれました。その御台所として君臨したのがお江でした。
しかし、この当時、ひとりの側室もおらず、男子禁制でもありませんでした。
埼玉県川越市にある喜多院には、大奥の建物が、江戸城から移築され保存されています。
それは、1604年7月に長男・竹千代を出産した部屋、乳母・お福の部屋です。

2人は、生母・乳母として竹千代を将軍へ導くはずでしたが・・・。
1606年次男国松誕生。
これが、2人のバトルのきっかけでした。

ROUND1・・・将軍継承問題

性格の全く違う2人の子供・・・。
長男・竹千代は、病弱で引っ込み思案、お福は健康食を食べさせたり、キジのかぶりつき食いを見せたり・・・。
次男・国松は、聡明で活発。お江と秀忠がかわいがり、後継者にしようと考えます。

そこで、お福は大御所に直訴します。お伊勢参りに行くふりをして、駿府の家康を訪ねます。
大御所は江戸にやってきて・・・
子供たちに会った際に・・・。
「上座に上がれるのは次期将軍のみである」と、竹千代を膝にのせて、国松を下座に置いたとか・・・。
という逸話があります。

しかし、これは、信憑性に乏しく、作られたもののようです。
というのも、お福は家臣、お江は正室、身分違いも甚だしく、対等にやり合える存在ではなかったのです。
だから、直訴したことに対して疑問があります。

また1612年、家康がお江に宛てた訓戒状には、将軍教育が27か条にわたって細かく書かれています。とりわけ兄弟の序列が厳しく書かれています。

「長男は跡継ぎとして別格
 次男以下は 家来と同じであると
 思っておくように

 長男よりも次男の威勢が良いのは家が乱れる原因となる。」

次男をかわいがる夫婦をたしなめています。つまり、直訴するまでもなかったのです。

戦国時代は、長男が家督を継ぐと約束されたわけではありませんでした。しかし、安定した世の中では、兄弟間の争いが増える危険性があるのです。

平和と安定のために家康が支持したのは、儒教「長幼の序」。上下関係を重んじるのです。

この頃から家康は、武断政治から文治政治へ変えようとしています。法令や仕組みで安定化を図ろうとしたのです。
年長者が跡を継ぐ長子相続=争いは起きなくなります。これが、大奥の最大の目的となるのです。

この長子相続、秀忠は長子ではありません。戦国時代は下剋上、能力主義の時代。
「君 君足らざれば 臣 臣足たらず」これでは困るのです。

「君 君足らずとも 臣 臣足らざるべからず」時代へ・・・。
つまり、お江VSお福のバトルはなかったのです。

このルール、正室でさえも私的感情を持ち込めないルールとなりました。
ちなみに戦国時代では、信長も、政宗も弟を殺しています。それは、母が弟をかわいがったからです。
しかし、それでは国家が維持できません。

この訓戒状の狙いは、徳川内部が、竹千代派と国松派に分裂すれば、乱のもとになるので、それを防ぎたかったのです。


お江とお福、彼女たちには少女時代に起こった運命的な事件がありました。

1582年本能寺の変。
天下統一目前の信長を、自害に追い込んだ明智光秀。
この時お江10歳、お福はわずか4歳でした。
お福の父は、光秀の重臣斉藤利三。お江にとっては、伯父を殺した仇の娘・・・。2人は敵同士で仲が悪かったと言われていますが・・・。
実はお江の父・浅井長政の本当の仇は信長であり、育ての父・柴田勝家を自害に追い込んだのは、光秀を討った秀吉でした。

秀吉にひきとられたお江は、政略結婚に利用され・・・。三度目の相手が秀忠でした。
家康は、そんな苦労人お江をかっていたのです。


では、なぜお福が乳母に?
当時、乳母というのは、一番のエリート職でした。
お江もそうですが、お福の能力の高さに目を付けたようです。

「春日局由緒」には・・・。
スーパー乳母の条件
@名将・斉藤利三の遺伝子。
敵でさえも、その死を惜しむほどの人物で、外交能力にたけ、また、茶人でもありました。
家康は、京で乳母を探させます。それは、公家対策であり、寺社対策でもありました。
京都に対して知識のある乳母を探します。

A名家・京都西三条家の品格。
母方の祖母は、西三条右大臣の娘でもありました。
お福は、13歳から3年間、西三条家に奉公に上がり、公家のしきたり、教養を身に着けていました。
この公家とのかかわりの深さが評価されました。
B戦国一の苦労人。
お福・4歳の時、父を謀反人としてさらし首にされます。その後、母親と貧苦のどん底で転々とします。
稲葉正成と結婚するも、愛人問題で離縁。この、苦労人のところを最も評価したそうです。

家康は、組織作りのプロ。
竹千代には苦労をした人を付けよう。。。
太平の世に相応しい将軍を!!

公家をどう抑えるか?
粗野で乱暴な東国女性では駄目だったのです。

政治性・帝王学・情報・知識も必要で・・・。お福は、母性よりも政治力、外交力に長けていました。

お福が配置した、家光幼少時の側近には、松平信綱・阿部忠秋・堀田正盛など優秀な人を付けています。この人々は、後に老中になるわけですが・・・当時は、お福学校と言えるでしょう。

父権社会から母権社会への転換期だったのかもしれません。

1616年家康が亡くなります。75歳の生涯でした。
1623年家光が三代将軍を継承します。

その妻は?お世継ぎは?

ROUND2・・・お世継ぎ問題

お江が選んだ公家の娘・鷹司孝子、2年間教育し、正室となりました。自らの権力を誇示するための正室作戦です。お福は密かに堕胎薬を飲ませ、子供が生まれないように追いやってしまう・・・。

側近につけた美少年たち。。。女性には見向きもせずに、男色に走る家光。お福はなりふり構わず側室作戦を実行します。

家光が一目惚れしたのは、なんと、19歳の尼僧でした。強引に還俗させ・・・この人が「お万の方」です。そして、気に入りそうな娘を次々と側室に。

お玉の方は、京都の八百屋の娘です。いわゆる「玉の輿」です。
浅草寺で見つけたお楽の方は、父親は農民出身で死罪になっていました。

努力の甲斐あって、女性に目を向けるようになった家光でした。


この話にも、意味があります。
「正室作戦」の真相は・・・。京都の公家からもらう意味は、将軍の権威を高め、公家衆も支配するということ。公家対策なのです。

「堕胎薬」の真相は、朝廷との間は維持したいが、子供を産んで力が強くなられても困る。。。
正室には子供を産ませない=公家の力を深入りさせない。ということなのです。

御台所は、代々皇室・公家衆から迎えられましたが、将軍は一人も生まれていません。
正室を公家から迎えられるのはすごいことです。もし、徳川幕府が京に行くと・・・華美になって、平清盛や足利義満のようになりかねません。
質実剛健な家康は、公家化を防ぐためにも、京から江戸城に迎えるという体制をとったのです。

「お福が庶民を選んだ理由」は、町にいる女性の方が健康で、元気な世継ぎを産めるのでは?ということなのです。
この結果、お楽の方は4代将軍の、お玉の方は5代将軍の生母となります。
ちなみに、大奥女中は幕臣の娘です。が、どんな娘でも、幕臣の養女になれば良いことなので。。。

また、側室には30歳定年制がありました。お褥辞退というのですが、つまり、側室は30歳までに子供を産まなければならないのです。次々とリストラされるので、追加する必要がありました。

お江が正室、お福が側室さがし。2人で手を取りあって、幕府体制の奥向きの維持に努めました。
巧妙な仕掛けだったのです。

そこには、当時の出産事情があります。子供は生まれても、なかなか育たないのです。島原の乱以降、「末期養子」が認められなくなりました。末期養子とは、跡継ぎのない武家が、主君の死に臨んで急に養子を決めることです。

大名は跡継ぎがいなくて断絶というところもたくさんありました。もともと家光はボーイズラブでしたが、側室が増えることで、部屋が増え、御付きの人が増え、大奥を支えるための雇用が増えました。大奥は、グレードの高い職場となったのです。

将軍継承の安定と、お世継ぎ制度、見事な連携で大奥の役割は果たします。
この大奥、規律やシステムが江戸城中に壁書きが張り出されます。

1618年大奥法度
女中の出入りや門限のチェックなど5か条です。
基本的には秘密漏えい防止の義務です。
が、最も重要なのは、局より中へは男子入るべからず=男子禁制です。
将軍以外の男子が入らないようにすることで、「ここで生まれた子は将軍の子」ということを明らかにしたのです。また、周りにも認知させるためです。

この大奥法度の前には、武家諸法度、禁中並びに公家諸法度などの法律が出来ていました。表と奥、あわせて法治国家としたのです。


一方お福は老中に、毎年「合力金」という衣装代を幕府から頂戴したいと、禄以外の収入を確保しました。
お福は、経済的自立をバックアップします。お福のおかげで、サラリーや、生涯年金あったのです。それと共に、呉服屋が誕生し、財閥へ・・・、町人社会の変革をもたらします。江戸経済をも回す効果があったのです。

大奥は憧れの場所となり、その所作、ファッション、今も昔も変わらない女性の仕事が大奥から発生したのです。

この女性国家公務員は、女性の位置づけとしても重要です。

範例となって各藩に持ち込まれたので、全国に女性の職場が確保されました。

大奥を取り仕切るお江とお福。国家公務員となった女中たち。ここには、表の政治に対しても重要な役割がありました。

2代・3代は徳川幕府草創期。大名家を参勤交代で統制していました。
厳しく処罰し、たくさん改易となりました。
大名たちは大名証人として、江戸に妻子を人質として置いていました。
また、大名同士が徒党を組まないように、大名同士の婚姻関係を制限していました。

そこで、大名家の情報を取り持って、縁談を取り持っていたのがお江・お福・大奥女中たちだったのです。
公式結婚斡旋所です。つまり、情報収集や外交、幕府の根幹的役割をはたし、裏での大名統制が行っていたのです。

大名証人制度と大奥外交・・・
大名証人とは、大名の妻子に江戸在住を義務付けたもので、その妻たちを大奥が統制していました。江戸藩邸は、大名家の大使館でした。お江が死んでからは、お福が・・・。

また、改易された武士たちは幕府を恨むでしょう・・・が、その後、女性たちを大奥へあげて感謝をされるということもしました。女性の外交力が大奥と繋がっていたのです。

このことからも、大奥が権力を握るのは明らかです。


お江とお福。戦国時代から虐げられてきた女性たちの代表です。平和になるまでの苦労をたくさんしてきました。
日本は平和でなければならない・・・。戦国乱世を生き抜いてきた2人の結晶が大奥なのです。
大奥は、全国の女性の手本となる、徳川幕府の日本女性局だったのです。

1626年お江 没。54歳の生涯でした。
この後は、お福が引き継いでいきます。
女性の職場を作るために、太平の世を築く礎となりました。
1643年お福 没。65歳の生涯でした。
京都金戒光明寺には・・・。お江の供養塔が立っています。これは、お福が建てたもので、その傍らには、ひっそりとお福の供養塔がありました。

協力して作り上げた大奥。
出会うべくして出会った二人が、徳川の基礎を作りました。
家康の人選大成功でした。


大河ドラマの「江」も、まんじゅうばっかり食べて子供ばっかり産んでいないで、これくらい内容を濃くして欲しかったなあ。。。

THEナンバー2史上最高のファーストレディー 「お江」はこちら
最後の大奥天璋院篤姫と和宮
最後の大奥天璋院篤姫と和宮

↓ランキングに参加しています。揺れるハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 18:10| Comment(0) | BS歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。