2011年12月22日

暴れん坊将軍を支えた男〜大岡越前守忠相〜

大岡忠相が活躍した時代、徳川幕府成立から100年、ひずみが生じてきていた江戸中期でした。

質素倹約、目安箱の設置、小石川養生所・・・そんな吉宗のそばにいた超有名なNo,2。大岡越前がいなければ、吉宗は名将軍たりえませんでした。

しかし、大岡裁きとして伝えられているものは、殆どが創作です。では、本当の大岡忠相とはどんな人だったのでしょうか?

吉宗の時代、奉行所は3つありました。北・南・中町です。

当時は月番制で、訴訟や裁判業務を、北と南、月ごとに交替で行っていました。月番でない時は、その準備をしていました。

吉宗は、それまで政治の対象になかった市民の存在を政治の対象にした人でした。その行政サービスをやっていたのが越前でした。

大岡忠相は、1677年に代々旗本の家に生まれます。
当時優秀と認められた旗本は、地方政治に携わるのが通例でした。忠相も、三重県伊勢市山田奉行となります。旗本の仕事は、いわば中級官僚。事務能力のあるものでなければなりませんでした。

行政改革に迫られた幕府は、享保の改革を行います。大奥の大胆なリストラ、質素倹約、硬派な社会へ。しかし、伊勢だけは違いました。お伊勢参りで潤い、贅沢三昧。越前はこれを許さず、綱紀粛正させたのです。

このことにほれ込んだ吉宗により、南町奉行に抜擢されます。

江戸町奉行の仕事とは・・・。都知事と警視総監、消防総監、地方裁判所の裁判長をあわせたようなものです。

裁判については・・・大岡裁きは、江戸時代盛んになった機知ととんちに富んだ講談から来ています。他にも、京都所司代の裁判記録も使われていたりします。

青砥左衛門尉藤綱をはじめとする京都所司代の名裁判が、全て大岡裁きとして知られています。
また、三方一両損は、京都所司代在職35年、厳正な裁判で知られた板倉重宗のことで、他にも有名な大岡裁きとして言われているものには、天一坊事件、縛り地蔵などがあります。

そこで出た言葉・・・

「黄門は光圀にとられ
   内蔵助は大石にとられ
     名奉行は大岡にとられ。」と言われています。

殆どの大岡裁きは関係ないのですが、それ程の人気があったということです。
この人気・・・吉宗が改革の広告塔として選んだ大岡をスターとして前に出したのです。
吉宗は、演出家でした。一番怖いのは世論だ・・・。と。そうして、享保の改革を行いました。

改革に乗り出した吉宗・・・。その一つには少子化政策がありました。食糧不足で子供が増えないのです。そこで、食料の増産をするべく忠相に特命下ります。米が主な税金だったこの頃は、新田開発でした。

当時、国民生活は贅沢なものになっていました。元禄バブルで幕府財政は赤字、武士が国民の模範となろうとし、質素倹約に励みました。家康の頃の質実剛健に戻したかったのです。

殆どが大岡裁きでないなら、忠相は何をしていたのでしょうか?

当時、「火事とけんかは江戸の華」といわれるほどとにかく火事が多かったのです。

その頃は、大名火消しと、旗本火消し(武士)しかなく、市民自身も火消しぐらいは自分達で・・・と、思っていました。

そこで、いろは48組、本所深川16組、江戸町火消しを作りました。消化担当区域を明確にしました。これによって、消化実績は向上し、江戸中で評判になります。

江戸の三大モテ男、与力、相撲取り、火消しの頭。と言われ、江戸っ子の男気の象徴となり、消防隊の元祖となりました。

また、目安箱に貧しいものが病気・・・。とあると、小石川養生所を作りました。無料で治療するこの養生所は、幕末まで続きました。

では、なぜ2人は人を惹きつける行政が出来るのか・・・。

吉宗は、奇襲藩主の頃、幕府に10万両の借金がありました。吉宗は常に木綿の着物を着、食事も質素、給与のベースダウン、新田開発、目安箱を和歌山城に置きました。吉宗の土台はこの頃にありました。

忠相も、山田奉行時代に苦労をしていました。

2人とも、不遇の時代があったのです。民の暮らしを身近に感じ、救ってあげなければ。という気持ちが強かったのです。

しかし、享保の改革も、全てが上手くいったわけではありません。吉宗は、赤字財政を立て直し、米将軍と言われるほどでした。それほど、稲作を重視し、米の増産を図って、財政難を乗り切ろうとしました。

が、過剰生産による米の価格低下を招きます。それによって、かえって幕府財政が緊迫してしまいました。
そこで、慶長小判にそっくりの享保小判を造ります。幕府の威厳を復活させようとしたのです。

しかし、小判の質は、財政が苦しくなるにつれ下がってしまいます。少ない生産量が、小判の流通不足による激しいデフレを招きます。江戸経済はさらに冷え込みます。

そこで、小判の質を落とし、天文小判を作りました。この小判、金の含有量は享保小判の半分でした。これは、大岡忠相の進言でした。

これによって、デフレは解消。幕府経済は安定します。
当時は両替商の進出も著しく、その両替商とも渡り合うのが町奉行の大きな仕事でした。

吉宗は、幕府中興の祖と言われていますが、その影には忠相の進言があったのです。

その後、忠相は寺社奉行へ。

この時代、価値は全て、石高、お米に換算していました。米の生産が増えると、米価が下がり、そうすると武士の給料も下がる。それは、幕府も市民も困ります。貨幣経済はもうそこまで来ていました。

世間ではこんな歌が・・・

「多く(大岡)は食わねえ。 たった一膳(越前)」

皮肉られたものです。

そんな中、1732年、享保の大飢饉が起きます。97万人の餓死者が出ました。その時、青木昆陽が、さつまいもを作ることを進めます。
これを命じたのは、大岡越前忠相でした。

大岡越前忠相、かれは、実学に基づいた、庶民にも基づいた政治家でした。

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 15:17| Comment(0) | THE ナンバー2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。