2011年12月16日

やはり水の都でしたね。

昨日のニュースで大発見exclamation×2

奈良・橿原で「磐余池堤跡」発見!!
橿原で人工池「磐余池」と、宮殿跡が発見されました。
6世紀のもののようですが、仁徳天皇第一皇子と思われる履中天皇、清寧天皇、継体天皇、用明天皇が首都に置き、宮殿を持ったとされています。

私の大好きな悲劇の皇子・大津皇子もこの池を眺めながら、辞世の歌を詠んだとされています。
ああ、古代のロマンが、紐解かれることになるのでしょうか?

謎の飛鳥時代のさらに前の時代・・・。万葉の奈良の・・・解明の大きな手がかりになるのでしょうね。

ちなみに、磐余の里散策なら、こちら
posted by ちゃーちゃん at 08:09| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。