2011年08月09日

司馬遼太郎さん大好きです。

司馬遼太郎さん大好きです。
司馬遼太郎さんは大好きで、学生の頃によく読みました。

でも、恐ろしいもので、もう忘れてしまったな・・・。と、思っていたら2009年、NHKで「坂の上の雲」をスペシャルドラマとして取り上げてくれましたね。

なんか日に追われ、ビデオにとったものの見れなかったりの日でした。でも、香川照之の印象がかなり強く(それは岩崎弥太郎でも、あしたのジョーのおっちゃんでもありません。)もう一度司馬遼太郎作品を読もうと思いました。

確かに殆ど買っていたのに実家にはなく、仕方なくブックオフで仕入れてきました。

その時、こんな本を見つけたので、つい買ってしまいました。

日本の命運を決めた『坂の上の雲』の時代 立志・風雲編|谷沢永一/太平洋戦争研究会|李白社|送料無料



谷沢永一さんの書いた”「坂の上の雲」の時代”という本です。

司馬遼太郎さんもそうですが、読みやすくて解りやすかったです。

はじめに秋山兄弟ですが、ドラマで見たとき、阿部寛と本木雅弘・・・濃い兄弟だなあと思っていましたが、本当に目鼻立ちがはっきりとしていてやっぱり濃いって思いました。軍服もびしっと似合っていて、なかなか男前でした。この時代、政治はやはり薩長が握っていましたから、勉学に勤しんで、教師や軍人になる道が1番だったのでしょう。

正岡子規は・・・というか、香川照之は、最近頼もしく見ています。本当にどの役もピッタリというか、自分のものにしているという感じがしますね。この本を読むにしても、正岡子規の顔は本物ではなく香川照之の顔がうつりました。

いつも思うことですが、伊予・松山に、しかも同じ時期に、どうしてこんな有名な人が集まってくるのかな・・・。と、思いました。

例えば、正岡子規と夏目漱石、河東碧梧桐、高浜虚子、みんな有名な人達ばかりです。やはり、類友なのでしょうかね。それは、戦国時代の信長・秀吉・家康が名古屋あたりというのと同じですよね。

もうすぐ終戦記念日です。戦争のお話が毎日たくさんあります。わたしが毎朝見ている、「池上彰の20世紀を見に行く」も、戦争以外している記憶がありません。

人間の歴史は戦争の歴史といいますが、戦後66年、地球上に戦争のなくなっていた日はありませんが、日本は平和で幸せです。

本当にもう二の鉄は踏まないように生きていかないといけませんね。


で、坂の上の雲はこれから読みます。



↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 14:51| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。