2011年08月13日

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙
昨日、テレビでやっていましたね。

うーん( ̄。 ̄)わかりません。クリント・イーストウッドが何を言いたかったのか・・・。

俳優さんたちは、渡辺謙の迫力も、ニノの脱力も、獅堂さんの狂気も、似合っていてみんな良かったのですが。。。

何だろう、パパに言わせると、「戦争なんてそんなもんだ」と言いたかったんだよ。と、言うのですが。

もちろん、お泪頂戴もも嫌いだし、フィクションというのも解っていますが、深みがないというか、感情表現が少ないのかな・・・。という気がしました。

フィクションですから史実と同じではないのは解りますが、きっと、あの悲劇を映像化するのも難しいのでしょうね。

でも、実際の硫黄島は、ちょっと掘っただけで熱風と硫黄ガスがでて、真水が出ないので兵隊の殆どは下痢と嘔吐の毎日だったといいます。あんなに散歩をしたり、バロン西が馬に乗ったり、少し優雅かしら?と、思ってしまいました。

ニノは合流できました。きっと、300分の25人のうちの一人だったのでしょうか・・・。

とにかく、事実はもっと悲惨で、こんな狂気に満ちた戦争をよくしたものです。

今は、イギリスも混乱し、アメリカもAAAから落ち、日本もワケが解りませんが、こんな戦争は、二度と起こしてほしくはないですね。


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 11:02| Comment(0) | 歴史ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。