2011年08月21日

日本はなぜ戦争へと向かったのか

日本はなぜ戦争へと向かったのか?
今回は第二回、巨大組織”陸軍”暴走のメカニズムでした。

1920年代の日本の陸軍は、未だに山県有朋が作った組織のままで、日露戦争時となんら変わらない古い陸軍だったそうです。

この陸軍の刷新、改革のために結成されたのが陸軍士官学校14期から25期までのメンバーで結成された一夕会でした。

このメンバーが、陸軍省、参謀本部などを主力メンバーにおいて軍の改革に当たるのですが・・・。

やはりいつの時代も大きくなりすぎると、派閥抗争が始まって、過激な人びとを抑えきれなくなります。

その過激な人が、旅順にある関東軍司令部の板垣征四郎、石原莞爾なのです。

彼らは、中央の命令を聞くことなく、独断で武力による満州の占領を進めていきます。

ちなみに1935年に、一夕会の中心的存在、永田鉄山が惨殺されます。かれが惨殺されていなければ、大東亜戦争へと舵は切られていなかったというのです。本当?

で、リーダーの不在により、陸軍の迷走は始まります。

内閣は、国民が満州国の成立に沸いている中、それが関東軍の謀略であったとは表ざたには出来ず、そのことが、関東軍の暴走を助長することになります。

結果オーライなんて、ああ、なんだか今の官僚と同じ?

そうして、あいまいな政府のせいで、抗日運動が激化→盧溝橋事件→日中戦争へと進んでいきます。

陸軍の組織の肥大化、そうして、中国に出来た司令部なんかが大物軍人の天下り先になるなんて・・・。人員削減を訴えた官僚もいましたが、反発を食らいます。これはほんと、政府は今も同じですね。(T△T)

過激派によって、操作され、近衛内閣は政治をほっぽりだし、一夕会の東条英機内閣が成立し、太平洋戦争へと突入していきます。

時代の混乱の中、一部の過激な人達によって始められた戦争。

そんな時代の渦に巻き込まれないような国民はないでしょうが・・・。
日本の支払った命の代償は大きかったでしょうね。

そう思うと、与謝野晶子の「君死にたまうことなかれ」は、凄いなあ、と思います。正反対の意味の(戦争賛成の)詩も書いていますが、あの時代、反戦を唱えるような歌をよく作ったものだと思います。

本当に平和が一番ですね。

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by ちゃーちゃん at 11:45| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。