2013年02月08日

不屈の英雄アテルイ 古代東北の底力

田村麻呂と阿弖流為―古代国家と東北 (歴史文化セレクション) [単行本] / 新野 直吉 (著); 吉川弘文館 (刊)
田村麻呂と阿弖流為―古代国家と東北 (歴史文化セレクション) [単行本] / 新野 直吉 (著...

794ウグイス平安京・・・

西暦794年、日本の都が京都に定まりました。
このプロジェクトを推し進めたのは・・・時の天皇・桓武天皇です。
しかし・・・その桓武天皇をもってしても打ち負かすことのできなかったのが・・・アテルイ!!
東北不屈の英雄です。

aterui.png

アテルイが率いるのは太古から東北地方で生きてきた蝦夷と呼ばれる民でした。
桓武天皇は、自らの威信にかけて・・・東北地方の平定の為に20年間で3度の派兵をします。
しかし・・・アテルイ達の強烈な抵抗の前に、一度も成功を治めることはありませんでした。
このアテルイの記載は、歴史書にはわずか数行。。。
そんな良く知られていない1200年前の壮絶な戦いが、発掘によって明らかになってきました。


当時の蝦夷社会・・・朝廷側の支配は宮城ぐらいまでで・・・中央の支配に従わず独自の文化を形成していました。
20年の戦いは・・・蝦夷の方にしてみると、朝廷側が一方的に攻め込んできた戦いでした。
中央政権の東北侵攻に対し、果敢に立ち向かった蝦夷のリーダー・アテルイ。
朝廷軍との激突はおよそ20年間に3回。
アテルイ達は、そのたびに強大な敵をはねつけました。

そもそも、アテルイ達蝦夷は、どうして中央政権と戦わなければならなかったのでしょうか?
7世紀半ば、蝦夷たちは朝廷の支配を受け入れていませんでした。
そこで、朝廷側が一方的に城柵と呼ばれる拠点を作り、移民を開始します。
城柵建設と同時に・・・支配範囲は北上していきました。

朝廷支配下の陸奥の国が654年に、出羽の国が712年に成立します。
しかし、蝦夷たちはまだ支配下に入ってはいませんでした。

宮城県の城柵・多賀城。朝廷はここを拠点に蝦夷の支配を目指します。
此処には役人と軍隊が常駐、大宰府と並んで「遠の朝廷」として偏狭支配の最重要地点でした。これに対して蝦夷たちが大反乱を起こしました。
それは、激しく焼け焦げた瓦が証明しています。

今から1200年前に、朝廷の拠点が蝦夷によって焼き払われていたのです。
この一連の戦いで中央の役人が焼き殺されたと言います。
780年伊治公呰麻呂の乱です。
桓武天皇は、5万の軍勢を東北に派兵します。
それを迎え討ったのが、アテルイだったのです。
789年巣伏の戦いから始まります。

この時朝廷軍4000に対し、アテルイ軍1500人。。。数に劣るアテルイ達は、地形を巧みに利用。見事な戦いを展開したと言われています。
溺死した朝廷軍は1000人以上、アテルイ軍のゲリラ戦の前に惨敗です。

油断もあったのかもしれません。。。
政府が派遣する兵は農民兵です。しかし、アテルイやモレの持っていた兵は、縄文時代以来持っていた採集経済・・・いつも獣・イノシシ、クマなど・・・狩猟をしていたので、戦闘能力が培われていました。
東北の地で鍛えられた戦闘力で大勝利を治めました。

強さの秘密・・・
@弓矢・・・縄文時代から続く。
A馬・・・もともと産地だった。
B稲作・・・それを支えていたのが稲作。
でした。

もともと蝦夷とは・・・この蝦夷は自分たちが言い出したのではなく、まつろわぬ野蛮な人たちという意味で朝廷から蝦夷と言われていたようです。だから、蝦夷と言っても、いろいろな人たちがいたようです。

794年桓武天皇は、再び大軍を送り込みます。
その数10万以上・・・。
東北遠征にかける並々ならぬ思いの朝廷は・・・秋田方面の城柵を強固なものに改修していきます。
防備を強固なものにしていったようで・・・またあ、革製の鎧も見つかっています。
しかし、アテルイ軍は朝廷を寄せ付けません。

アテルイとはどんな人だったのでしょうか?
もしかすると・・・本当の名前ではないのかもしれません。
岩手県に跡呂井(アトロイ)という地名があります。
そして、田茂山(タモヤマ)も・・・。
大墓公阿弓流為(たものきみあてるい)・・・つまり、アトロイという地域を支配した権力者ということなのかもしれません。
一方、続日本紀によると、北上川の東岸に・・・日上乃湊という港があったとされています。
その場所は、アテルイの勢力範囲にあったと思われます。
アテルイは、朝廷と蝦夷の貿易の中間管理者だったのかもしれません。

軍を率いて勇敢に戦ったアテルイは、盛んに交易を行っていたのかもしれません。
当時、東北からの貿易の品としては、毛皮・馬・金・鷹の羽・昆布・琥珀・・・豊富な幸が、京の雅な文化を支えていました。
アテルイは、まさにその中心にあったようです。

秋田城には、渤海の使者が来たという記録もあります。
771年にも、325人が来航しました。
出土したのは鉄釜・寄生虫の卵・・・これは、当時日本にはなかった豚などにつく寄生虫で秋田城と大宰府からしか出土していません。
この地が、いかに大陸と繋がっていたのかがわかります。

そして、蝦夷たちの交易ネットワーク・・・
蕨手刀から見てとれます。
蕨をかたどった柄の形が特徴です。
東北の人びとが力の象徴として使っていました。
その蕨手刀が、遥か北の北海道網走で発見されています。
そのことから、東北とオホーツク文化が密接に関係していたことがわかります。
この交易から、毛皮やアザラシを送っていたようです。
東北は寒くて閉ざされた土地ではなく、北の文化と南の文化の交わる交易の拠点だったのです。

797年桓武天皇は、最後の闘いに打って出ます。
東北制圧の切り札・・・征夷大将軍・坂上田村麻呂・・・最終決戦の始まりでした。

田村麻呂は戦いだけの人ではなく、人間味もあったようです。
そんな田村麻呂の蝦夷戦略は、構想5年のしたたかで用意周到なものでした。
田村麻呂は、東北に数多くの寺を建立しています。
仏教を使って、蝦夷の同化政策を行おうとしていたようです。
現に、梵鐘・高炉の鋳造所が発見されています。

最先端の農業技術を使って蝦夷懐柔に打って出ます。
切り崩し工作のよって、やがて蝦夷の族長たちが戦線を離脱し・・・
アテルイは孤立していったと思われます。
そして・・・胆沢城を建設します。
役人と兵士2000人を常駐させるのです。
国家権力と地方部族・・・
圧倒的な力の差を見せつけられました。
そして、これを契機に・・・
アテルイと副将モレは、500人の兵を連れて降伏を宣言。
アテルイ降伏を聞いた桓武天皇は大いに喜んで、蝦夷平定を祝う儀式を盛大に開催しました。
そして・・・アテルイとモレは都に護送・・・。
田村麻呂は、この二人の助命嘆願をしたそうです。
それはアテルイに、他の蝦夷を説得させようとしたからだと言われています。
しかし・・・都の貴族たちは聞き入れずに・・・

「殺してしまえ!!」

どうして、突然降伏したのでしょうか???
未だに論議が絶えません。
ただ・・・田村麻呂という男を信用したとか・・・
長い戦いで東北地方が荒廃してしまった・・・
内部から崩壊していった・・・


アテルイの処刑は、京から遠く離れた河内の国でひっそりと行われました。
そこには現在首塚が建てられています。

802年アテルイとモレ処刑

20年も続いた蝦夷の戦いは、二人の命と引き換えに終わりを告げたのでした。
彼らの戦いは・・・「蝦夷が何であるのか」を学ぶ戦いだったのかもしれません。
残照はるかに 阿弖流為別伝
残照はるかに 阿弖流為別伝
蝦夷水沫 阿弖流為の叫び 上巻
蝦夷水沫 阿弖流為の叫び 上巻
蝦夷水沫 阿弖流為の叫び 下巻
蝦夷水沫 阿弖流為の叫び 下巻

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 22:39| Comment(0) | BS歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊本の城下町

名城を歩く(2)新版 熊本城 [ 西ケ谷恭弘 ]
名城を歩く(2)新版 熊本城 [ 西ケ谷恭弘 ]

熊本城・・・加藤清正が築いた天下の名城です。
やりすぎの城とも言われています。

kiyo2.png

熊本県熊本市・・・
人口73万8678人、面積389.54㎢、特産は馬刺し、からし蓮根、茄子
阿蘇山の麓、杜の都と呼ばれる町です。
築城したのは、名将・加藤清正。
少年時代に豊臣秀吉にその才を見出され、数々の戦いで頭角を現し、信長の死後、秀吉が柴田勝家と戦った賤ヶ岳の戦いで大きな武功をあげて、賤ヶ岳七本槍として歴史に名を残しました。

それ以後も、数々の武功をあげて秀吉から与えられたのは、肥後北半分国19万5000国の領主でした。
秀吉からの信頼は厚く、朝鮮出兵でも中心的な役割を担いました。
そして、後世に残されるのは、その卓越した築城技術。
江戸城や名古屋城など、数々の名城を築城しています。
そんな加藤清正が、全ての技術をかけて作ったのが・・・やりすぎの城・熊本城です。

日本3名城にも数えられる堅牢堅固な城は、まさに難攻不落の城でした。
加藤清正生涯一級の作品です。
清正公(せいしょこ)さんと親しまれている名将・加藤清正。
そんな清正が、並々ならぬ情熱を注いだのがやりすぎの城下町でした。

kiyo3.png

幾重にも重なるその石垣と階段・・・お城には、長い直線の道はありません。
侵入者の動きを鈍くするためです。
大天守閣と小天守閣があります。
その石垣は、武者返しとなっています。
場内になかなか進入できないようになっています。
これは、朝鮮出兵の時に学んだもので、以後の築城技術の基本となりました。

そして、石垣の上には巨大な櫓が。
床の隅から下が眺められるようになっています。

狭間は弓や鉄砲で敵を、石落としからは石や煮えたぎった油を・・・
そして、忍び返し・・・様々な防衛技術がなされています。

それが生かされたのは・・・築城から実に270年後の事。
1877年に起こった西南戦争。
谷干城率いる政府軍・3000人が熊本城に籠城、西郷隆盛率いる薩摩軍1万3000人の猛攻をしのぎ耐えたのです。

熊本城を落とせなかった西郷は・・・
「官軍に負けたのではない。
 清正公に負けたのだ。」
と、言ったと言われています。
加藤清正の築城した熊本城は、最初で最後の闘いで難攻不落を証明したのでした。

またここには、実戦をするための秘策もありました。
井戸を120掘りました。
お城も食べられるように工夫してあります。
清正築城当時は・・・壁はかんぴょうで、畳は芋の茎で作り、100日分の食料となっていました。そして、城内には銀杏・栗・梅・桃など食べられる木が植えられていました。
備蓄された食料や水は、家臣はもちろん城下の領民を含めても3カ月以上は生き延びることが出来ると言われています。

でもどうしてこの城を???
武人・加藤清正がどうしても勝つことのできなかった戦い、死の淵まで追い込まれた戦いの苦い経験がそこにはありました。
1597年朝鮮出兵・・・
秀吉が自らの力を海外に示そうとした戦いで、中心人物となったのが加藤清正でした。文禄・慶長二回に及んだ遠征は、苛烈を極めました。
忘れられない苦しい戦い、20万ともいわれる朝鮮軍の包囲する中での籠城戦。
後方からの支援も得られずに飢えと渇きに苦しめられます。
その籠城戦での体験が、食べられる城を造り上げたのです。

敵の侵入を防ぐ難攻不落のシステム、籠城戦を可能にさせる備蓄食料・・・清正が築いたやりすぎの城は、“守る究極の城”でした。
そして、さらなる秘密は???
本丸御殿に・・・清正公自らすら入ることのできなかった部屋があります。
“昭君之間”です。
金箔で飾られた豪華絢爛なその部屋は、漢の官女・王昭君が描かれていることから昭君の間と呼ばれていますが・・・
しかし、質素倹約・質実剛健とも言われていた清正がどうしてこのような部屋を???
それは・・・“将軍の間”だからです。

そこにあったのは、「熊本幕府プロジェクト」です。
昭君=将軍・・・
徳川家康が天下を取った後も、かつての主君・豊臣秀吉の恩を忘れなかった清正は、熊本城に秀頼を迎えるその日の為に・・・作られた部屋だったのです。
結果としては、この部屋は使われることはありませんでした。
いざとなれが、徳川と一戦を交える覚悟だったのです。

城下町は、清正がいたころそのままに、その名前と残っています。
正方形の区画が多く、碁盤の目のようになっています。
そこにも清正公の秘密がありました。
細い路地を抜けると、白梅天満宮があります。
天正年間の疫病を鎮めるために建てられました。
四方を民家に囲まれて・・・表通りからは見逃されそうです。
この町には、碁盤の目一つ一つに寺があり、それは、その碁盤の目の中心にあります。
1町1寺といわれるこのつくりは、敵が攻めて来たら寺を出城にするという清正公の防衛対策の一つでした。
そう、城下町もまたやりすぎの城下町でした。

馬肉を食べる習慣の始まりは、清正公です。
1597年朝鮮出兵の時に苦戦した蔚山城の戦い・・・ここで清正軍の食糧難は深刻にして重大でした。
その時に軍馬を殺して食した・・・。
加藤清正の命の恩人が馬肉なのです。

そして、キムチを赤くしたのも清正公。
もともとキムチは白かったのですが、清正軍が寒さ対策に持ち込んだ唐辛子を食文化に取り入れたのだそうです。

謎多き清正・・・その真相の謎は・・・???
1611年にこの世を去った加藤清正。
清正公は本妙寺に祀られています。
いつまでも人々を守っていてほしい・・・そんな民の願いから、本堂は熊本城の天守閣と同じ高さに建てられています。

清正公は・・・豊臣秀頼の身代わりとなって亡くなったのでしょうか?
その死については、いろいろ伝えられています。

が・・・大坂から帰る船の途中で亡くなったと言われています。
脳溢血だった・・・感染症だった・・・とか言われていますが・・・
徳川の天下となった時代・・・家康と秀頼の二条城会見に立ち会った清正公。
徳川側が出した御菓子・・・食べなければ失礼・・・しかし、毒まんじゅうだったら???

ためらう秀頼の代わりに、このまんじゅうを食べたのが清正でした。
会談後秀頼は、無事大坂へ帰還。
しかし、清正は熊本へ帰る途中に亡くなったのです。
もしかすると・・・あえて・・・秀頼公の身代わりになったのかもしれません。

今となってはすべてが謎のままですが・・・
言えることは、清正は誰よりも主君に忠実で、誰よりも領民に愛情を注いでいたこと・・・そして、領民がその死を惜しんだということ。

加藤清正が築いた天下の名城・・・清正公は、今も人に愛され続けていました。
人は清正のように、雄々しさと優しさを持っている町でした。

【新品】プラモデル 模型 日本の名城デラックスNo.7 熊本城【10P04Feb13】【画】
【新品】プラモデル 模型 日本の名城デラックスNo.7 熊本城【10P04Feb13】【画】

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 13:33| Comment(0) | 城下町へ行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。