2012年11月27日

第七回「殺の巻」

徳三郎(鬼丸)が不正な商いの疑いで所司代に捕らわれました。
そう、父を助けなければね、佐助!!


さらにその不正を見逃したとして、高波藩京屋敷にも嫌疑が及びます。

北倉は高波藩を手に入れる日が近づいたとほくそ笑んでおります。


清国との密貿易に手を染めている北倉は高波藩の良港を狙っているのです。
密貿易・・・抜け荷ですね。密貿易って、なんか、あんまり秘密っぽくないなあ・・・失恋


その企みを明らかにするしか、嫌疑を晴らす方法は無いとみた佐助は、証拠となる割符を奪うことを計画します。

なんだか、忍びとして成長してきましたね。佐助。黒ハート
梅宮さまと姫を守るためなら、父・鬼丸をも殺す覚悟で立ち向かいます。
今回とっても大人な佐助ですね。るんるん

高波藩の屋敷に忍び込んできた追っ手を猿(伊藤淳史)と猿(堺正章)が迎え討ちます。
梅宮さまは棒術で対抗、強い強い!!
まさに、孫悟空です。るんるん

【中古】ya■DVD■西遊記 2 SAIYUUKI 全7巻Set★堺正章、夏目雅子
【中古】ya■DVD■西遊記 2 SAIYUUKI 全7巻Set★堺正章、夏目雅子


あ・・・そういえば、伊藤淳史は猪八戒。黒ハート
西遊記 59,000枚限定版(2枚組) [DVD] / 香取慎吾, 内村光良, 伊藤淳史, 深津絵里 (出演); 澤田鎌作 (監督)
西遊記 59,000枚限定版(2枚組) [DVD] / 香取慎吾, 内村光良, 伊藤淳史, 深...

で・・・最強だったのは、助けに入った鬼丸。

父・初代佐助に梅宮さまを守る事を命じられ、ず〜っと、梅宮さまを守っていたのでした。
”影ながら梅宮さまを守る!!”なのです。
「大を活かすために小を殺す」それが鬼丸の信念だったのです。

そして、生きて務めを果たすことが忍び・・・
死ぬより生きることの方が難儀なのだ・・・
そういう父の教えを胸に、任務を全うしようと決意したのでした。

そしてそれを見守る母・お辰。
鬼丸の任務は梅宮さまをお守りすること、だから、佐助が失敗した場合は”高波藩を捨てて逃げ延びさせること”。。。


危険な任務でしたが、佐助は、「誰一人殺さないし殺させない」・・・それが自分の「殺」の極意だと、才蔵やさぼてんと共に、北倉の手先・伴蔵の隠れ家に向かうのでした。

割符を手に入れることができた佐助たち・・・
でも、追っ手から逃れられません。
自らおとりになった佐助は・・・なんと???
手裏剣が三つも刺さっております。
死んでしまったの?佐助!!

今回は、忍び〜〜〜って感じの回でした。
来週はいよいよ最終回です。
面白かったのになあ・・・終わってしまうのねバッド(下向き矢印)
来週は本当に見逃せません黒ハート
楽しみです。

↓ランキングに参加しています。揺れるハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 08:24| Comment(0) | 猿飛三世 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。