2012年11月15日

城下町へ行こう「松山の城下町」

「松山の城下町」

いで湯と城と文学と・・・

「松山や 秋より高き 天守閣」

これは、正岡子規の詠んだ句です。

愛媛県松山市。
人口51万7042人・面積429.05㎢・特産はみかん・鯛めし
城下町を見下ろす標高約132mの勝山山頂に建てられたのが、難攻不落・鉄壁の守りの松山城です。日本を代表する連立式平山城・四国最大の居城です。

見るものを圧倒するこの城を作ったのは、秀吉子飼いの武将・加藤善昭です。
豊臣秀吉と柴田勝家が闘った賤ヶ岳の戦いで、秀吉の七本槍の1人でした。

関ヶ原の戦いでは、徳川家康の東軍として参加、武勲を上げて松山をもらいました。26年の歳月をかけて作り上げたのが松山城です。
しかし、城の完成を前に会津へ転封、蒲生氏を経てその後230年にわたって松平氏が治めることになりました。

20081117122821[1].jpg

松山城には、ロープウェイで登ることが出来ます。
ロープウェイを降りて、歩いても歩いても・・・やっとのことで門にたどり着きますが・・・次々に門が現れます。

しかし、天守閣に登ろうと思っても、とっても複雑です。
そして、あちらこちらに狭間があります。
松山城の櫓にはたくさんの狭間があり、ひとたび門をくぐれば侵入者は四方から集中砲火を浴びることになります。
そして、究極の防衛・・・複雑な連立式天守となっています。
逃げ場も死角もない敵は頭上から攻められることになります。

山の上にあるお城の天守からは、海からやってくる敵さえも見逃すことはありません。


天明4年(1784年)落雷により天守を消失してしまいます。
再建工事が終わったのは70年後の1854年、すでに幕末を迎えていました。
黒船が来航する時代・・・このお城は、最新にして時代遅れの天守なのです。

そして時代は開国と攘夷に二分されていきます。
倒幕か佐幕か・・・
将軍家と親戚にあたる松山藩は、長州征伐に参加、これに敗れます。
戊辰戦争では、官軍に仇なす朝敵となってしまいました。
長州・薩摩が実権を握っていく中、松山藩は苦難の時代を迎えることになりました。
時代に乗り遅れた松山藩・・・。


松山の人は、個人としてのし上がる方法を考えていきます。
そして、明治の才能が・・・英雄が誕生していきます。

松山で生まれ、その後日本史に登場する軍人・秋山好古・真之兄弟と正岡子規です。
同じ時代に生まれたこの3人の交流を描いたのが司馬遼太郎さんの歴史小説「坂の上の雲」です。

坂の上の雲 全8巻セット (新装版) (文春文庫) [文庫] / 文藝春秋 (刊)
坂の上の雲 全8巻セット (新装版) (文春文庫) [文庫] / 文藝春秋 (刊)

松山藩士の家に生まれた秋山兄弟、明治37年2人は日露戦争に参戦。
当時、ロシアの国力は、圧倒的で日本が勝つことは不可能とされていましたが、その戦いの英雄とされています。
陸軍大将となった秋山好古、日露戦争では騎兵隊を率い、当時最強とうたわれたロシアのコサック師団と渡り合った日本騎兵隊の父です。

スペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 Blu-ray Disc BOX【Blu-ray】 [ 本木雅弘 ]
スペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 Blu-ray Disc BOX【Blu-ray】 [ ...

弟の真之は、連合艦隊の作戦参謀として・・・日本海海戦での戦いでバルチック艦隊との戦いを立案、撃破しました。
日本を勝利に導いた天才参謀と言われています。

正岡子規・・・
ホトトギスなどで活躍、近代俳句を確立した日本文学会の巨人です。
秋山真之とは幼馴染の親友でした。
日本の激動の時代を引っ張っていった3人です。

図解「坂の上の雲」のすべてがわかる本 [ 後藤寿一 ]
図解「坂の上の雲」のすべてがわかる本 [ 後藤寿一 ]


愛媛県立松山東高校の中には・・・明教館があります。
この明教館は、第11代藩主松平定通が文武両道の振興を図り設立した藩校です。
松山中学校となり、松山東高校となりました。

ここにゆかりのある人は・・・
秋山兄弟・正岡子規・高浜虚子・・・
軍人から文化人までたくさんいます。
そして教えた先生には、夏目漱石。
「坊ちゃん」は、この松山での経験だと言われています。

どうして松山は、こんなにたくさんの英雄を輩出したのでしょうか?
松山藩は、維新の時の負け組みです。たくさんの勉強をして頑張らなければ上には上がれなかったのです。そんな不屈の精神で、新時代を切り開いていきました。


三津浜・・・
ここは古くは源平合戦の壇ノ浦の戦いなど、鎌倉や戦国時代に圧倒的な力で制圧した伊予水軍が拠点とした場所です。
秋山兄弟は、伊予水軍を学んでいました。
日露戦争で秋山真之が作戦参謀としてロシアのバルチック艦隊を撃破したT字戦法、この戦術は、伊予水軍も昔から使っていました。
ここにヒントを得ていたのかもしれません。


正岡子規は、肌身離さず松山城の写真を持っていました。


有名な食べ物は五色そうめん。
今から290年前に長門屋が作ったと言います。
将軍家に献上したものです。
正岡子規も
「文月の ものよ五色の 糸そうめん」
と詠っています。


道後温泉・・・
聖徳太子が浸かったとも言われている道後温泉は、3000年の歴史がある日本最古の温泉です。
お茶と貸し浴衣があり、ここは殿様が考え出したスーパー銭湯です。
湧き出るお湯を溜めるだけだった道後温泉、本格的に整備したのは1638年松山藩主松平定行が温泉整備に着手し、身分によって浴室を分け、入浴料を徴収しました。
そのお金で、藩の財政を賄ったと言われています。


今の本館は、明治27年に建造、馬や牛も、昭和の半ばまで使っていました。
神の湯は、正岡子規も夏目漱石も浸かったと言われています。

日本唯一の皇室専用の湯殿“又新殿(ゆうしんでん)”もあります。
昭和天皇もお使いになられました。

伊予・松山・・・
朝敵と呼ばれながら、若者は勉学に励み、優秀な人材がここから巣立っていきました。
松山は、逆境をばねに花開いた、まさに青雲の志が似合う城下町でした。


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
「坂の上の雲」に隠された歴史の真実 [ 福井雄三 ]
「坂の上の雲」に隠された歴史の真実 [ 福井雄三 ]
『坂の上の雲』の時代がわかる本 [ 歴史の謎を探る会 ]
『坂の上の雲』の時代がわかる本 [ 歴史の謎を探る会 ]

posted by ちゃーちゃん at 15:16| Comment(0) | 城下町へ行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。