2012年09月18日

第35回 「わが都、福原」

第35回 「わが都、福原」

1168年2月。死の淵から奇跡的に生還した平清盛は、第二の人生に踏み出しました。

そう、10歳も若返ったらしいよ・・・。あせあせ(飛び散る汗)

その手始めに、比叡山延暦寺を収める僧侶・明雲を呼び、明雲の導きで出家したいと依頼します。

明雲「相国さまにおかれましては病にお伏せりと叡山にも聞こえて参りましたが・・・
   二十年前の呪詛が漸く効いたかと思うておりました」


と、バチバチムードですたらーっ(汗)


明雲は昔から朝廷への強訴などで敵対することが多かった山法師の自分になぜ頼むのかと清盛に尋ねると・・・


「賀茂川の水 双六のサイ 山法師・・・」

白河法皇も手に負えなかったという山法師と今後は協力関係を築きたいからだと語ります。
そう、清盛は、この前からこのセリフでまとめられてますね。黒ハート
とっても分かりやすいです。揺れるハート

そして清盛は明雲の手により出家。。。
髪の毛剃るとこ・・・
「痛い!痛い!」
痛くはないの???

場所は変わって、北条政子登場!!
こんな狭いところで・・・
いきなり父上を射ってしまいました。揺れるハート
杏ちゃん、とっても嬉しそうです。黒ハート
やんちゃっぷり炸裂でかわいいですね。るんるん


女は賢く家で髪でも梳いているか、本でも読んでろ!!という父上に・・・

「然様なことで今日という日を粗末にしとうございません!」

と、言い返します。きっと、これを受けるのはこの人・・・

未来の旦那様・頼朝さま黒ハート
「今日? 何時、今日になったのだ? 何時、昨日は終わった? 明日は何時来る?」

まだまだ明日の見つけることができない頼朝さまです。
でも、もうそこに来ていますよ。黒ハート



集まった平家一門の前で清盛は頭を丸めた姿を披露します。
ほんと、とっても坊主が似合います。綺麗な坊主です。黒ハート
妻・時子もあわせて出家しました。
一蓮托生だそうで・・・これも、一族滅亡ということを匂わせていますが・・・

清盛危篤の知らせを聞いて大宰府からかけつけたのは、ただ一人平家で生き残る頼盛さんです。
清盛の姿に目を丸くしてますが。。。

清盛は一門の前で、海に近い福原に隠居することを表明。六波羅を重盛にまかせることにします。
なんだか、変な空気が漂っています。あせあせ(飛び散る汗)
もともと一枚岩ではなかったですけどねあせあせ(飛び散る汗)


後白河上皇は、清盛のこうした動きを警戒、滋子との子・憲仁親王を高倉天皇として即位させました。
傀儡政権樹立です。黒ハート
自らの威信を示します。

でで〜ん!!
そう、日本は傀儡政権が一番権力もてるのよね。揺れるハート
出てきますよ。後白河上皇・・・
そう、その手で清盛と重盛を両てんびんにかける日も近いのかしら???

滋子が皇太后になったことで、平家内にも変化が生まれました。
滋子の姉・時子の子である宗盛が皇太后宮権大夫という要職につく一方で、同職にいた頼盛は辞任を余儀なくされます。
これも、後白河上皇の意味深な発言の結果なのね。。。

追い詰められていってますね。。。頼盛。。。

さらに、頼盛は滋子への奉仕を怠り、後白河上皇は清盛を呼びつけてそのことを叱責しました。
清盛は頼盛を呼び、社長・・・じゃなかった・・・会長が社員を叱るかのようです。
ワンマンっぷりが見て取れます。黒ハート


一方、伊豆では、北条時政の館に、かつて源義朝の家人であった豪族たちがあつまり、無為な日々を送る源頼朝の身の上を嘆いていました。

そして、時政の娘・政子の嫁入り話で一同盛り上がると・・・

息子のたくさんいた一人が言います。
「どれでも持って行け!!」

そこに登場!!

134671371235713200782_20120904080832[1].jpg

 ど〜ん!!

政子がイノシシを背負って現れます。
みんなドン引きです。あせあせ(飛び散る汗)

「どうぞ、今宵の膳に!!」
などと、言っています。たらーっ(汗)

おまけに、縁談を断られてしまいました。。。たらーっ(汗)

「もう今日が終わるのか?もっと、もっと、遊んでたい!!」
などと、言っていると・・・?

プリンス登場!!も、一瞬で見失ってしまいました。

政子「もののけ???」



福原に移り住んだ清盛は、兎丸らと大輪田泊の改修計画を進めます。
都を離れて自由を手に入れた清盛は、さらなる日宋貿易拡大の夢へと突き進んでいたのです。

そして平家一門にも変化が。。。清盛の弟・教盛が参議になりました。
一門が喜びに沸く中、またまた出世でおくれをとった頼盛は不満を募らせています。


その頼盛に藤原摂関家の摂政・基房や、以仁が接近してきました黒ハート
頼盛を参議にしたいと伝えます。
まあ、公家は、たくさん舌を持っているからなあ・・・。
力は何もないのにねえ・・・。

清盛が福原に移った今、平家の隙をつこうという人々にとって頼盛は利用すべき存在だったのです。
ああ、家盛(大東駿介)の時のようです・・・あせあせ(飛び散る汗)
そして頼盛は念願の参議になりましたが・・・一か月後にはその官職をとかれてしまいます。あせあせ(飛び散る汗)
う〜ん・・・なんで、任をとかれたんだろう・・・失恋
重盛のセリフで終わっちゃいました。。。
上皇様の悪巧みかしら???
もっと、描いて欲しかったなあ・・・なんて、思ってしまいましたが。。。
話が長くなるのかたらーっ(汗)


心配してるのか、後白河と繋がっていたのか、清盛は福原に頼盛を呼ぶと・・・
頼盛は自分を平家から追い出してくれと訴えました。
すると清盛は、目の前に広がる海を見せ、自らの野望を語りました。

清盛「鴨川の水も何れはあの海に流れ込む。
   海を思いのままにできれば・・・ 
   それ即ち、鴨川の水を思いのままのできるということじゃ」



福原に博多のような大きな港をもつ街にして、ここを都と定める。。。そして、それは平家の都だと語ります。そう、帝のいない都・・・。

朝廷の枠組みを超え平家一門の力で・・・


貿易で得た富で国を豊かにする政治をおこない、そして平家一門による武士の世をつくるというのです。

「武士の世・・・武士が頂につく世をつくるために!!」です。

そのためには頼盛の力は欠かせないと説く清盛るんるん

清盛「頼盛、これより先も口煩う一門を支えよ!」

頼盛はそんな清盛の壮大な野望にあきれながらも認めざるを得ません。

頼盛「途轍もない男を兄に持つ弟の運命というものじゃ」

う〜ん、一つになっちゃいましたよ。。。
この二人、やっぱり反目するんですけどね。。。
どうもっていくのでしょう?
楽しみです。るんるん

そのころ、源頼朝も新たな明日を迎えようとしていました。

134728205269113209923_kiyomori35-02[1].jpg

「とったど〜!!」

政子がとったのはもののけ頼朝でした。
頼朝の見たい「明日」がやってきましたよ。

杏ちゃん、似合っていますね。。。黒ハート
尼将軍には悪いですが、良いキャラクターに仕上がっています。
ここまでされると、なんだか文句も出ませんね。
でも、もののけと勘違いして網で捕まえるあたり・・・やはり少年漫画ですね。。。

そんな馬鹿な!!
って感じで面白いです。るんるん


一方、京の鞍馬山では頼朝の弟である遮那王が寺で修行に励んでいました。
神木隆之介君です。
隆之介君は・・・
img_434569_9263693_1[1].jpg

こっちではなくって・・・
d0017307_21381410[1].jpg

こっちの義経さんです。黒ハート

しっくりします。黒ハート

次回もなんだかいろいろ変化がありそう。黒ハート
楽しみにしています。


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 14:46| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。