2012年09月25日

第36回 「巨人の影」

第36回 「巨人の影」です。

さて・・・誰が巨人なのでしょうか???
それはもちろん黒ハート

京の鞍馬寺では、源義朝の子・遮那王・・・後の義経が修行に励んでいました。
遮那王の母・常盤はあえて遮那王に自分の父が源義朝であることや、平清盛が父の敵であることを教えていませんでした。それは遮那王を戦乱にまきこまないため。。。

って、ほんとうかしら???

おまけに、住職さんは教えたそうですあせあせ(飛び散る汗)
それは駄目でしょう!!

おまけに、遮那王の身軽なこと、この上なき!!って感じの演出です。
ここまで少年漫画化するのか!?みたいなたらーっ(汗)

1169年清盛は福原の別邸に後白河上皇を招き、後白河上皇をおこないました。

え〜!!
千僧供養・・・こんなにサラッと終わっていいの???
サラッと終わるほど、平家の力は強大ということなのかしら???あせあせ(飛び散る汗)
たくさんの公家を招いての催しだったのにexclamation&question


後白河上皇は、明雲と清盛の関係が親密になったことを不審に感じていました。

権力を持つものゆえの慢心と猜疑心に駆られていますね。。。みなさん失恋

清盛は大輪田泊の改修に本腰を入れるため、福原に移住することを重盛に告げます。
京の留守は任せたと、重盛に平家の棟梁の座を譲り渡したのです。
後白河上皇の近臣・藤原成親は平家の内情を探るため、義弟である重盛と酒をくみ交わしました。

重盛は自分が清盛の正室・時子の実の子でないため、平家の棟梁として認めない者もいるはずだと不安がっています。
成親は重盛を励ましつつも、重盛の気弱な一面をこりゃ駄目だ感で観ています。

「小者が・・・」

そう、この人も、今まで残っているだけあって腹黒いです。
ハム輝の頃は、とってもかわいかったのにね。黒ハート

surpriseweb_pcbe-50712[1].jpg

4月、時子の妹であり、後白河上皇の妃・滋子は院号宣下を受け、建春門院となりました。
酒を飲みまくっております。るんるん

朝廷での建春門院の力は著しく増し、その兄・時忠や甥・宗盛が院の司に任じられるなど重用されました。
その酒宴の席・・・建春門院の豪快な飲みっぷりを見て、時忠は宗盛にもっと自信をもつようささやきます。
いつもそうですが、このやんちゃなおじが引っ掻き回します。
流されて改心しなかったのですね・・・あせあせ(飛び散る汗)
建春門院の姉・時子こそが宗盛の母であり、宗盛こそが平家の嫡流だと。。。


福原では兎丸が大輪田泊の工事の難しさを話していました。
清盛は先例がない工事だとあきらめるのかと挑発すると、もちろん兎丸たちは工事に向かいました。

忘れていました・・・。
捕まえられたプリンス頼朝です。
覇気のない頼朝・・・政子は気に入ったようです。

しかしそんな政子を父・時政が見とがめ、頼朝の正体も知らせず、二度とここへ近づかないようくぎをさした。
そんなことを言って聞く娘ではないでしょう???
解ってるくせにexclamation×2

6月、後白河上皇は出家し、法皇となりました。その戒師に選ばれたのは比叡山ではなく・・・園城寺の僧たちでした。
今まで帝や上皇が出家する際には比叡山延暦寺の僧が戒師をつとめていたのに。。。

後白河は延暦寺をけん制するために、延暦寺と対立してきた園城寺をあえて選んだのです。
が・・・本当に、寺と言い平家と言い源氏と言い・・・この後白河院に滅茶苦茶にされていきますね。あせあせ(飛び散る汗)
でも、これは序の口。まだまだ続きますよ!!

そして・・・これに反発した延暦寺の明雲たちは後白河法皇をやりこめる機会をうかがっていますが。。。
後白河法皇をやり込めるってどうよ!!
日本で一番偉いであろうお人なのにexclamation&question


そこへ成親の知行国・尾張の役人が、比叡山延暦寺と関係を持つ寺社と衝突する事件が起きます。

対策をねる藤原摂関家や時忠ら公卿たち。

「やっかいなことになる前に・・・」

と、摂関家も罰したいようですが・・・
後白河院の一言で終わってしまいます。
成親を擁護し、悪いのは寺社側であると断罪したのです。
そんなことで後白河院の手を煩わせるのか???という疑問は残りますが、まあ、何事も意のままにを表現したいのでしょうか???


ここぞとばかり明雲が率いる延暦寺の僧兵は、後白河の裁断に意義を申し立て、


「成親を流罪にせよ!!」京に詰め寄ります。


しかも、神輿をかついだ僧兵たちが向かったのは、後白河法皇のいる法住寺殿ではなく・・・
幼き高倉天皇がいる内裏。。。烈火の如く怒る後白河院・・・こう着状態に、公卿たちの議定も混迷しています。
公卿達は何もできないでしょうね。。。

重盛は義兄である成親を守るため、出陣の準備をしていましたが・・・
福原の清盛から議定の結論にかかわらず兵を絶対動かすなという伝言が届きました。
やばいよ、重盛!!
そう、重盛の不憫さは、父と後白河院との・・・この板挟みにあうあせあせ(飛び散る汗)ところなのです。

比叡山延暦寺とのかかわりを良好に保つことが大事で、この一件をうまく操ることで、

「平家の力なくして何も出来ぬ」

と後白河法皇に思い知らせる良い機会だというのです。


長引く議定に業を煮やした法皇は、重盛に兵を動かすよう命じます。
ああ、板挟みにあう重盛・・・可哀想。。。


清盛のいいつけを守る重盛はこれを断ります。
結局、追いつめられた法皇は、延暦寺に屈し・・・成親は流罪。

義兄を救えなかった重盛は館へ帰ると、妻であり成親の妹である経子に謝まりました。
経子は何も聞かずに重盛をねぎらいます。

なんだかビミョーに怖い雰囲気失恋
でも、昔の人ですから、本心からなんでしょうね。黒ハート

この結末に納得できない後白河法皇は成親を呼び戻し、代わりに時忠に罪をかぶせて、流罪を命じます。
やりたい放題の後白河院です。
そんなんだから、重盛の寿命がすり減っていくのですよ・・・exclamation×2


平家一門としては、時忠の出雲に流罪・・・は受け入れがたいものの、成親との義理もあり後白河に抗議もできない。。。
でも、後白河法皇としてもこれ以上平家の天下を観るのも辛いよねえ・・・。

ああ、重盛大ピンチ!!

どんどん追い込まれて行っています!!


比叡山延暦寺は再び強訴をおこそうとし・・・重盛は苦境に追い込まれます。

事情を知った清盛は、福原に重盛と頼盛を呼び、六波羅に集められるだけの兵を集めるが決して動くなと命じます。


父の言いつけのとおり、重盛が館に多数の兵を集めると、後白河法皇や藤原摂関家の者たちは不安を感じて六波羅に集まってきました。

あたふたとする重盛!!

思わぬ事態に重盛が動揺・・・
そんなピンチに、主役登場!!

清盛が福原からあらわれました。


134671371460113200361_20120904080834[1].jpg

でで〜ん!!


後白河は清盛に兵の意味を問い詰めましたが、

清盛「これはかたがた・・・何事にござるまするか?
   
   武家館に兵が集まり調練いたすは常日頃の事にござりまする

   比叡山に参るために。ただの山登りじゃ

   毎日海ばかり見ててもあきるでのう」

清盛の態度に、一杯食わされた後白河院は、裁断を覆し、時忠の流罪を解き、成親は流罪は免れたものの官職を奪われました。


結果的に一番の罰をおわされた成親は、平家を恨むようになります。この事件は、のちに嘉応の強訴といわれるのですが、この出来事はは天下に清盛が欠かせぬことを示しました。

が、裏を返せば清盛がいなければ何もできない平家に弱点があることもあらわにしてしまいました。。。


そう、強いリーダー・・・ワンマン社長の弱みが暴露してしまいましたあせあせ(飛び散る汗)


そうか・・・「巨人の影」って、後白河院のことじゃなくって、平家一門に対する清盛のことだったんだ・・・るんるん


次の回は、散々な重盛が、本当に悲劇に合う回ですね。

楽しみにしています。

あ〜今回は難しかった黒ハート



平重盛〜平家滅亡のキーパーソン〜はこちら

平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第壱集 / 松山ケンイチ, 玉木宏, 深田恭子, 松田翔太, 藤木直人 (出演); 柴田岳志, 渡辺一貴, 中島由貴 (監督)
平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第壱集 / 松山ケンイチ, 玉木宏, 深田恭子, 松田...
武士の王・平清盛 (歴史新書y) [新書] / 伊東 潤 (著); 洋泉社 (刊)
武士の王・平清盛 (歴史新書y) [新書] / 伊東 潤 (著); 洋泉社 (刊)
↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 12:13| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

最近の「THEナンバー2」ですが・・・

私の大好きな「THEナンバー2」ですが・・・

ここ何回か、「◎◎のナンバー2△△ VS ☓☓のナンバー2◆◆」みたいなのをやっていました。

ナンバー2も70回を越えると、ナンバー2自体なくなってきているのかしら???

と、心配していました。

次回第77回は徳川慶喜さんです。

で・・・
ふと考えてみました。

日本の歴史のナンバー2がなくなってきているのだったら、
現代史のナンバー2・・・例えば今ドラマでやっている吉田茂なら白州次郎とか・・・

050908shirasu2[1].jpg


世界の歴史のナンバー2・・・
って、劉備のナンバー2、諸葛亮孔明

4eea4b6a96cc4b5489c68027fdab2d84[1].jpg



ヒトラーならゲーリングとか、ルドルフ・ヘスとか???

PhotoChooser-162bd802-8af8-4b1d-b101-57216a0fdfbc[1].jpgslide_34980_313247_large[1].jpg


って・・・???
他にはピンときませんあせあせ(飛び散る汗)

世界的に見るともしかしてNo,2って、あんまり存在しないのかしら???
それとも私が知らないだけなのでしょうか???

そう・・・

よーく考えると、外国は独裁者が多いですよね。
日本は例えば平清盛が政権を握って以来、鎌倉・室町・徳川・明治維新以降・・・
ずーっと”傀儡政権”っていうか、天皇はマッカーサーが言い渡すまでもなく象徴だったような気がします。


だから、ナンバー2が活躍するのは、日本以外にありえないのかもしれない。。。
と、思ってしまいました。

私の勉強不足でしょうか???

暇ができたら世界のNo,2を調べてみよう黒ハート


補佐役の精神構造 リーダーを支えた名参謀の条件
補佐役の精神構造 リーダーを支えた名参謀の条件

補佐役の研究―歴史にみる組織人間学 [単行本] / 加来 耕三 (著); 光人社 (刊)
補佐役の研究―歴史にみる組織人間学 [単行本] / 加来 耕三 (著); 光人社 (刊)


↓ランキングに参加しています。黒ハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 08:11| Comment(0) | THE ナンバー2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

「番所庭園」です。

番所庭園は、和歌山市雑賀崎にあります。るんるん

地名を「番所の鼻」と言います。

P9171860.JPG

そう言えば、鼻みたい揺れるハート

地図で見るとこんな感じ。

P9171864.JPG


古くは、万葉時代・・・
神亀元年(724年)10月に、聖武天皇が大和の都から、お供の公家・宮廷人たちと和歌の浦に行幸されました。

その時、藤原卿が・・・番所庭園の北側に広がる「雑賀の浦」の漁火を見て詠んだのがこの歌です。


P9171871.JPG

「紀の国の
   雑賀の浦に
     出で見れば
  海女の燈火
    波の間ゆ見ゆ」



この景色は、1200年前と変わっているのでしょうか???


P9171862.JPG

3方を海に囲まれた、本当に見晴らしのいい・・・絶景です。黒ハート


この「番所の鼻」は、平坦で海に長く突き出た地形で、紀州藩は海の防備見張りの為に遠見番所を設けました。

藩領の海岸線10数か所に番所がありましたが、ここはその中でも和歌山城に最も近い番所として狼煙場とともに重要な場所でした。


1853年ペリー来航を機に、紀州藩も本格的に海防に取り組みはじめました。

そして、ここに、「元番所お台場」が構築されました。

P9171867.JPG

その年にロシアのプチャーチンがディアナ号で紀伊水道にやってきました。

そのことを記しているのは「異船記」。

ロシアとの軍事力の格差に驚いた紀州藩は急遽海防の強化に踏み切った様子が描かれています。

image[1].jpg


そんな歴史を肌で感じることの出来る番所庭園では・・・
この場所でバーベキューをすることができます。

P9171876.JPG

こんな景色を見ながら飲むビールは、本当においしいでしょうね。(私は下戸ですが失恋


和歌浦は、万葉の・・・そして、紀州徳川の歴史がたくさんあります。黒ハート


このきれいな海岸線は今も昔も変わらずに、とてもきれいでした。黒ハート


そして、私は日本一と思っている丸浜のかまぼこ黒ハート
「和歌山市」和歌浦丸濱かまぼこ詰合せ KM-5【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】
「和歌山市」和歌浦丸濱かまぼこ詰合せ KM-5【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】
わが家では、お高いので・・・正月か運動会の時しか食べられませんあせあせ(飛び散る汗)

「和歌山市」鷹屋製菓 和歌浦せんべい 50枚缶入り2本【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】
「和歌山市」鷹屋製菓 和歌浦せんべい 50枚缶入り2本【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ...


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 18:56| Comment(0) | 和歌山探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。