2012年08月07日

第30回 「平家納経」

第30回 「平家納経」

今回は、ロンドンオリンピックがあって、なんだか9時からだったようです。
私はいつも6時からのBSをビデオに撮っておくのですが。。。

本放送はエライことになっていたようですね。
9時開始の時間が延びに延びて10時だったとか。。。あせあせ(飛び散る汗)

これも、崇徳院の祟りでしょうか???

でも、私も柔道見てたので、同じ穴のムジナね。。。たらーっ(汗)


1161年、崇徳上皇は配流先の讃岐で静かに悔恨の日々を暮らしていました。
なんだかとっても幸せそうです。
で、なんで三大怨霊???みたいな感じを醸し出していますが・・・
でも間違いなくこの方が、三大怨霊の一人です。



そして、そんな兄をよそに・・・崇徳の弟・後白河上皇は滋子との間に憲仁親王をもうけていました。
とっても子煩悩ないいパパぶりに見えます。

そんな二人を祝うため、清盛の命により、兎丸たちが博多から宋の高価な品々を持って帰ってきました。
清盛は兎丸を遅いと叱りますが、兎丸は文句があるなら博多を都の隣に持ってこいと言い返しました。
これは、誰もがピンとくる、”大輪田泊”の開始ですね。揺れるハート

盤石に見える清盛陣。。。しかし、相変わらず危なっかしい清盛の義弟・時忠は平家の血をひく憲仁を次の帝にしようと画策し、強引に清盛の次男・基盛と弟・教盛を計画に引き込みます。

しかしそのたくらみはすぐに二条天皇に知れ、清盛は帝から厳しく糾弾!!!
怒り心頭じゃ〜!!の清盛は、六波羅に戻るとすぐに三人の官職の返上を命じました。

崇徳上皇は、保元の乱での自らの所業を省み、写経を弟・後白河上皇にります。

しかし、これを呪詛が込められているのではないか・・・と、気味悪がった後白河上皇から受け取りを拒否されます。
送り返されたお経。それもそのはず、五部大乗経の写経は絶大な功カがあるとされ、本職の僧侶でさえ一部でも読破すればお祝ものという難解長大な経典でした。
五部全て写経すれば願うこと適わざることなきと言われた代物だったのです。


おまけに、折悪く息子・重仁親王死去の知らせも届きました。


二重の衝撃を受けた崇徳上皇は、これまでの不遇な人生を振り返るうち、恨みが頂点に達して。。。
ついには日本国の大魔王となると、呪いの言葉を唱え始めました。

「願わくは、大魔王となりて天下を悩乱せん五部大乗経をもって廻向す。
 皇を取って民となし、民を皇となさん。
 人の福をみては禍とし、世の治まるをみては乱をおこさしむ。」

と。。。
さあ、怨霊化が始まりました。

d0017307_2159028[1].jpg

特に、「皇を取って民となし、民を皇となさん」この部分は、後に、源頼朝が幕府を開く=朝廷から武士の政治に移ったことを意味するようになるので、鎌倉幕府の成立に崇徳上皇は手をかしたことになっていますexclamation&question

ここまでやるかというほどの怨霊と化しています。
崇徳上皇、素晴らしい!!


そのころ、平家では基盛が不慮の事故で落命。。。
「え??」って感じに早かったですが。。。この回は、崇徳に譲ってください・・・。
ていっても、基盛が出てくることもないのか。。。あせあせ(飛び散る汗)

嘆き悲しむ清盛たちに西行は、
「実は…基盛殿が、宇治川を渡っておったであろう刻限、高野山におりました拙僧は、確かに見たのです。
 何かもののけ・・・いや、怨念の塊のごときものが、空をゆくのを。。。
 そして、それは確かに、讃岐の方角より現れました。
 拙僧が見たものは、讃岐の院の怨念だったのではないかと・・・。」

え?見たの??
もしかしてこれ?
sutokukuniyosi_2[1].jpg

怖いですね・・・。
みなさん、やっぱりいじめは駄目ですよ!!
怨霊と化すからには、本当に酷いことをされ、きっとそれは、やった本人が解っているから怨霊なんて言って、神として祀ったりするんだから。。。
解っていたならやめたほうが良いのは当たり前よね。


ある日、藤原摂関家の長・藤原忠通は、息子・基実とともに清盛を訪ね、基実を娘婿にしてほしいと頼みます。
この人は、まだ現役だったのですね。風見鶏だったのでしょうか?
摂関家の存続を願う忠通は、かつての誇りを捨て、見下していた武士に力添えを期待します。
そうね、そうだから今まで残ってこれたのでしょう。

なんだかんだと西行の言うことを信じたのでしょう。
清盛はみんなを集め、 一門で経典を嚴島神社に納めることを命じました。
それは、平家繁栄を祈願するためであり、保元・平治の乱で失われた人たちを弔うためでもあったのです。

清盛はこの国最高の技と材料、莫大な財と労力を注ぎ込み、絢爛豪華な三十三巻の経典を完成させました。
そして、平家一門はそれを嚴島の社に納めることにします。

その最中、時忠は帝を呪詛した疑いをかけられ、出雲に流罪となり、これもまた崇徳のせいではないかと時忠はつぶやきました。
そう、都合の悪いことはすべて怨霊のせい。
日本は古く、大国主命の時代から、怨霊信仰です。
それがあったからこそ、欲望のままに突き進むことなく現代まで来たのですから、現代に怨霊信仰の復活があってもいいかもしれません。

清盛はそんなことはないと言い捨て、時忠を送る途中の福原の海を見つめていました。
平家一門と西行は船で安芸へ向かいます。
なんで西行居んの??って感じですが。

その途中、突然海が嵐にあい動揺する一門は、これも崇徳の呪いかと思い、経典を海に沈めて怨念をしずめようとしましたが、清盛は兎丸らになんとしても嚴島へ向かうよう命じます。

そのころ讃岐では崇徳上皇が呪いつづけていました。


必死に船を航行させる兎丸たち、西行はひたすら経を唱えます。
西行の経は逆効果じゃないの???

そして夜明けをむかえると、嵐がやみ、崇徳上皇は朝日に溶けいるように息をひきとったのです。

そう、崇徳の魂は鎮魂したのでしょうか?
いえ、鎮魂せずに、 鎌倉幕府をうちたてたのでしょうか?

本当の上皇は、讃岐の国で幸せに暮らしたようですが、怨霊としたのは、やはり、やましい心を持った都の人だったのでしょう。

かくして清盛は嚴島の社にたどりつきました。
そして納経の儀式が進む中、清盛の脳裏にはある野望が。。。
兎丸が博多を都の隣に持ってこいと言ったこと、清盛が気をとめた福原の海こと。

そして清盛は興奮を抑えきれず言いました。
「博多を都の隣に持ってくるぞ」と。
大輪田の泊ですね。
清盛の新たなる目標が見つかった瞬間でした。

今回は、崇徳上皇様サマな回でしたね。
鳥羽上皇に・崇徳上皇・・・
私の心を埋めてくれる人は、第三部には登場するのでしょうか?
いよいよ第三部が始まります。
まだ、オリンピックもあります。

どちらも頑張れ!!

国宝 平家納経―全三十三巻の美と謎 [単行本] / 小松 茂美 (著); 戎光祥出版 (刊)
国宝 平家納経―全三十三巻の美と謎 [単行本] / 小松 茂美 (著); 戎光祥出版 (刊)
図説 平清盛がよくわかる! 厳島神社と平家納経 (青春新書インテリジェンス) [新書] / 日下 力 (監修); 青春出版社 (刊)
図説 平清盛がよくわかる! 厳島神社と平家納経 (青春新書インテリジェンス) [新書] / 日...

↓ランキングに参加しています。揺れるハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 16:35| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てくてく福井 〜永平寺〜

夏休みを利用して、永平寺に行ってきました。

P7220826.JPG

空気もリンと、澄んでいるような気がします。

P7220829.JPG

永平寺は、今から約760年前の、1244年、道元禅師によって開かれた、座禅修行の道場です。
今でも道場なので、修行していらっしゃるお坊さんがたくさんいます。

道元禅師は、14歳の時に比叡山で出家し、24歳の春中国に渡り、天童山の如浄禅師について激しい修行をされて、お釈迦さまから伝わった「座禅」という正しい仏の教えを受け継がれて日本に帰ってきました。
はじめは京都に道場を作りましたが、後に越前の国に移り、永平寺を開かれました。


P7220834.JPG

これらの建物は、伽藍といい、僧侶が修業をする正常な場という意味があります。
この中でも七つのお堂は、「七堂伽藍」と呼ばれて、日常の修業に欠かせない建物です。

P7220841.JPG

P7220842.JPG

永平寺山門の四天王です。

こちらの顔も、良く見ると「あ・うん」になっています。

おまけに、ウエストにあるベルトのバックルのような模様も、「あ・うん」ってなっています。黒ハート

なんて御茶目な四天王なんでしょう。揺れるハート

P7220847.JPG

中は、本当に綺麗です。
7月の終わりに行ったので、緑が鮮やかです。
秋には紅葉が、冬には雪が綺麗なのでしょうね。

P7220853.JPG

四季折々の綺麗な衣装をまとう永平寺ですが、やはり、実際に修業をされているということもあり、私たちの気持ちも引き締まります。

寝ることも、食事をすることも、トイレに行くことも・・・
人生はすべて修業なのだそうです。

ひと時でもそんな気持ちに触れて、一日を大切に、日々精進に出来たらいいなあ・・・って、思うのですが。
三日坊主な私です。


↓ランキングに参加しています。揺れるハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

芸術・人文 ブログランキングへ
ラベル:永平寺
posted by ちゃーちゃん at 15:09| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海上自衛隊護衛艦「いそゆき」

海上自衛隊護衛艦「いそゆき」が和歌山にやってきました。

7月28日・29日と和歌山港で一般公開されました。

P7281089.JPG

自衛隊に対する理解を深めるための公開です。

基準排水量:2,950t

主機械:ガスタービン4基2軸

速 力:30kt
 

そして主要兵装は・・・

62口径76ミリ速射砲x1
SSM装置一式・短SAM装置一式
アスロック装置一式
3連装短魚雷発射管x2
哨戒ヘリコプターx1
高性能20ミリ機関砲x2

です。


こちらが高性能20ミリ機関砲。
P7281098.JPG


対艦攻撃ミサイル「ハープーン」
P7281118.JPG


アスロック装置一式
P7281106.JPG
P7281122.JPG

この中身が見えている演出が、いかにもオタク心をくすぐります。揺れるハート

そしてこちらが・・・
哨戒ヘリコプター。
P7281126.JPG


見ていると、素直に、カッコいいと、思うのですが。。。
こんなのを持っていると、”勿体ない”とか、”撃ってみたい”とか思わないのかなあ・・・
と、単純に思います。

軍ではないという自衛隊。
東日本大震災をはじめ、最近よくおこる日本の災害・外国の支援・日本の船を外国の海賊から守る・・・


色々な平和活動をしている自衛隊ですが、海賊から日本の貿易船を守るという理由で、アフリカのジブチに当たり前の様に海外基地を置いています。
ソマリアの海賊対策ですが、ビックリしたのは、自衛隊のジブチでの英語訳が「JAPAN  NAVY」って、なっていること。。。
理由は、”自衛隊”を英語訳出来ないから解りやすいようにだそうです。。。あせあせ(飛び散る汗)


やっぱり、どこをどう切っても、この「いそゆき」も・・・たらーっ(汗)

いえいえ、そんなことはおいといて、今回は、単にいつもは出入りできないところに潜入できたことを素直に喜びます。黒ハート

そして、パパ様が・・・
「おっ!!ママの大好きな旭日旗揺れるハート
と、写真に撮ってくれました。るんるん
P7281135.JPG


今日も楽しく、見学させてもらいました。

もうすぐ、あの暑い夏がやってきます。
平和に活動してくださいね。黒ハート

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 05:21| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。