2012年06月14日

古代ミステリー・邪馬台国の魔力に迫る

日本古代史最大のミステリー・・・

3世紀、女王・卑弥呼が君臨した邪馬台国はどこにあったのでしょうか?

謎の始まりは、中国の歴史書「魏志倭人伝」・・・
そこに記された邪馬台国の場所を巡って、論争が続いています。

最も有力なのが、近畿と九州。
この論争は、江戸時代から300年に渡る国民的ミステリーです。
それぞれを裏付ける物証が、いろいろと発見されています。

近年、その論争に拍車をかけたのが、吉野ケ里と纏向遺跡・・・。
そこから明らかになる日本人の原点とは???

邪馬台国はどこにあったのか???
そもそもの発端は、中国の歴史書「魏志倭人伝」
そこに書かれている文字が、論争を引き起こしました。

『郡より倭に至るには、海岸にしたがいて水行し、韓国をへて、乍は南し乍は東し、その北岸狗邪韓国に到る。七千余里。はじめて一海を度る。千余里。対海国に至る。また南一海を渡る。千余里。名を瀚海という。一大国に至る。また一海を渡る千余里、末廬国に至る。東南、陸行五百里にして、伊都国に到る。東南、奴国に至るには百里。東行、不弥国に至るには百里。南、投馬国に至るには水行二十日。南、邪馬壱国に至る、女王の都する所なり。水行十日陸行一月。女王国より以北、その戸数・道里は略載し得べきも、その余の旁国は遠絶にして詳かにするを得ず。...............これ女王の境界の尽くる所なり。その南に狗奴国あり、男子を王となす。女王に属せず。郡より女王国に至るには万二千余里。』

この通りに南に進むと、はるか南の海となります。
これが謎の始まりでした。

江戸時代の半ば、忠臣蔵の頃です。
新井白石が魏志倭人伝を読み解いたのがきっかけです。
白石は、方位と距離を無視し、一支国は壱岐、末廬は松浦半島、伊都国は怡土、奴国は那珂、不与国は宇美・・・と、九州の地名をあてはめます。

この方法でたどり着いた邪馬台国は・・・
「邪馬台国と唱えしは、今の大和の国と言いしなり。」
これが畿内説の始まりでした。

しかし、後年、白石はもう一つ「やまと」という発音を見つけてしまいました。
それは、九州、福岡県の山門です。
そして、九州説も立ち上げました。

2つにスポットを当てて、以後300年間、様々な推理を繰り広げ、論争が始まります。
明治・・・近代化の時代、論争は、学者の間で本格化。

明治43年東大・京大の学者が、真向から対立します。

東大の白鳥庫吉は、
「南に水行十日、陸行一月」
が、書き間違いで、陸行が一日では?と考えました。
そして、邪馬台国は九州にあり!!

反論したのは、ライバルの京都大学の内藤湖南。
南が書き間違いで、東では?
瀬戸内を渡り、近畿にありとしました。

日数か、方位か?
学会を巻き込んだ大論争となりました。

そして戦後は。。。
邪馬台国は、一大国民ミステリーに。。。
そのきっかけは、松本清張。
推理小説の題材となりました。
邪馬台国 清張通史(1) (講談社文庫―清張通史) [文庫] / 松本 清張 (著); 講談社 (刊)
邪馬台国 清張通史(1) (講談社文庫―清張通史) [文庫] / 松本 清張 (著); 講談社...

もう一つは、50万部の大ベストセラー
長崎県の盲目の郷土歴史家・宮崎康平の「まぼろしの邪馬台国」です。
邪馬台国を自らの故郷・島原と推理。
自らの足で歩いて探す・・・これは、現場を歩くことの楽しさを、一般の人に教えました。
まぼろしの邪馬台国 第1部
まぼろしの邪馬台国 第1部

まぼろしの邪馬台国 特別限定版(仮) [DVD] / 吉永小百合, 竹中直人, 窪塚洋介, 風間トオル, 平田満 (出演); 堤幸彦 (監督)
まぼろしの邪馬台国 特別限定版(仮) [DVD] / 吉永小百合, 竹中直人, 窪塚洋介, 風...

全国各地で邪馬台国がブームとなります。

邪馬台国は、300年も人々を楽しませてくれる最大のミステリーです。
どうして人が惹きつけられるのか???

@人間は、もうひと押しで解ける謎に惹きつけられる。
A卑弥呼が女性だった。
B自分の国のルーツだから。
 究極の自分探しなのでは?
C「魏志倭人伝」は、三国志のごく一部しかない・・・。

時代としては、弥生時代と古墳時代の境界です。
弥生時代は地域の割拠状態でしたが、古墳時代は奈良に大きな前方後円墳、地方にも前方後円墳が出来て、政治的な統合が生じました。

小さな村々から大きな国が出来たのです。

そんな空白の3世紀です。

時間が無くなってしまいました。

続きはまたあした。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
ラベル:邪馬台国
posted by ちゃーちゃん at 18:19| Comment(0) | BS歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。