2012年06月25日

古田織部〜天下人に仕えた茶頭武将 へうげもの〜

天下一の茶人とは誰か???

多くの人は、千利休と言うでしょう。
秀吉の元で、詫びの茶を作り上げ、茶人の立場から政治にかかわった利休。
その利休の陰で、歴史に葬られた男・・・
昭和の初め、岐阜県で陶器の破片が数多く見つかりました。

それを見た昭和の陶芸家・加藤唐九郎は・・・
「一目見て、惹きつけられてしまった・・・」と驚き、

北大路魯山人も、
「千変万化して、実に立派である」と評しました。

その焼き物の名は「織部焼」

その織部焼の名の由来となったのが、古田織部です。

信長・秀吉・家康の三人の天下人に仕え、戦国の世を茶の湯と言う一芸で生き抜いた文科系戦国武将。

「へうげもの」と呼ばれた作品を数多く作り出しました。
今、この漫画が売れています。

【ポイント5倍】【新品/漫画】へうげもの [1~13巻 全巻 最新刊] (著)山田芳裕
【ポイント5倍】【新品/漫画】へうげもの [1~13巻 全巻 最新刊] (著)山田芳裕

「へうげもの」とは、「ひょうきんもの」「ふざけたもの」「お調子者」と言う意味です。
利休の亡き後、秀吉・家康のNo,2となり、茶の湯で個性的な美を天下に知らしめました。

この織部、もともとは、織田信長の使い番でした。
織部の「使い番」の仕事とは、織田・豊臣時代に各地に命令を伝え、軍中を巡視し、情報を伝える役目のことです。
つまり、若手の幹部候補生でした。

1544年美濃に生まれます。200石の田舎大名でした。
17歳の頃、信長に仕えます。
これによって、織部の人生が変わるのです。

使い番として信長に仕え、信長を美の革命家として憧れていました。

「自分が気に入れば、それは美しい!!」
その考えが、織部を変えます。


当時最先端の文化だった茶の湯。二部長は、名物と呼ばれる茶道具が高価だったことに着目・・・
名物狩りとして、京都で買い上げ、武勲のあった者に与えました。

「美しい名物をわが手に!!」

みんな、一心不乱に頑張ります。

松永弾正久秀・・・この人は、戦国一悪い人で有名です。
13代将軍を殺し、主君を殺し、奈良の大仏を焼いた男です。
しかし、自分なりの美意識は持っていました。
この美意識、太平の世とはちょっと違うのです。


松永久秀が謀反の時は・・・
信長は、謀反を許す代わりに「平蜘蛛の茶釜」を献上せよと、引き換えにしようとしました。
しかし、久秀は断固拒否。
「平蜘蛛の茶釜」に火薬を詰めて、自爆します。


茶の湯大名・荒木村重謀反の時は・・・
武士としての名誉を捨て、城も正室も・・・家臣も何もかもの全てを捨てて、茶器とともに逃げ出す村重の姿がありました。
この荒木村重・・・のちに秀吉の茶人として生きたと言われています。

そんな中、古田織部も・・・
「武」か「茶」か・・・二つの道で悩んでいました。

どうして、この茶の湯が流行したのでしょう・・・。
茶の湯御政道と呼ばれます。これは、茶の湯を政治的に利用した信長の政策のことですが・・・。

茶の湯には二つの流れがあります。
美術として茶器を鑑賞する・・・室町様式と呼ばれ、鑑賞したり批評したりのためには、教養や知識を必要としました。
もう一つは・・・飲むという行為です。
「けっこうなおてまえでした。」教養のない武士でもできることでした。
そして、茶器の批評にしても・・・
利休好みと言うのが出てきます。そのまま、利休が良い!!と言えば良いもの!!と言うものです。

しかし、明智光秀の謀反によって、信長は死んでしまいました。

次にトップに立ったのは・・・
農民から天下を取った秀吉・堺の魚屋から天下の茶人となった利休。
2人は戦国の世に、新たな力を作ろうとしていました。

詫びの茶を考案します。
茶の湯をネットワークとし、全国の大名を把握、フィクサーとして秀吉のNo,2となった利休。

その利休の元で、武将茶人として生きることを選択します。
そんな利休に人生の教えを授かります。
「人と違うことをせよ」

利休の弟子は・・・「高弟七人」と呼ばれています。
蒲生氏郷・細川忠興・古田織部・柴山宗綱・瀬田正忠・高山長房・牧村利禎
その中でも、最高の弟子は、織部と言われています。

1585年秀吉より3万5000石を拝領し、大名へ。
織部十作を選定。

そして、織部のチャンスとなった北野大茶の湯。
唯一無二の茶の湯が発表できる!!
才能を開花させていく織部。。。

その頃から、師が秀吉と対立し始めていました。
それは、美意識の違いから始まったものでした。
利休のわびさびの極致を具現化したものは、「黒楽茶碗」でした。
しかし、秀吉は黒は陰気だとして、派手な「楽茶碗」を使い始めました。

それを見ていた三成は、利休を苦々しく思っていました。

そして・・・大徳寺山門の2階にある利休像に対して・・・いちゃもんをつけだしました。
もし、秀吉が大徳寺に参る際は、利休の下をくぐるのか!!と。。。

そして、もう一つは、価値のない茶器に法外な値段をつけて儲けていると・・・。

これによって、利休は切腹に追い込まれました。

人生の師を失った織部に対し、秀吉は。。。
「織部よ
   そなたが利休の 
      あとを継げ」

新たに武家流の茶をつくるように命令します。
それに呼応して、一新する織部。

小宇宙だった3畳に・・・窓を8個作り明るくし、相伴席をつくることで、身分に差をつけました。

いろいろなデザインの椀を作ります。
それは、町人の噂にまでなり、量産をしました。
それは全国に広まり、初の流行を生み出しました。
「織部焼」です。

昭和に入って再現された織部焼はこんな感じ。
織部焼 抹茶茶碗 手造り織部 【箱入り】 ギフト 内祝い 引出物 結婚祝い 美濃焼
織部焼 抹茶茶碗 手造り黒織部 【箱入り】 ギフト 内祝い 引出物 結婚祝い 美濃焼
蚊遣り 蚊とり線香入れ 陶器 織部豚 小 敷板付 ブタ 美濃焼 / 【美濃焼】四季彩-陶器ONLINE-
それは、戦国とは違う新しい時代を織部に造ってほしかったのかもしれません。
茶道としての秀吉のNo,2となりました。


そんな秀吉も亡くなり・・・
利休がそうであったように、家康は、織部を無視できない存在になっていました。
そこで、秀忠の茶道指南役とします。

関ヶ原では東軍についていた織部。徳川との関係は、上手くいっているかのように見えました。
しかし家康は、織部の美に対して恐怖を抱き始めます。

秩序に収まらない・・・とらわれない自由な発想。。。
それは、下剋上の精神を煽るのでは???

豊臣・徳川、どちらからも信望のある織部。。。彼は、もろ刃の剣でした。

家康は、方広寺の「君臣豊楽」「国家安康」に目をつけました。
いちゃもんをつけ、それを書いた清韓禅師は蟄居となりました。

その清韓禅師を、織部は茶会に呼びます。
そこに、かつての利休を見てしまった家康・・・

家康に切腹の名を受けた織部は・・・

1615年 自害 享年72歳でした。

死後徳川家は、古田の存在を抹殺しようとしました。
20年で織部焼は失われてしまったのです。

織部の何を怖れたのでしょう。
「織部好み」は、家康の理解を越えていました。
解らないからこそ怖い!!

これから築こうとする泰平に対して、反逆しかねないと思ったのかもしれません。

そして、織部は、師である利休同様、死ぬことによって、自分の茶道を守ろうとしたのでした。

家康から、この織部の後を命じられた弟子の小堀遠州は、3代将軍家光に仕え、天下泰平の世に相応しい、「綺麗さび」の手法に一新しました。茶の湯だけではなく、庭など・・・総合芸術家となりました。

織部焼 (NHK美の壺) [単行本] / NHK「美の壺」制作班 (編集); 日本放送出版協会 (刊)
織部焼 (NHK美の壺) [単行本] / NHK「美の壺」制作班 (編集); 日本放送出版協会...
【送料無料】【新品/Blu-ray Disc】へうげもの Blu-ray Box 1
【送料無料】【新品/Blu-ray Disc】へうげもの Blu-ray Box 1


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 20:25| Comment(0) | THE ナンバー2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江〜姫たちの戦国〜

日曜には、娘のエレクトーンの発表会でした。

親としては、ハラハラドキドキものでしたが・・・。

そこで、いろんな曲の中で〜江〜のオープニングテーマをひいた女の子がいました。

NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 Blu-ray BOX 第壱集 / 上野樹里, 宮沢りえ, 水川あさみ (出演)
NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 Blu-ray BOX 第壱集 / 上野樹里, 宮...
NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第弐集 / 上野樹里 (出演)
NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第弐集 / 上野樹里 (出演)

エレクトーンの調子が悪かったのか、一回詰まって引き直しをしていました。

他人の子だからでしょうね。
”頑張れ!!”と思う気持ちで涙があふれてきました。

自分の子だとそうはいきません。
なんせ、ひけるかどうかドキドキでそんな、涙も出ませんexclamation&question

そして、その音楽とともに、去年の〜江〜が蘇えってきました。

なんだかんだと批評しながら観た作品でしたが、音楽のきれいさ・・・毎週聞いていたはずなのに、解っていなかったのですね。

やっぱり耳で聞くだけ!!それが、耳を繊細にさせてくれたのでしょうか!?
とっても良い音楽だったと、今更ながら思いました。

とりあえず、皆様お疲れさまでした。揺れるハート



にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ
ラベル:
posted by ちゃーちゃん at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第24回 「清盛の大一番」

第24回 「清盛の大一番」

1156(保元元)年7月、讃岐へ流罪となった崇徳上皇はひっそりと京を離れていきます。その姿をかつて崇徳上皇と親交のあった最近どこにでも出てくる西行が見送っています。



保元の乱の敗者たちが一掃され、後白河天皇のもとで実権を握る信西の政治改革が始まりました。

う〜ん、、、この人の独り勝ちのようです。
最近のお公家さんたちは、近年まれにみる悪どさを感じさせてくれます。


信西は手始めに内裏の修復に着手し、1157(保元2)年にはみごとに完成。満足げに内裏を見つめる後白河天皇に信西は、平清盛ほか平氏一門がいかに貢献したかを語りました。

ここで、清盛と組んでいることを視聴者に強調して・・・
後白河の気持ちを逆なでております・・・あせあせ(飛び散る汗)


恩賞として平氏一門の官位はそれぞれあがることになりましたが、清盛の公卿昇進は見送られ・・・
代わりに長男・重盛が従五位上にのぼることになりました。満足げな清盛をよそに浮かない顔の重盛は、弟の基盛に本音を話します。大叔父・忠正を斬れと命じた信西につき従う父・清盛が理解できなかったのです。

やはり、「いいひと」に書いてくれています。
でも、重盛、あなたはこれから先、もっともっと苦しむことになるので・・・。
そこは気をしっかりと持ってね。揺れるハート

次に信西は、新しい内裏で相撲節会(すまいのせちえ)などさまざまな宮中行事の復興を計画し、その資金を得るために全国からあまねく税を取り立てることを徹底させます。そして清盛には、かねてより租税の集まりが悪い鎮西(九州)に行き、大宰府から相応の税を取り立てよと命じます。

清盛は、見返りに大宰府を取り仕切る大宰大弐(だいに)の官職を要求し、さらに私利私欲のために平氏を使うつもりならば容赦しないというと信西は、この先自分の言葉がうそだったときには、首をはねても良いと覚悟を語りました。

公家にしては、肝が据わっていますが、本当でしょうか???


そのころ、後白河天皇とその皇子・守仁は、玉座をめぐって対立。守仁の養母・美福門院が譲位を迫っていますが、後白河天皇は応じません。
本当に、美福門院は権力に固執していますね。。。
近衛帝の時に、鳥羽上皇の前で反省し、改心したんじゃないんでしょうか???
それって、男はいさぎ良いけど、女は悪いってこと???

でも、女は子供を育てないといけないですから・・・
やはり歴史上、いさぎよく散った女性はなかなかいませんからね・・・。
仕方ないのでしょう。るんるん

清盛邸をたずねていた藤原成親は、本来政治に興味のない後白河天皇の真意をとらえかねていましたが、清盛は後白河天皇が美福門院の心をもてあそんでいるのだと推測します。
怪物には怪物のことがよく理解できるようです。

そして清盛は鎮西に向かい、大宰府を手に入れると大胆な宣言をして去っていきます。清盛の妻・時子は、戦によって肝のすわった清盛ならば本当に手に入れるだろうと成親に告げます。やっと、女房になってきました。

一方、清盛と同じく戦の始末で肉親を斬った源義朝でしたが、左馬頭という低い官職にとどまったままでっす。
おまけに、「父殺し」のイケナイうわさまでたてられて・・・嘲笑されて、最悪です。。。

恩賞をもらうべく信西を訪ねる義朝でしたが、信西に会うことすらできず、藤原師光に冷たくあしらわれてしまいました。

ああ、可哀想です。義朝!!
公家にとっては、源氏はその程度なのです。。。
っていうか、平氏はすでに清盛のおじいちゃんが頑張って、頑張って、貢いで貢いで頑張っています。

東京に遷都するまで、ヤマト政権ならばやはり、平氏の方が雅でしょう。。。

やっぱり、ここまでされるからこそ、次の回に繋がるのです。黒ハート

代わって・・・鎮西にわたった清盛は、大宰府で接待を受け、珍しい宋の茶をふるまわれます。
やがてあらわれた大宰府役人の長・原田種直に豊かな鎮西にしては京に届く租税が少なすぎることを問い詰めると、鎮西一帯の暴れ者たちを手なずけるためにそのお金を使うからだと言います。


なんだか清盛、ついたり引いたりの術が使えるようになってきたようです。

一旦、その場を去った清盛は元海賊の兎丸たちを引きつれ再度種直をたずね、彼らを使ってふらちな者をこらしめる手助けをしようと言っておどし、更に平氏一門と組みともに力をつけようと持ちかけ、私腹を肥やしていた種直を制圧しました。

こうして手にした米を清盛は相撲節会の資金にあてるため、信西に届けます。不服な兎丸に、これは自分と朝廷との相撲だと告げる。京に運び込まれる米を満足げに見る信西に、清盛は相撲節会の宴の膳も自分に用意させてくれと頼むのでした。

また、藤原成親は自分の妹・経子と重盛の縁談を申し込みます。
そう、やはり、平氏の権力は、もう、無視できない状況にまで来ています。
平氏の”お金”がないと、公卿さんたちは生活できなくなってきています。失恋


清盛はどこかためらいのある重盛に、
「今が一門にとってどういうときがわかっておろうな」
と言い放ちます。

その時、私も言いました。
「大人になったな。。。清盛!!」

そう、その言葉は清盛が亡き妻・明子を身分が低いながらも妻にしたいと父に申し出たときに、家臣・家貞から言われた言葉でした。家貞は感慨深く、その記憶を盛国に告げると、盛国はその時より一門の背負っているものがはるかに重くなったからだと告げます。そんな盛国を家貞は頼もしく思うのでした。
一方源氏では、義朝の妻・由良の働きかけで頼朝が後白河天皇の姉・統子内親王に仕えることになりました。

しかし、その祝いの席で由良が突然病に倒れてしまいます。
いくら強気な賢い妻も、この状況では心労がかさんだのでしょう。

義朝は相撲節会の準備に追われる信西をたずね、またまた清盛と同等の国を願いでますが、信西は取り合いません。

ああ、なんだか、義朝が”いとあはれ”です・・・。
でも、これが次の回に・・・って、もういい??


後白河天皇が見守る中で相撲節会が開かれ、白熱した取り組みが行われます。

その同じ日、平氏一門は重盛と経子の婚礼の宴を行っていました。盛り上がる一門をよそに、思いつめていた表情の重盛はいきなり婚礼の中止を申し出ます。経子に不服はないが、叔父を斬ることを命じた信西と組むような父の跡を継ぐ覚悟ができていないからだと訴えるのです。
けなげな重盛です。揺れるハート
なんだか、重盛も、結構史実に忠実に書いてくれているような気がしますね。黒ハート
嬉しいです。

清盛は一向に動じず、重盛のたわごとを聞いている暇はないと重盛を庭に投げ飛ばしました。そして経子にわびた後にそのまま宴を続けさせました。
内外に対して、大きさを見せるようになってきましたね。黒ハート


ぼう然とするのは、平家の良心・重盛さんです。


一方、相撲節会での後白河天皇は取り組みよりも、そこで供された美しい宋の器や茶に心をひかれていました。信西は膳を用意したのが清盛であること、相撲節会のために鎮西から財を届け、その際に見つけた茶を余興として膳にしたことを説明します。

後白河さんは、とっても美味しいお茶だったようです。
”おもしろきこと”を発見したようです。揺れるハート

それを聞いた後白河天皇は清盛を大宰大弐(大宰府の長官)にすると決めました。
何か、含んでいそうなスマイルです。黒ハート


翌日、清盛邸をたずねた信西は清盛にそのことをつげ、手も触れずに勝った清盛の相撲をほめあげました。そして、後白河天皇は美福門院と守仁親王を内裏に呼び、玉座にいてはあいつと遊べない、と言ってあっさりと譲位を切りだしたのです。

大宰大弐となった清盛は、内裏で義朝と出会いました。義朝の歯ぎしりが聞こえてきそうです。あせあせ(飛び散る汗)

信西によって不遇を味わう義朝は、用がすめばお前も信西に捨てられると清盛に言い放ちますが・・・


清盛はそれでも今は他に道はないと言い返しました。
のし上がる気満々の清盛が、そこにはいました。


清盛と義朝、ふたりの運命が大きく変わろうとしてきていました。


2人のコントラストも、とってもよく出ています。黒ハート
今回は、保元の乱後の二人の立場の違いをかっちりと見せてくれていますね。
そして、これが、平治の乱の原因の一端となることも・・・。

次回もとっても楽しみにしています。黒ハート

NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック / 吉松隆 (作曲); 舘野泉 (演奏); 藤岡幸夫, 井上道義 (指揮); NHK交響楽団, 東京フィルハーモニー交響楽団 (演奏) (CD - 2012)
NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック / 吉松隆 (作曲); 舘野泉 (演奏); 藤岡幸...


久しぶりにNHKのHPを見ると、忠正叔父さんと、為義お父さんの特集が載っていました。面白かったですよ。

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

平清盛の闘い  幻の中世国家 (角川ソフィア文庫) [文庫] / 元木 泰雄 (著); 角川学芸出版 (刊)
平清盛の闘い 幻の中世国家 (角川ソフィア文庫) [文庫] / 元木 泰雄 (著); 角川学...
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 12:58| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。