2012年05月21日

水島の合戦、キーポイントは日食。

「天 俄に曇りて 日の光も見えず、
 闇の夜の如くに成りたれば、
 源氏の軍兵共、日蝕とは知らず、
 いとど東西を失い・・・」

軍記物語「源平盛衰記」。。。

源平盛衰記 全3巻 [単行本] / 三田村信行 (著); ポプラ社 (刊)
源平盛衰記 全3巻 [単行本] / 三田村信行 (著); ポプラ社 (刊)


1183年11月17日、源氏によって都を追われた平氏・・・。
しかし、「水島の合戦」で、源義仲軍を破り、一時的に盛り返します。

その勝利のきっかけは、日食でした。

清盛は、神がかっていたのでしょうか?
瀬戸の音戸の「日招き伝説」もあるほどですが・・・。

それは、当時の最先端の科学技術、「暦」を手にしていたあからなのかもしれませんね。

水島の合戦では、突然の異変に驚く源氏に対して、日食を事前に知っていた平氏。

当時の朝廷は、中国から伝わった「宣明歴」を使って毎年1回、日食や月食を予想した「具注歴」を作成していました。

平氏は、朝廷の中枢を占めていたので、知識があったようです。

都育ちの平家と、東国で力を蓄えた源氏では、情報にかなりの差があったということです。


みなさんは、金環日食見ることが出来ましたか?

太陽が隠れだすと、なんとなく暗くなって、寒くなって・・・

天照大神の天岩戸伝説と、卑弥呼の日食による権威の失墜とか・・・、この二人に日食が関係しているから二人は同一人物だとか・・・

外国でも、ファラオは太陽神ラーの息子、ルイ14世は太陽王、太陽が権力の象徴となるのがわかりますね。

太陽の恵みの下に、生活できているということを、改めて感じました。黒ハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 14:18| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。