2012年05月02日

第17回「平氏の棟梁」

第17回 「平氏の棟梁」

平忠盛がこの世を去り、とっても心配な大河ドラマ。。。
清盛が正式に平氏の棟梁となりました。館に一族郎党が集まり、清盛は「亡き父上の固き志を継ぎ、武士の世を目指す!」と宣言すしたまでは良かったものの・・・。

棟梁の妻となった時子は宴でふるまう膳の数を誤り、琵琶の演奏を頼まれても断るなど、清盛の機嫌を損ねることばかりを起こします。

この夫にしてこの妻あり。ってとこでしょうか?


そんなどたばたな中・・・。藤原家成が訪ね、自身の別邸で催す歌会で清盛に一首詠んでほしいと依頼します。歌が苦手な清盛は信西を頼るが、あっけなく断られ。。。そのうえ、歌会でのふるまいが平氏一門の未来を左右すると言われ、清盛は重責を感じてしまいます。

これって、何か企んでおられるの?家成?
平氏を落とすために・・・?

そんな清盛の前に現れた源義朝は、拍子抜けするほどさわやかに棟梁就任を祝い、側室となった常盤を紹介。驚く清盛に常盤が自分の心の支えだと言います。
なんだか、義朝、二重人格なのでしょうか?それとも常盤にデレデレ?

一方、義朝の正室・由良はさびしげに一人で過ごす日々が続き、鬼武者はそんな母を見て心を痛めていた。

そのころ、源氏の棟梁・為義は、義朝の異母弟・義賢に源氏に代々伝わる太刀・友切を授け、東国に行き、義朝に対抗できる力をつけろと命じます。

なんだか、源氏にも不穏な動きが・・・。


朝廷にも暗雲がひろがっています。近衛帝の体が思わしくなく、しかもお世継ぎもいない。。。

これは、まずい!!

帝の健康を気遣う崇徳上皇にむかい雅仁親王は、帝が亡くなれば崇徳の子・重仁が帝となり、崇徳が政治に復帰できるのでは、とその心を見透かしたように言います。


まだ悩んでいるの?清盛!!良い歌が出来ません。で、子供たちに八つ当たり!!

三男・清三郎が書の稽古を怠けていると知り、時子のしつけを叱りつけます。

「膳の数は間違える、琵琶は弾けぬ、挙句、清三郎をかように情けなき者に育ておって!明子ならば、もっと然とした棟梁の妻になっておったぞ!!」

それは言ってはあかんやろ!!
的なことを言ってしまいました。。。たらーっ(汗)

時子を深く傷つけてしまう清盛。

そんな清盛に義弟・時忠は、時子が琵琶を弾かなくなったのは、結婚する前に清盛が「耳に残る明子の琵琶の音色をかき消されたくない」と言ったことを時子が覚えているからだと告げました。
今日は普通に良いこと言ってますよ。この人。。。

その言葉は清盛の心に深くつきささるのでした。

歌会の当日、家成の別邸には鳥羽院、得子、崇徳院、雅仁親王、摂関家や、信西らが集まった。それぞれの思いが渦巻く政治の場の様相をおびて歌会は進み、やがて清盛の歌が詠まれる番になりました。

一体どんな歌なのでしょうか?

その歌を見て、進行役の藤原成親が詠むのをためらうと、清盛自ら大声で詠みあげました。

「重盛に 基盛それに 清三郎 清四郎みな われらの子なり」

あきれる人たちに向かい清盛は、自分が家族や家人たちをなにより大事に思っていること、歌会よりケンカした妻に一刻も早く謝りたいという思いを述べました。
堂々とした清盛の態度は歌会の客たちにさまざまな波紋を広げました。

「お前らみたいにケンカしてないで!!」みたいな感じでしょうか?

得子は清盛を「もろ刃の刃のごとき男」と評し、鳥羽院は「われらにもっとも足りぬものを持っている」と評します。その危ういところが良いのかしら???

清盛が帰宅すると、時子は重盛らに請われて琵琶を弾いていました。
そして重盛や基盛は時子が大事な母であり、傷つけることは父でも許さないと訴えます。

ほんと、清盛の子とは思えないというか、流石、盛国、賢く育ててくれました。黒ハート


一方、義朝は源氏の長の証である名刀・友切が弟に与えられたと知り、為義に詰めよります。

「友近友切を義賢に授けたとはいかに!!
 源氏の跡継ぎは私ではなく義賢だと仰せか!!」

と、ダメダメ為義、
「義朝・・・誇らしき我が子よ。お前は強うなりすぎた。。。
 己が父の誇りを踏みにじって、何の痛みも覚えぬほどにな!
 かようなものに、源氏を背負わせるわけにはいかぬ!!」

え〜!!そうなの?!

「それが、父上のお考えにござりまするれば…私も私の道を貫くのみ!!」

この親子もたもとを分かつことになってしまいました。

源氏も平氏も、世の大きな流れに巻き込まれて行きます。


で、今回は、ながら見になってしまったのは面白くなかったから?!
っていうか、視聴率が悪い悪いと・・・でも、それでもバリバリの大河路線を突っ走ってきたのではないの?

なんでここにきてホームドラマなのだ!!

忠盛が死んでひと段落。もっと時代背景を盛り込んでほしかったなあというのが私の感想です。

清盛は、本当に家族思いでというか、人情深く、だからこそ常盤御前を許したり、男子であった頼朝や義経を殺さなかったので。。。確かにそんな人なんですが、もっと政治的な部分が見たかったです。失恋

来週からは、相変わらずな清盛を見たいと思います。
でも、「画像がきれいになる」って新聞報道されるほど今まで駄目でしたか?
なんだか可哀想です。。。

まあ、時代考証がよく解らないし、悪の権化のように思われていた平清盛。人気がなかったかもしれませんが、源頼朝に比べれば、人間的で面白いと思うのですが。。。

やはり、勝てば官軍で、鎌倉政権に悪の権化にされたんだろうなあ。。。と、思うと、ほんと、可哀想になってきました。

私は今までの清盛を応援しますよ。黒ハート

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 12:03| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第16回「さらば父上」

第16回 「さらば父上」

ついに来てしまいました。
さらば父上です。低視聴率だというのに、父上までいなくなってしまったらどうなるのでしょうか?

源氏の棟梁・為義は摂政・藤原忠通邸を襲撃し、藤原氏の長者の証である家宝・朱器台盤を奪います。
「朱器台盤」って、「三種の神器」みたいなものかしら・・・。
日本人は、「錦の御旗」といい、こういうものに弱いですね・・・。

為義に命じたのは、忠通の父・藤原忠実。
次男の左大臣・頼長を氏の長者にするためでした。
やっぱり「悪よのう〜!!」の方が様になるものね。。。

そんな藤原摂関家の言いなりになっている父を義朝は、盗賊と同じ行為だと非難します。
まあ、武士=山賊みたいなものですよ・・。それに、きれいごとばっかり言っている義朝さんですが、そんなのではのし上がれませんよexclamation×2


1151年、高野山再建を成し遂げた清盛には安芸守の任が授けられ、忠盛も念願の公卿まであと一歩となりました。生きてたら、なれていたのかしら。。。でも、公家は汚いからなあ・・・。

御所で忠盛と会った為義は、かつての約束どおり源氏と平氏のどちらが強いかを決めるまで地をはってでも生き残ると宣言します。なんだか急に為義がダメダメから脱却しようとしていますね。exclamation&question

安芸守に任じられた清盛は安芸へ渡り、国府の官人や嚴島神社の社司・佐伯景弘から歓待を受け、海の幸も、山の幸も豊かなこの地が大好きになります。

一方、忠盛は突然、体調を崩し寝込んでしまいます。
おまけに亡くなる前になると昔のことを思い出すのでしょうか?

家貞に、
「家貞、近頃しきりに思い出すのじゃ…舞子に言われたことを。。。
 夢中で生きていればいつかわかる。
 なんのために太刀を振るっているのか、なにゆえ武士が今の世に生きておるのか。
 わしは夢中で生きてきた。だが未だわからぬ・・・。」

ああ、もう死にそうです。
回想しています。。。




朝廷では、藤原摂関家の兄弟争いがさらに過激さを増していました。左大臣・頼長が内覧となり、大きな権力を持つようになりました。頼長の兄である摂政・忠通は美福門院得子に弟・頼長への対抗策を相談すると、得子は逆に頼長をもっとあおればいいと告げ、一計を案じます。

悪いですね!!こちらも。。。久々に悪キャラがたっています。黒ハート
でも、そこに政治的説明もちょっと欲しいような。。。あせあせ(飛び散る汗)
頑張って勉強しながら見てくれる人がどれだけいるのでしょうか?
っていうか、みんなそこまで勉強しないのかしら?あせあせ(飛び散る汗)

宮中でも藤原摂関家の内紛は、ピーチクパーチクうわさに。黒ハート


安芸の視察を終えて六波羅にもどった清盛は、出迎えた妻・時子から、忠盛の病気を聞き、ただちに忠盛の館へかけつけました。
忠盛はふだんと同じ様子で清盛を迎え、安心した清盛は安芸で感じた将来の展望を夢中になって語りはじめます。
「もう交代の時期かなあ・・・」忠盛はそんな清盛を頼もしく見ていました。

義朝の館には、由良に招かれた為義が訪れ、孫である鬼武者に弓を教えています。久しぶりに義朝とも親子らしい会話がかわされ、みなで夕餉を囲む。

これは、由良が仕えている鳥羽院の皇女・統子との会話で、摂関家の争いで夫・義朝と義父・為義がもめていることを話したら、統子は家をまとめるのが妻のつとめとアドバイスしたからです。


そこへ左大臣・頼長から
藤原家成を襲え
という命が届きます。

家成の家人が頼長邸の前で無礼を働いたというのです。
なんかこの時代、他でもこんな無礼がありましたよ。馬を下りなかったとか・・・礼儀だったのかなあ・・・

やめさせようとする義朝をはり飛ばして、為義は家成の襲撃に向かいます。

落胆した義朝はなぜに・・・常盤に会いに行きます。黒ハート
彼の女好きは有名ですからねえ。揺れるハート
でも、それって少年漫画のように、対照的なライバル化の結果なのかしら。
そう見ると、清盛は良い夫?

義朝が実は父・為義を恋しがっていることを常盤は見抜いていました。が、どうしてわかるの?そんなに親しくなったの?
慰める常盤を義朝は思わず抱きしめてしまいました。黒ハート

頼長の命令によって家成邸が襲われたことで、鳥羽院は烈火のごとくお怒りです。

得子を通じて、忠盛に仕返しとして頼長邸を襲えという密命がくだりました。
「ほんと、やるなら自分でやれよ!!」と、いう思いが公家たちに向けられますよね・・・。

命に従うべきか迷う忠盛に、清盛は・・・

「俺がこの剣を振り回すのは、・・・
 うまく言えぬが、院と摂関家の小競り合いに巻き込まれるためではない!
 こいつはそんなことをするために生まれてきたのではない!そんな気がするのじゃ!!」


急に、棟梁としての貫録が出てきたかしら?

そして、その頼もしさに触れたからか吹っ切れた忠盛は・・・

「武士の世・・・武士の世を作るためじゃ。
 院にお仕えするのではなく、武士が頂に立つ世を!!
 それがため我らは太刀を振るって、それがため武士は今の世に生きておるのだ!!」

と、平家一門一致団結です!!

忠盛は自分の身に万一のことがあったときのためとして、平氏一門に遺言を伝えます。
そう、もう死ぬ段取りに入っています。あせあせ(飛び散る汗)

そして、清盛以下4人の息子たちに形見分けを行ったうえ、その席で、次期棟梁は清盛だと正式に発表します。

1153年正月、清盛は安芸へ。。。

見送りながらよろける忠盛。。。もう会えなさそうです。。。
宗子が支えると、忠盛はあらためて宗子に今までの感謝の気持ちを伝えました。


なんだか、夢を見ているような清盛さんです。
安芸の浜辺で休むところに突然、あらわれた忠盛と剣をかわす清盛。清盛の成長ぶりに感心した忠盛は、「強くなったな」と告げると、姿を消してしまいました。

1月15日、忠盛は世を去った。忠盛が清盛や武士に残した功績ははかりしれないものがありました。

というか、この大河ドラマの功績も、中井貴一さんに頼っていたっぽいですか?
来週からどんなふうになるのか不安というか、楽しみです。

新しいキャラクターもぼちぼちと登場していますが、この天皇を巡る権力争いに巻き込まれていってしまう平家と源氏ですが、これから戦争が沢山あって、結構重要なキャラも死んでいきます。。。

どうなるのか。。。これを埋めてくれるのはやはり・・・

  後白河?!

楽しみにしています。

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 11:26| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。