2012年03月15日

血塗られた携帯電話

久しぶりのBSドキュメンタリーです。るんるん

ドキッととしますね。「血塗られた携帯電話」という題に。。。

どんな内容なのでしょうか?
2010年にデンマークで製作されたものです。

携帯電話はに使われる鉱物・・・コンゴ共和国で採掘されたもの?
国連の報告書によると、携帯電話に使われる鉱物とコンゴ民主共和国の紛争には関係があるということ・・・。

携帯電話に使われる鉱物が、500万人もの命を奪った紛争の資金源になっているとのことです。
携帯電話には、本当にそんなものが使われているのでしょうか?
その事実を知りながら、どうして誰も対策を講じないのでしょうか。。。

その真相は・・・?

誰もみな取材に応じてくれない中・・・。
コンゴ民主共和国へ・・・。

コンゴは豊富な天然資源に恵まれているにもかかわらず、世界で最も貧しい国の一つです。
コンゴ東部では、武装組織間の紛争で、この15年で500万人以上が死亡したと言われています。

コンゴ鉱山省の高官によると、コンゴで採掘されたスズ石・コルタンどちらも電子機器に使われています。
鉱山省の職員が、外国に採掘権を売ったり・・・と、公務員が民間企業でも働いて儲けています。
そこには、公的利益と私的利益が存在します。
しかし、違法行為にはなりません。
おまけに、国内でも賄賂が横行しているようです。

コンゴで空路を安全に移動するには、国連の平和維持部隊と一緒に行動するしかありません。
目指すは、ゴマという都市。。。

北キブ州・ゴマは、国連の維持部隊が世界で最も多くいる都市です。彼らの任務は、民間人を武装組織から守ることですが、兵士たちが町や幹線道路から離れることはありません。

そこには天然資源の採掘場があり、鉱物の採掘と運搬に従事する人が沢山います。
しかし、その鉱物が資金源になっているかどうかについてはみな口を閉ざしています。

鉱物と武装組織の関係情報を得るためにゴマ市内の白人が集まるバーに・・・
「あれこれ詮索するのは危険だ」ということでした。
この辺りは、FDLR・マイマイ・インテラハムウェイなどの武装組織の巣窟になっているのは明らかです。もともとは、政治的理由で戦っていましたが、今ではお金を巡る争いとなっています。
政府軍までもが、鉱物の売買にどっぷりと浸かっているのです。


もっとも規模の大きいのがワリカレ・ビシーの鉱山です。そこには、血なまぐさい紛争の歴史が刻まれています。
このビシーで虐殺が起きたという情報が・・・。

マイマイの集団が、略奪をしたのです。
元々採掘はFDLRが牛耳っていましたが、コンゴの実業家が買い付けにやってきてゴマに持ち帰るようになりました。そして、ウガンダ経由でヨーロッパに輸送されるのです。電話やコンピューターに使うために・・・。

そうやって稼いだお金で、銃を買うのです。
戦争を続けるために・・・。

ワリカレではFDLRが、激しい襲撃を繰り返していて、民間人に容赦ないということで、国連では立ち入り禁止区域となってしまいました。
あとは、軍についていくことですが、軍も利益を貰っているので許可が下りません。

しばらくしてようやく許可が下りたので、ワリカレ地区に・・・。
そこにはビシー鉱山で働いていた少年がいました。
その少年と一緒に鉱山へ。。。

鉱山では毎日、600人の運搬人が徒歩でそれぞれ50キロの鉱物を運び出しています。
その報酬は6ドル・・・。世界市場では精錬されたこの鉱物の売値は、50キロが1300ドルです。

元々は軍が管理しているこの鉱山、今では完全に単独行動をとっています。
武装組織は、地元住民に過酷な労働をさせて、税金を取る。そうやって稼いでいます。
住民たちは、いつ山全体が崩れてもおかしくないような状況の中、働かされています。
落盤事故も毎年のように起こっています。

5年前までは無人のジャングルでしたが、今では2万人が働いています。
人々は、一獲千金を狙って遠方からもやってきますが、武装組織に税金をとられ、生活が苦しくここから抜け出せなくなってしまいます。
このような鉱山が無数にあります。

携帯会社によると、このような鉱山の鉱物を使っているのかどうか・・・その産出国は知らない、追跡は不可能ということです。

ドイツにある研究所で調べてみると、鉱物の出どころを正確に知らべることは可能だということでした。

コンゴ産の鉱物は、多くの国で使われています。

が、サプライチェーンを公表する解決法は見つからないということです。
それは、会社が最大の利益を上げるため?

紛争の資金源になっていないと保証できる携帯電話は世の中に一台もない・・・ということなのです。


アメリカでは、鉱物の供給元の開示を企業に求める法律が制定されようとしています。
企業の情報開示だけではなく、企業がもっとできる解決策がまだまだある。
合法的な供給源からの鉱物を使わなければならないのです。
紛争や虐待に目をつむったまま文化の上に立つことは許されないのでは?

2010年7月アメリカ連邦議会は、国内販売製品に含まれる鉱物の供給元の開示を義務付ける法案を可決。

ノキアはこれを、世界的に実行すると約束。

しかし、電子製品への”紛争鉱物”の使用を禁止する法律はない。。。

”紛争鉱物”不使用という保証書付きの携帯電話は販売されていないのです。


いやー、びっくりしました。

私は先日パソコンを買い替えました。。。今、携帯やパソコンのない世界は考えられませんが・・・。
大切に使おうと思いました。

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
ラベル:携帯電話
posted by ちゃーちゃん at 13:13| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9時〜5時まで勤務です。

たまとたま電車 [DVD]
たまとたま電車 [DVD]
DVC00557.JPG

土曜日に、和歌山電鐵貴志川線貴志駅に行ってきました。

時間は5時前。。。

県外からの車もたくさん来てくれていました。

DVC00558.JPG

入り口ではたまの看板がお出迎え。揺れるハート

DSC_0583.jpg
併設されているたまカフェの椅子の背もたれには「たま」と「鈴」が付いています。

で、どうして5時前が良いのか?
それは、たま駅長が本日の勤務終了時間だからです。
DSC_0588.jpg
DSC_0587.jpg

「お疲れ様です。たま駅長!!こっち向いて!!」揺れるハート失恋
「たまは子供の方が好きニャン揺れるハート

新しい駅になってから、たまに触れることが出来なくなりました。
そう、この5時が触れるチャンスなのです。黒ハート

駅長たま 〜三毛猫たま、電車になる〜 (たまの駅長だより) [大型本] / 坂田 智昭 (写真); ホーム社 (刊)
駅長たま 〜三毛猫たま、電車になる〜 (たまの駅長だより) [大型本] / 坂田 智昭 (写真...
「みんな来てくれて、ありがとうニャン揺れるハート


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 08:32| Comment(0) | 和歌山探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

池上彰 世界を行く2011

池上彰 世界を行く2011 〜アメリカ・シェールガス大国の現場〜
【送料無料】 ニュース年鑑 2011 / 池上彰 イケガミアキラ 【単行本】
【送料無料】 ニュース年鑑 2011 / 池上彰 イケガミアキラ 【単行本】
一面の草原地帯に大きな機械が・・・。
そこは、新しい天然ガスを取り出すための井戸を掘っている場所です。
革命を起こした天然ガスの採掘現場です。
従来の天然ガスとは違う新しいシェールガスを地下から掘り出すための井戸を掘っているのです。

シェールガスと従来の天然ガスの違いは?

従来のガスは、地上から穴を掘れば必然的に出てくるものです。
シェールガスは、シェール層の中に薄く閉じ込められているガスの事です。
シェール層とは?
シェールとは、頁岩の事です。ミルフィーユ状のところに薄くたまっているのです。

今までは、ガスがあることは解っていましたが、取り出すことが出来ませんでした。
ところが、最近取り出す技術が開発されました。

この新しい技術とは・・・
一旦穴を掘って、シェール層までたどり着いたら、
シェール層に沿って掘る技術と水圧でひび割れを作る技術を使って採掘するのです。

アメリカのREX社が運営しています。


垂直に掘ること2.5キロメートル。その後、シェール層に沿って1.5キロメートル。パイプをどんどん繋いでいきます。
一つの井戸を掘るのに使用するパイプは約450本。
ドリルの先にはダイヤモンドがついています。

これには、日本で最初にシェールガス開発に着手した住友商事も出資しています。
シェールガスの魅力は・・・。
従来の天然ガスは、あると思って掘っても実は無かったり、少ししか出なかったり・・・ということが多々あります。大変ハイリスクな事業と言われています。

しかしシェールガスは、地層に広くガスが分散しているので、どこを掘っても空井戸がないというところが投資をしやすく魅力的なのです。

おまけに、シェールガスの埋蔵量が大変大きなものだと分かってきました。
このガスをLNGとして日本に輸出する可能性も十分に出てきました。
アメリカ政府の許可が出つつあるという状況です。

では、シェールガスはどのくらいあるのでしょうか?
ペンシルバニア州・ニューヨーク州・オハイオ州・ウエストバージニア州・・・日本の本州と同じくらいの埋蔵量があります。
その他にも、埋蔵が確認されている場所が沢山あります。アメリカは、シェールガス大国なのです。

今世界では、エネルギー革命が起きつつあります。

池上彰の現代史講義・第一集 DVD全9巻<分割払い>【smtb-S】
池上彰の現代史講義・第一集 DVD全9巻<分割払い>【smtb-S】
↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 18:15| Comment(0) | 池上彰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。